小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

明確な目標があれば、決断しなくていいこともある。無理して捨てなくても、必要なことは引き寄せられる。

人気記事一覧



LINEアカウント変更のお知らせ

小川健次LINEアカウントは、以下のLINE@アカウントへと移動いたします。
以下のロゴをタップして新しく開設したLINE@アカウントへご登録ください。(旧アカウントでのお問い合わせ受付、タイムラインの更新は順次止めていきます)

明確な目標があれば、決断しなくていいこともある。無理して捨てなくても、必要なことは引き寄せられる。

■決めなくていいこともある

あれこれ迷ってみたところで、時間の無駄になりそうなことはスパッと決めて、不要なものを投げ捨てる、これどんな場合でも基本ですよ。
小川健次Blog
ただ意味もなく迷ってみたところで得るものないし、執着して抱えていたところで、何のメリットもないことを、ずっと抱え込んでみたところで得るものなんかないんだもん。

いや、だからといって、とにかく、なんでもかんでも決めて断ってしまえばいい、捨ててしまえばいいかといえば、そりゃまた違いますよ。状況環境に応じて、今は決めないほうがいいこともある。今は捨てずに持っておいたほうがいいことだったあるんだもん。

そりゃまあスパっと決めてしまうことは、一見すると気持ちがいいこと。手放して捨ててしまえば、楽になりそうに見えるでしょう。でも、それはちょっと待て。単なるノリと勢いだけで決めたり、捨てたりしてしまえば、それはそれで後悔することだってあるんです。

ちょっと、この眉毛野郎が発行する小川健次メールマガジンがイラつくので、とっとと解除を決めて捨て去ってしまいたいんやけどー。
眉毛イケメン
そこで切ってすてるのはちょっと待て。小川健次メールマガジンがイラつくのも、まあ確かにわかる。が、そこで切って捨ててしまわないことで、ひょっとしていいことあるかもしれんでしょ。

時と場合、それこそ度合の問題ですけどね、何でもかんでも決めて断たなきゃいけないことはない。気って捨てなきゃいけないこもないでしょうよ。

そもそも、世の中そのものが、それほど解りやすいもんでもない。カンタンに足し算引き算で答えが出るもんでもないんです。ときに決めずに、曖昧にしておいたり、棚上げしてしまったほうがいいことだってありますよ。政治的配慮も含めて。

にも関わらず、とにかく話を単純化して、決めて断たなきゃいけない。手放して捨てなきゃいけない。そう杓子定規で考えるから、感じなくてもいいプレッシャーや、ストレスを感じる羽目になるんです。全部が全部、そうカンタンに白黒はっきりさせるものでもないでしょう。

もちろん、基本は決めて断つこと。執着は手放して捨ててしまうこと。決めない限りは同じ世界で堂々巡り。だからこそ決められるかどうかで、真価を問われることもある。

<参考過去記事>
やるかやらないか迷ったら、やる。決断に迷うのは、どちらでもいいということ。

とはいえ、ここまでの情報化社会になり、瞬時にさまざま情報に、誰でもが気軽にアクセスできる社会背景の中では、今すぐ決めなくても、もっと良い代替案が出ることもある。執着を切って捨てなくても、それを手に入れらる情報をキャッチできることだってありますよ。

だからと言って、ただ闇雲に、それらを待つだけなら、待つということを言い訳にしているだけの優柔不断。ただ、もっと良い方法があると確信できている、今決めないほうが、得することがある。と自信を持てるなら、別に今すぐ切って擦れることもないでしょう。

■決めることと決めないことの基準

すべてを白黒はっきりさせられれば、そりゃもっと世の中単純なものでしょう。でも現実には、そうそう白黒はっきりつかないことはある。正義の反対は悪ではなく、違う正義なんだから。

人間社会としては、単純に白黒はっきりさせられない問題も、その都度、許容・妥協し合えるポイントをみつけて、ある程度なんとなくでも落としどころを見つけらるように、運用されているんです。すべて白黒はっきりさせるとなると、逆にそれは生きづらいことになるのだから。

そういう意味では、人間社会というヤツは常に矛盾に満ちている。決めることは必要だけど、決めないほうがいいことだってあるんです。

彼が、仕事と私のどっちが大事か決めてって言っても、答えてくれないんですー。
眉毛イケメン
そんなモン決められるワケねーじゃん。どっちも大事だし、どっちも守りたいだけしょ。
ちょっとそこの眉毛! あんたカレーにソースは許せないって言ったわよね。なんでカレーにソースかけてんのよ!
眉毛イケメン
え? 別にやってみたっていいじゃん。前にそう言ったかもしれないが、それで未来永劫、カレーにソースがダメってことでもないでしょう。

決めなきゃいけないこともある。決めて断つことで、はじめて前進できることはあるんです。でもその一方で。決める必要もなければ、無理して白黒はっきりさせる必要もないことだってあるでしょう。

とにかく、なんでもかんでも決断。執着を捨ててしまえ。白黒はっきりさせなきゃダメ。なんてことになれば、むしろギスギスするだけですよ。別に捨てる必要もないものを、無理して捨てて、その割には何も得られなかったとボヤくハメになるだけのこと。

いや、もちろん、単に問題から目を背けて、失うことばかりを恐れて決めることから逃げるというのは、そりゃ論外。そうやって言い訳して逃げてるだけなら、とっと決めるべきですよ。決めて断つときは決めて断つ。逃げずに真正面から勝負する。これ基本。

んじゃ、決めるべきことと、白黒はっきりさせずに、曖昧にしておいたほうがいいこと。その選択の基準はどこにあるのか。

そりゃもう明確な目標ですよ。今決めたほうが、明確な目標に近づくのか遠ざかるのか。それだけのこと。決めることより、曖昧にしておいたほうが明確な目標に近づくなら、曖昧にしておけばいい。決めなくとも、どうでもいいことなら、そこで頭を悩ませず、決めずに放置しときゃいいんです。

そういう意味でも、明確な目標ってのは、あなたが思っている以上に重要で、明確な目標が設定できれば、そのあたりでウジウジと悩むこともなくなるんです。だから、僕の個別セッションを受けたほうがいい。これマジで。

<参考リンク>
なんでもかんでも決めて断てばいいってもんでもないんです。逆に曖昧にして、白黒はっきりせず、そこに矛盾があってところで、華麗にスルーしといたほうが、結果的にうまくいくことだって現実にはあるんです。

そこのバランスをどうやってとるか。どこを基準に判断するか。それはもう明確な目標次第ってことですわな(^。^)y-.。o○

確かにそう言われてみると、自分自身の判断の基準としても、明確な目標って重要なのはわかりました。でも、やりたいことがあるワケでもないし。どうやったら明確な目標って設定できるんですか?
ちなみに、それ受講すると、その眉毛に触ることはできるのでしょうか。
ぶっ飛ばすぞ
ダメに決まってるだろーがよ! 何しに来んだよ!

■日常の思考と行動の基準となる、明確な目標を設定するには
↓ ↓
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。
予約購入割引実施中!
小川健次セミナー
【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方
↑期間限定キャンペーン↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。