小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

想いが今伝わらなくても、気持ちを今わかってもらえなくても大丈夫。必ず伝わるときがくる。必ずわかってくれる人がいる。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

想いが今伝わらなくても、気持ちを今わかってもらえなくても大丈夫。必ず伝わるときがくる。必ずわかってくれる人がいる。

■なぜ正しいことでも伝わらないのか。

誰であれ、その場そのときその状況の「気分」の支配から逃れることはできない。

小川健次Blog

そして「気分」が多数集合することによって醸成される、「空気」というやつは、ときに大きな意思決定にさえ影響を与えるものになる。


仮に論理的な正しさや、主張としての妥当性、大義名分を声高に叫んでみたところで、気分や空気によって支配された状況下で、それを理解してもらおうというのは無謀というより、無理というものでしょう。

だから、その場そのときその状況下で認めてもらえなかった、想いが届かなかったといって、落ち込む必要はどこにもない。

そのとき認めてもらえなかっただけ、そのとき想いが届かなかっただけ。時と場所と状況変われば、認めてもらえることだって、想いが届くことだっていくらでもあるんです。だからそこで心はまだ折るな。

人なんて気分であれこれ言うんです。周囲の人達は空気によって流されるんです。今がダメでもチャンスはまだまだいくらでもあるんです。

力を尽くして最高のプレゼンしてみても、契約に至らないことはあるでしょう。そりゃその場そのときその状況下の相手の都合。でも相手の都合が変われば、また話しは変わる。都合が変わる可能性はある。

愛する人への想いを言葉にしても、余裕でガン無視。華麗にスルーされることもあります。そりゃその場そのときその状況下での相手の都合。でも相手の都合が変われば、また話しは変わる。都合が変わる可能性はある。

とはいえ、どうせ受け容れてもらえないだろう。そんな適当な想いで来られたのなら、状況環境変わろうが、もう一度その人の話しを聞こうとなんて誰も思いませんよ。

本気で心からそれを伝えたい。その想いを届けたい。そんな思いで来られるから、今は受け容れることはできなくとも、今はその内容を理解できなくても、別の状況環境の際にまた話しを聞きたいし、その人に関わってみたいと思うもの。

今は伝わらないかもしれない。今は理解してもらえないかもしれない。でも伝えたい、わかって欲しい。その思い、その熱だけは残しておくことですよ。

もちろん各種条件等で、そもそもの内容が状況環境に関係なく、完全にダメということもある。でもそれはそれでいいじゃないですか。それがダメだということがわかったことなんだから。だったら違う提案すればいい。

いずれにしてもチャンネル合わないときは、チャンネル合わない。

<参考過去記事>
図解あり/心のチャンネルが合うときは信頼が生まれる。心のチャンネルが合わないときはストレスが生まれる。

今の時点で伝わらなくても、今の時点で理解してもらえなくても、そこであきらめる必要はないんです。それストレス感じることもなければ、ましてや泣くことなんか全然ない。

それがどんなに正しかろうが、それがどんなに相手のためになることであろうが、今この時点では伝わらないだけ、今この時点では理解してもらえないだけなんだから。状況環境変われば展望変わることはいくらでもある。

■想いを持ち続ければいずれ伝わる

だとしても、思いが伝わらない悔しさはあるでしょう。理解してもらえないもどかしさもあるかもしれない。

でもそれ、たまたまその場そのときその状況で、相手に伝わらなかっただけだから。伝えた内容を否定されたワケじゃない。ましてやあなた個人を否定されたわけでもない。今はそのタイミングじゃなかった。それだけなんです。

自分の想いを捨てないことです。決めたことをやりきって、伝えたい思いは持ち続ければいいじゃないですか。そしてそうしていられる自分を、まず自分が認めてあげる。自分で自分を評価してあげることでしょう。

もちろんどう考えたって風向き変わらない。上でも言ったようにそもそもダメ。そういうこともある。それはそれとしての割り切りも必要。スパッと切って捨てるバランス感覚も時に重要にはなる。

いつまでも未練たらたらもウザいだけ。過去に固執して未来を見ないのであれば本末転倒もいいところ。想いを捨てずにいるか、捨ててしまうか、そのどちらが未来の自分にとって有益か。そんな基準で考えればいい。

一時の感情や感傷に流されないことですよ。

他人は気分や空気に従って、あれこれ好き勝手なこと言うものです。聞いてくれたりくれなかったり、受け容れてくれたりくれなかったりするものです。そんな前提を忘れなければ、自然と肩の力も抜けるってもんです。

今はわかってもらえない。今は伝えることができない。別にいいじゃないですか。そりゃ今がそうなだけ。ときがくれば理解してもらえるときがくる。タイミングが変わって状況変われば伝えられるようになる。

それに、その想いを持ち続ければ、あなたの思いを理解してくれる、あなたの気持ちを受け容れてくれる人が現れるかもしれない。そういう人に出逢えるめぐり会えることもあるでしょう。

待てば海路の日和あり。すぐに心折れることなく、まずは待つこと。耐えること。それが本気で伝えたいこと、わかってほしいことなら、少しくらいしんどくても信念持って待てばいい。

<参考過去記事>
大ラッキーチャンスは、苦しくてしんどいときに訪れる。心折れずに自分を信じ続けた人だけが、そのチャンスを手にできる。

なんでわかってくれないの。そう思うこともあるでしょう。なんで伝わらないのだろう。そう悩むこともありますわ。でも気にしなくていい。今はタイミングが合わないだけ。相手の気分や空気がそれを受け容れられないだけのこと。

そこまで強い想いを持ち続けることができるから、仮に目の前のその人じゃなかったとしても、誰かが必ずそれをわかってくれる。その想いを汲んでくれるというもの。結果的に想いは実現できるんです。

ちょっと拒否られた、ちょっと理解してもらえなかった。そのくらいで凹まなくても落ち込まなくても大丈夫。必ずわかってもらえるときがくるし、必ずそれを受け容れてくれる人がいるんだから(^。^)y-.。o○

■来年3月まで予定を更新しました。「引き寄せの法則」などいろいろやります。
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。