小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛される人に共通すること。愛されたいなら〇〇すること。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第100回

美人経営者はモラハラ男製造機? その理由と改善方法

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛される人に共通すること。愛されたいなら〇〇すること。

愛されたいなら〇〇すること。

一人でいること。孤独でいることがいいときもある。こう見えて僕も一人でいるのは嫌いじゃない。いや、むしろ好きかも。同じように一人でいるのが嫌いじゃない人ってのは、それなりにいる。
小川健次Blog
とはいえ、いくら一人が好きでもずっと一人では生きていけない。好む好まざるとに関わらず、他者との愛し愛されという関係は必要になる。これ人間としての宿命みたいなもの。

人は他者の存在を認められるから、自分の存在を認識できるというもの。それこそ一人なら言葉も要らない、言葉を使わないから考えることもできない。ただ食って寝て排泄するだけ。ヒトではあっても人じゃない。

そして他者と愛し愛されという良好な関係を築き、異性間の交配によって遺伝子を次世代へと繋いでいく。つまり、人間は、生得的に他者との関係を求める。遺伝子に組み込まれた信号として、自分以外の誰かとの関わりを必要とする。

だからこそ、毎朝無料で配信している僕の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、誰かに愛されたい、愛したいと思うのは人間としての自然な感情。

逆に言えば、他者との関係を持つことが、僕たちにとっての本能に根差した欲求である以上、人は誰かに愛されたり、誰かを愛したりという、心つながりを感じられなくなると、なぜだか不安になる。

なぜなら、誰かに愛されたり、誰かを愛していないと、自分の存在価値がわからなくなる。それは、極端に自己承認欲求が強い人だけでなく、極端に孤独が好きな人だとしても、誰にでも共通すること。




だったら話しは簡単で、誰かを愛せばいい。誰かに愛されればいい。すると不安や心配もなくなる。自分の存在意義がわからなくて、暗闇の中で彷徨うような気分になることもなくなる

とはいえ、愛してほしい。愛せる人に出会いたい!って思ってるだけじゃ、誰にも愛されることも、愛せる人に出会うこともない。だって、誰もあなたの存在に気付かない。

みんな忙しい。あなたがそこで、ジッとうずくまって、ただ思いだけを悶々とさせているだけならば、皆その前を素通りするしかない。あなたから、支えられる人を探すために、動き出さない限りは、まるで気づいてもらえない。

<参考関連記事>
支えてくれる人より、支えられる人を見つけよう。本当の愛は、支える人が引き寄せる。

愛してほしい、愛されたいのに、愛してくれる人が現れない。愛せる人に出会えない。もし、あなたがそう感じることがあるならば、あなた自身の日常を振り返って考えてみることよ。

あなた自身が、あなた自身の存在を、人に知らせるアクションをしているかどうか。些細なことでもいい。笑顔での挨拶や、ささやかな気遣いの言葉。自分から起こす一つ一つのアクションを通じて、自分の存在を示すことをサボっていないか

愛される人に共通すること。

現実の日常を見渡してみれば、人は常にいろんな人と関わっている。家族や、職場の同僚、近所の人や、カフェやコンビニの店員など。それこそネット回線を通じれば、世界中とつながっている。あなたと僕も今こうしてつながっている。

その一人一人を数えてみれば、その数は膨大。もちろん、日常関わる人だけでなく、さまざまな活動を通じて出会いの数を増やせば、さらに数は増える。それだけの人と関わっていて、愛してくれる人も、愛せる人にも出会えないことはない。

とはいえ、そこに人がいたとしても、それだけだと愛し愛されどころか、普通の人間関係さえ生まれない。私は何もしないし、ジッと黙っているだけだけど、あなたは私のことを愛してね。私の愛せる人になってね。って求めても、華麗にスルーされるのがオチ。

あなたがずっと手元にボールを隠し持っていたって、誰も投げ返しようがないでしょ。ボールを持っていることさえ気づいてもらえない。なら一回投げてみなさいよ。丁寧に、相手が捕れるところに投げてみろって。




そうすりゃ相手もそれ受け取ってくれるし、投げ返してくれるんだから。

あなたが愛されたい、愛したい。そう思うように、あなたの身近な人たちだって同じこと。人は誰かの存在を感じたい。誰かに自分の存在を認めてもらいたい。誰だって愛されたいし、愛したい。

そして、人は愛してくれる人を愛したくなる。つまり、あなたが、愛を示せば、あの人もあなたに愛を示してくれるということ。ただボールを持っていても、それを投げない限り、投げ返されることはない。あなたの存在自体を知ってもらえない。

多くの人に愛される人をみてみれば、それは明らか。彼ら彼女らはジッと一人で待ってることなんてしない。自分から動いて、自分から気を遣い、自分から声をかけ、自分から人の力になっている。それが全部返ってきているから愛されている。

ご縁ってやつは、立ち止まっている人よりも、動いている人が好き。その上、自ら誰かを愛そうとする人のことは、もっと好き。だからね、愛されたい、愛したいならそのために必要なことをやれ。

<参考関連記事>
縁のある人との出会いは、あなたの居場所に訪れる。居場所を変えると、ご縁が変わる。

あなたには愛される魅力がある。愛せる人との出会いもある。でも、本当に愛されたい、愛せる人と出会いたいなら、あなたがやるべきことがある。スタートのスイッチは、常にあなたの心の中にある。

小さなことでもいいんです。身近な人や大切な人に対して、たるべきことをやればいい。ボールを投げてみればいい。するとそれはあなたに返ってくる。そしてお互いの心が満たされ、愛されて愛せる関係が生まれるってことですわな(^。^)y-.。o○

愛される人になるための、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。