小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

届かない思いを、届ける方法。伝わらない思いも、必ず伝わるときがくる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

届かない思いを、届ける方法。伝わらない思いも、必ず伝わるときがくる。

伝わらない思いも、必ず伝わるときがくる。

誰であれ、その場そのときその状況の「気分」の支配から逃れることはできない。
小川健次Blog
そして「気分」が多数集合することによって醸成される、「空気」というやつは、ときに大きな意思決定にさえ、影響を与えるものになる。

仮に論理的な正しさや、主張としての妥当性、大義名分のあることを、あなたが声高に叫んでみたところで、気分や空気によって支配された状況下で、それを理解してもらおうというのは無謀というより、無理。

だから、その場そのとき、想いが届かなかったからといって、落ち込む必要はどこにもない。僕が無料で毎朝配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、何言っても理解してもえないときは、理解してもらえない。

そのとき認めてもらえなかっただけ、そのとき想いが届かなかっただけ。時と場所と状況が変われば、認めてもらえることだって、想いが届くことはいくらでもある。だからそこで心が折れるのはまだ早い。

人は気分であれこれ言う。周囲の人達は空気によって流される。今がダメでもチャンスはまだまだいくらでもある。

力を尽くして最高のプレゼンしてみても、契約に至らないことはある。それは、そのときの相手の都合が悪かっただけ。でも相手の都合が変われば、また話しは変わる。状況が変われば相手の態度も変わる。




だからね、あなたが愛する人への思いを言葉にしても、届かないことはある。でもそれは、そのときその状況下や、相手の都合が、そうさせているだけのこと。でも時と場所が変われば、思いが届くこともある。

あなたが本気で心からそれを伝えたい。その想いを届けたい。そんな思いで伝えれば、今は受け入れてもらえなくとも、状況や環境が変わった際にまた話しを聞きたいし、その人に関わってみたいと思うもの。

ならば、思いが届かなかった、期待どおりにならなかったからといって、諦めてすべてを投げ捨ててしまうことはない。今は届かない思いも、届くときがくる。

別にガックリすることも、焦る必要もないでしょ。今はダメなだけなんだから。そこで状況や環境が変わるのを待てる余裕を持てれば。ご縁はきっちりと結ばれる。

<参考関連記事>
ご縁があれば、大切な人と結ばれる。焦らない心が、出会いを引き寄せる。

もちろん状況や環境、それこそ気分が変わろうとも、完全にダメということもある。でもそれはそれでいい。それはご縁がなかっただけ。とっとと執着を手放して、違う選択をすればいいだけのこと。

今の時点で思いが伝わらなくても、今の時点で思いが届かなくても、そこであきらめる必要はない。ピーピー泣いて凹んでないで、ちゃんと状況や環境を見極めて、次の機会をうかがうことですよ。

届かない思いを、届ける方法。

それがどんなに正しかろうが、それがどんなに相手のためになることであろうが、今この時点では伝わらないだけ、今この時点では思いが届かないだけなんだから。状況環境変われば展望変わることはいくらでもある。

もちろん、あなたとしては、思いが伝わらない悔しさはあるでしょう。理解してもらえないもどかしさもあるかもしれない。

でもそれ、たまたまその場そのときその状況で、相手に思いが届かなかった、伝わらなかっただけだから。伝えた内容を否定されたワケじゃない。ましてやあなた個人を否定されたわけでもない。今はそのタイミングじゃなかった。それだけのこと。

あなた自身の思いを、そうカンタンに捨てなくていい。決めたことをやりきって、伝えたい思いは持ち続ければいいじ。そしてそうしていられる自分を、まず自分が認めてあげる。自分で自分を評価してあげればいい。




もちろんどう考えたって風向き変わらない。上でも言ったようにそもそもダメ。そういうこともある。それはそれとしての割り切りも必要。スパッと切って捨てるバランス感覚も時に重要にはなる。

いつまでも未練たらたらもウザいだけ。過去に固執して未来を見ないのであれば、本末転倒もいいところ。想いを捨てずにいるか、捨ててしまうか、そのどちらが未来の自分にとって有益か。そんな基準で考えればいい。

一時の感情や感傷に流されないことよ。ちょっとしたことで弱気になって、自分への自信を失わなくていい

他人は気分や空気に従って、あれこれ好き勝手なこと言うもの。聞いてくれたりくれなかったり、受け容れてくれたりくれなかったりするもの。そんな前提を忘れなければ、自然と肩の力も抜けるでしょ。

今はわかってもらえない。今は伝えることができない。別にいい。そりゃ今がそうなだけ。ときがくれば思いが届くときがくる。タイミングが変わって状況が変われば思いが伝わることもある。わかってくれるときがくる。今はしゃあない。

あなたが簡単に思いを捨てず、その想いを持ち続ければ、あなたの思いを理解してくれる、あなたの気持ちを受け容れてくれる、他のご縁ある人が現れるかもしれない。そういう人に出逢えるめぐり会える、そういう人を引き寄せることだってある。

待てば海路の日和あり。すぐに心折れることなく、まずは待つこと。耐えること。それが本気で伝えたいこと、わかってほしいことなら、少しくらいしんどくても信念持って待てばいい。

<参考関連記事>
待つから、うまくいく恋愛もある。焦らないで耐えるから、大切な人に想いが届く。

届かない思いはある。伝えわらない思いもある。その度に、悲しみに打ちひしがれたり、残念な思いで一杯になることがあるかもしれない。でも、思いを届ける方法はある。今はタイミングが合わないだけ。気分や空気がダメなだけ。

わかってもらえなかった。受け入れてもらえなかった。そのくらいで凹まなくても落ち込まなくても大丈夫。あなたの思いが必ず届くときはくるし、その思いを受け入れてくれるは必ずいるのだから(^。^)y-.。o○

届けたい思いを届けるための、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。