小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しいのは将来に楽しくなるための準備をしているから。泣きたいのはいずれ笑うときのためのネタを仕込んでいるから。





早期申込割引実施中
小川健次グループセッション
↑↑大阪1月 東京2月↑↑


小川健次による個別セッション
小川健次
↑ 面会もしくは通話で可能 ↑

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

苦しいのは将来に楽しくなるための準備をしているから。泣きたいのはいずれ笑うときのためのネタを仕込んでいるから。

■今は過去の結果であり、未来の原因でもある

力を尽くして前進しようとしているにも関わらず、思い通りに前進できないこともあれば、目的地を見失い、道に迷ってしまうことだってある。

小川健次Blog

好き好んでそうなっているわけじゃない。誰もそうなることを望んでいたわけじゃない。それでも生きてりゃ、そういうことの一度や二度は誰しも経験するもの。


だからといって、そこで諦めてしまえば話しは終わり。心がポキっと音を出して折れることを、受け容れてしまえばそれこそ前進はそこで止まってしまう。

そこで止まってしまうには少し早すぎでしょう。なぜなら、つらいのは、今までできなかったことをやろうとしているからですよ。最初から余裕でできることだったら辛くも苦しくもないんです。

ということは、その苦しさやしんどさを乗り越えれられれば成長できる。できなかったことができるようになるということ。新しい可能性が広がるんです。

そしてやがて、その苦しさを思い出しながら、あのときがあったから今の自分があるんだと。ワイン片手に葉巻をくわえ、ソファでふんぞり返りながら過去を楽しく振り返ることができる。

あのときは、あんなことで泣いていた。そんな自分を思い出しながら、モーニングシャンパンを片手に小鳥のさえずりに耳をすまして笑顔でいられることができる。

それが辛いことだろうがしんどいことだろうが、泣くほどのことであろうが、すべてのことに意味がある。すべては未来のための糧になる。

<参考過去記事>
しんどいことや苦しいことは、あなたのためのテストの一つ。本当にその道を進みたいか、本当に幸せになりたいかが試されている。

これまでだって、辛いことも苦しいことも、それこそ泣きたくなるようなことだってあったでしょう。でもその経験が今に活きてる。失敗だろうが困難だろうが、過去があって今がある。今は過去の結果なんです。

どんなにしんどくても苦しくても、乗り越えてこられた。乗り越えてこられたからこそ、今こうして余裕ぶっこいてマウスかスマフォ片手に、このブログを読むことができてるんでしょう。

だから今この瞬間のことはもちろんのこと、これから先にも、どんなにつらいことがあろうとも、どんなにしんどいことがあろうとも、泣きたいことがあろうとも、それは乗り越えられる。それは必ず未来の糧になる。

■すべてのことに意味がある

今苦しいのは、これから自分がさらに成長して楽しくなるための準備をしているから。今泣きたいのは、これから笑えるようになったときのネタを、こうして仕込んでいるからなんです。

必ず今に意味はある。その意味の内容は今この瞬間にはわからなくても、やがてわかるときがくる。あ、そういうことだったのね。そう思えるときがくる。それを信じる。

信じれば心は折れない。どんなに泣いても、どんなに凹んでも最後の最後で踏ん張れる。だって今までだって踏ん張ってこれたんだから。今もこの先も踏ん張れないわけなんてないじゃない。

もし心が折れそうになったとき、つらくてしんどいと思うとき、その状況は必ず意味があることを思い出すんです。必ずその後に喜べることがくる。必ず後で笑える話しになる。そのことを忘れなければ大丈夫。

それに苦しいときに苦しい理由ばっかり考えてても疲れますしね。夢なさすぎて暗くなりますわフツー。そんなの。

だったら、それを乗り越えたときにどんな喜びが待ち受けているか。そういう楽しいこと考えたってバチ当たりませんから。つらい、苦しい。そう言ってても状況には影響ありませんよ。むしろどんどん暗くなるだけ。明るいことを言ったほうが100倍マシ。

それが仮に気休めだったとしても、それで損することはないでしょ。未来のことなんかわからないんです。だったら明るい未来を信じるほうが精神衛生上もよっぽど健全ってものですよ。

とはいえ現実逃避をしてもしょうがない。苦しいことは苦しいし、泣きたいのは泣きたい。それはそれでいい。でもそこで終わりじゃなくて、その先に必ず喜びがある。今はそのための準備期間。そう信じればいいだけのこと。

<参考過去記事>
ありのままの事実を受け入れると、ひらめきやインスピレーションから答えが導き出せる。

そしてそれを、他人や状況のせいとして責任転嫁をしないことです。これはあいつのせいだ。自分が悪いんじゃない。運が悪い。周りが悪い。状況が悪い。それ言ってても自分じゃそれどうにもならない。モチベーションが下がるだけ。

それがどんなことであれ結果は自分の責任。そう思えるから、自力で解決しようという気になる。だから、しんどいことでも、苦しいことでも、経験するすべての出来事を自分にとって意味あることにできる。

すべてのことに意味がある。止まない雨はないし、陽はまた昇る。

下を向いてもいいし泣いてもいいんです。でもそれが必ず後になってから価値ある経験だったと思えるときがくる。それさえ信じていれば、いくらでも力は湧いてくるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【折れない心をつくるには】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年9月まで順次確定したので更新済みです。
https://ogawakenji.com/seminar

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。