小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

手放す勇気が新たな出逢いや喜びをもたらす。失うことへの恐れよりも、前進できる幸福に目を向けよう。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

手放す勇気が新たな出逢いや喜びをもたらす。失うことへの恐れよりも、前進できる幸福に目を向けよう。

■手放せば手に入る

人それぞれのキャパシティには多少の違いはあるにせよ、持てる量には限りがあるし、できることにも限りがある。

tori

時間は有限。誰にでもいつか必ず死が訪れる。それまでに持てる量とできることには限りがある。


だから全部を抱え込もうとすれば、必然的に何も手に入らなくなる。

それは、誰かに嫌われるのを恐れていれば、何もできなくなるのと同じこと。その人から嫌われないことを大事にしていれば、やりたいことは諦めるしかない。

そのどちらが良くてどちらが悪いということじゃありません。そのどちらかを選択するか、僕たちを皆いつでも迫られているということ。だって抱え込める量は限られているんだから。

過去の良かった思い出だけに固執していれば、新しい発想も生み出せないし、新しい出逢いとも遠ざかる。まあ、それはそれでいいんです。そういう選択を望むなら。

もちろん人生常に二者択一ということばかりじゃない。時に玉虫色の折衷策というのもあるでしょう。それにしたって、その分かけるべきエネルギーを分散させるという選択をしているに過ぎない。

だからと言って、選択によって手放すことを悲観する必要なんかないでしょ。だって手放すということは、同時に何かを手に入れているわけだから。

<参考過去記事>
図解あり/得られる成果は差し出された代償に比例する。何も差し出さなければ何も得られない。

手放すものは、時間なのかお金なのか。それとも友人なのかはわからない。でもそれを手放す勇気を持てるから、新しい何かを手に入れられる。そしてその喜びを感じることができるということ。

ひきずってる思い出や、無価値な人間関係を手放すから、新しい人との出逢いが生まれる。だから刺激が生まれるし、だからさらに新しい発見が得られるというものでしょう。

つまりは手放す勇気を持てるからこそ、前に進むことができるというもんですわ。

■執着心は停滞を招く

ときには自分の意思とは無関係に、手放さざるをえなかった。不可抗力によってそうなってしまったということもあるかもしれない。

それが悲しい悔やまれる。そう思うこともあるでしょう。ならばその感情も手放すことですよ。忘れる必要はないし、忘れることなどできないかもしれない。それでもそこから立ち直ったときに得られることに目を向ける。

過去を教訓にできなくても、経験は未来に活きる。手放せば必ずそれと同等のものが手に入る。

手放すことは、大事なものを失うことではない。より大事なものを得るためのプロセスにしか過ぎませんよ。だからそこに不安や恐れを感じる必要はない。

無意味な執着心は停滞を招くだけ。イメージで比較してみればいいんです。今自分が執着していることに生み出されるものの価値と、それを手放すことによって生まれるものの価値。どちらが自分にとって高いと思うか。

その上で手放すべきでないことは、守り抜けばいいだけのこと。誰にでも譲れないものはある。死んでも守りたいものはある。

一方、あれ?これってこだわってることか?と思うことならさっさと手放せばいい。そして手放すことで得られる喜びに目を向けてみればいい。それだけでヤル気が自然とみなぎってくる。

だいたい、手放して本当に困ることなんて実のところそうそうないでしょ。自分の勝手な思い込みでそんな気がしているだけで。

<参考過去記事>
しがらみは自分がそうだと思っているだけ。断ってしまえば実はどうということはない。

冒頭でも言いましたがね。僕たちは皆、できること、やれることは限られている。その限られた中に、どうでもいいようなことがあるんであれば、さっさと手放してしまうことでしょう。

勇気を持って手放してしまえば、実はもっと楽しくて価値あること。さらなる幸福が手に入るってことでしょうな(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。