小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

気分が落ちても、○○すると上げられる。心の余裕は、あなた自身で生み出せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

気分が落ちても、○○すると上げられる。心の余裕は、あなた自身で生み出せる。

心の余裕は、あなた自身で生み出せる。

気分が落ちていて、心に余裕がないからといって、他人のマイナスな点をあれこれとあげつらったり、その人を貶めるような発言をすることで、得られるものなんて、実のところそうそうない。
小川健次Blog
まあ確かに気に入らないあの人や、ムカつくあいつをコキおろしてれば、スカっとするかもしれないし、その場は心地いいこともあるかもしれない。

でもね、その結果として、手にできる具体的に価値あるものなんて何もないでしょ。明日になれば消えて無くなるような、ほんのわずかな自己満足くらいは手に入れられるでしょうが、それ以外は何もない。

逆に、今後付き合っていける可能性のある人を一人失うだけ。最悪の場合は、他人を貶めることしかできない、生産性の無いヤツだという評価を周囲から受けて、まわりに誰もいなくなる。いや、他人との関係をそうしたいと望むなら、それはそれでありかもしれない。

だいたいね。他人の悪口を言ってみたり、他人を貶めたいなんて思いが生まれるのは、自分自信が余裕がない証拠。うまくいってないからそうなる。

僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、繰り返し言い続けているように、人は皆、自分と他人を比較して、自分の立ち位置をはかるもの。他人が自分より上か下か、自分があの人よりうまくいってるかどうか。そんなところに心の安息を求めてしまうもの。

だから、自分の立ち位置を見失ってたり、不安定になってきたりすると、とにかく誰かを攻撃し、とにかく誰かを貶めようとする。そうやって自分の立ち位置が、相対的には高い位置になったような気になりたい。エラくなった気になりたい。安心したい。




逆に、誰だって余裕のあるとき、うまくいってるときは、誰に対しても優しくなれる。誰かの悪口を言ってスカッとしたいなんて思わない。

あなたが、他人の悪口言ってるときの、自分の心の動きを思い出してみればいいんです。そういうときってのは、ほぼ間違いなく、自分を認めてほしいと思うとき。自分の思い通りの結果になっていないときだったりするでしょ。

でも、そうすることで誰かがあなたを認めてくれるかというと、そうでもない。あなたはその場で、何となく満たされたような気にはなっても、ホントはむなしいだけ。得るものなくてますます寂しくなるだけ。

挙句の果てには、周囲の人からも遠ざけられて、ますますうまくいかない悪循環。ただ嫉妬してるだけのウザい人。そんなレッテル貼られて、気づいたときには、そして誰もいなくなった。そうして自分を責めて、自己肯定感がますます下がる。

<参考関連記事>
自己肯定感を高める方法、4つのステップ。自分に自信を持つと、恋愛も仕事もうまくいく。

金持ち喧嘩せず。余裕があるときは喧嘩しないし他人を攻撃なんてしない。だってそんなことしなくても余裕があるから。そんなことしなくてもすでに立ち位置に自信を持ってるから。

気分が落ちても、○○すると上げられる。

人の悪口言いたくなるときは、心に余裕がないとき。気分が落ちているとき。

ならば余裕がないときや、気分が落ちているときは、逆に他人を認める。褒める。称賛する。そうすれば余裕がない状態になっても、他人を攻撃したり、小さなことでつっかかったりしなくなる。そして、わざわざ悪口なんて言わなくても余裕が生まれる。

要するに、他人を相対的に下に落とそうとするのではなく、自分のイメージが、相対的に上になるようにすればいい。

いや、もちろん精神的に余裕がない、気分が落ちているから、悪口言いたくなるわけで、そこで他人を褒めろ認めろ言われても、なかなか簡単にはできないことかもしれない。

だからそこは割り切りでいい。演技であろうが、嘘であろうが構わない。とにかく口に出して、認めて褒めて賞賛する




最初は違和感があるかもしれない。でもね、やがてそれが心の中でイメージとして醸成されてくると、ホントに認めたい、褒めたい、賞賛したい。そんな感情が生まれてくる。相手を下げなくても自分が上がる。セルフイメージが向上する。自己肯定感が高まる。。

相手にしてみれば、自分を認めて褒めて賞賛してくれるあなたのことを、認めて褒めて賞賛したくなる。そして何より信頼したくなる。

誰かを褒める認める賞賛する。その結果として、褒められ認められ賞賛される人って、結局のところあなた自身。他人は自分の心の鏡。人の想いは自分が接したように返ってくる。

イラッとして他人の悪口言いたくなる。他人を貶めて自分の立ち位置を確保したくなる。そんな衝動に駆られたときは、あえて一呼吸置いて考えてみる。そうやって人の悪口を言ったところで、自分にどんな利益があるのか。と。

何もないでしょ。それで得られる満足感なんて一過性のものだから。ならばお互いにとって価値ある言葉を発すればいいだけのこと。最初は嘘でもそれはやがて現実になるから。

<参考過去記事>
大切な人に、もっと愛されるための簡単な方法。〇〇を示すと、心の距離が近くなる。

余裕がないとき、苦しいと思っているとき、心が落ちているときには、やるべきことをやれば、心を上向きにさせることができる。気分が落ちているからといって、一人で凹んでいたり、他人や大切な誰かを攻撃したりするより、大事なことがある。

心の余裕は、状況や環境、そして他人ではなく、あなた自身の力で生み出すことができるはず。そのために、ほんの少しの工夫とアイデア。それだけで、あなたの気分は上向きになるだけでなく、大切な人や周囲の人との関係も良好になるってことですわな(^。^)y-.。o○

落ちた気分をコントロールするための、特別講座
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。