小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

感謝と慈しみの感情には微笑みが返ってくる。自分を満足させたい感情には反発が返ってくる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

感謝と慈しみの感情には微笑みが返ってくる。自分を満足させたい感情には反発が返ってくる。

■なぜ思いに応えてもらえないのか

誰だって、それが有形であれ無形であれ、自分にとって価値あるものを生み出してくれる人と関わりたいと思うもの。

kapipara

もちろん、無償で誰かに奉仕するという、高い志を持つことも重要ではあるけれど、やはり意味ないことはやりたくないし、意味ないこととは関わりたくない。


それが、単にその人を一方的に利するだけ、その人の承認欲求を満たすためだけ、そんなことのために動こうという気にはなかなかならない。お願いされても、へーそうですか。だから何?で話しは終了。

あんたの稼ぎが悪いから困ってるのよ。もうちょっとヤル気出して働いてよ!
お前もっと料理うまく作れよ。これじゃ食事する気にならんだろ!

みたいなこと言われてヤル気が湧いてくる人なんかいませんよ。むしろそのヤル気は、Yahoo知恵袋か大手小町で離婚相談するエネルギーに使われることになるだけで、改善に向かうことなんかまったくない。

だってそれ、あなたの都合の押し付けだから。あなたの思いを一方的にぶつけてるだけ。ぶつけて相手を黙らせて溜飲下げたいだけのこと。ぶつけて自分を満足させたいだけなんです。

相手だって、それに応える気になんかなりませんよ。だって自分にメリットないし。あったとしても、せいぜい相手が同じことを言わなくなる程度。そんな消極的なメリットだけだから。

応えてくれないレベルならまだマシなほう。そんな感情ムキ出しでの自己満足欲求をぶつけられれば、場合によっては相手だって感情的になる。挙句の果てにはそこで決裂して、Yahoo知恵袋や大手小町じゃなくて弁護士事務所へ行かれることになる。

<参考過去記事>
図解あり/想像力を使えば相手も自分も幸福になる。怠けて想像力を使わないから、傷つけるし傷つけられる。

家庭の問題に限らず、ビジネスや友人関係、恋愛関係、すべての人間関係で同じことが言えますな。

■相手の幸福を願う気持ちを言葉に乗せる

言うまでもないことですがね、相手の立場にたって考えることですよ。相手にとって価値ある言葉を投げかけることです。

もっとヤル気出して働け!料理をうまく作れ!ってそんなことは誰だってわかってるし、そうしたいと思ってる。それをわざわざ言われて気分がいい人などいないし、それでヤル気が沸くこともない。そもそも言ってる人の感情が自己満足だからしょうがない。

だから、『仕事の結果が良くなると、二人でこんな幸福やあんな楽しみを享受できるよね。』とか『一緒に料理の勉強すると楽しそうだね。』のように、相手にとって楽しいイメージが膨らむ言葉を言えばいい。

もちろんその人やそのときの状況や環境にもよるので、個別具体的な言い方はケースバイケースでしょうが基本は同じ。

自分が満足したいのではなく、あなたに満足してもらいたい。あなたの幸福を心から願ってる。そんな感謝と慈しみの感情を言葉に乗せてあげればいいだけのこと。

そもそも相手に感謝や慈しみの感情があれば、相手を否定するようなことを頭ごなしに言うようなことはしないもんですがね。そうなってしまうということは、相手の感情より自分の感情、相手の満足より自分の満足を優先してしまうから。

だったら相手に対して、自分の感情にのみ従った言葉を吐き出そうとするときに、数秒でもいいので冷静になって考えてみればいいんです。

その言葉は相手にとって価値あるものだろうか。相手が喜びや幸福をイメージできるものであろうか。と。

<参考過去記事>
自分がそうしてほしいと思うことを、まず自分が他人にそうしてあげると、すべてがうまくいく。

いずれにしても誰だって人とは嬉しい思いのできる関わり方をしたいもの。だったら自分も人にそうしてあげるところから、愛や信頼が生まれていくということでしょうね(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。