小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

面倒くさい女の、LINEの特徴。返信がこないで、既読スルーされる理由。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

面倒くさい女の、LINEの特徴。返信がこないで、既読スルーされる理由。

面倒くさいのLINE

あなたが、想いを言葉や態度にして伝えているのに、なぜだかいまいち伝わらない。LINEで送っても既読スルーされる。真正面から向き合って、真剣に伝えているのに、どうも相手にしてもらえない。
小川健次Blog
言い方や伝え方、いろいろ勉強してみたり、LINEの文面を、あれこれ変えてみたりしているにも関わらず、どうも面倒くさい女と思われて、いまいち噛み合わない。

そういうときこそちょっと待て。まずは、あなた自身のことを振り返ってみる。あなたが発するその言葉、送ったメッセージは、一体誰のためのものなのか。あなたのその行動によって、誰が幸福になることを期待しているのか。

僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を読んだり観たりしながら、あなたのLINEの文面を見返してみるといい。

そもそも、あなたがLINEを通じて示す言葉や思いが、全部自分のためのものであれば、相手はそれを聞こうとなんて思わない。相手には、それを受け入れなきゃいけない義務はない。

あなたが、自分を優先し、自分が得したり、自分が幸福になったりしたいがため。自分が傷つきたくないとか、自分が寂しくなりたくないとか、そんな理由のために送ったLINE。そんな、あなたの自己都合の内容に、付き合うのは彼だって面倒くさい。




誰だって、単なる自己都合の自己満足感溢れる話しなんて、聞きたかないし、受け入れたくもないってこと。そんなLINEを読んでも嬉しくない。大人の対応として、スタンプの一個くらいは返すことはあっても、それ以上の興味はない。

それに、自己都合や自己満足の度が過ぎたLINEの頻度が高まれば、人としての興味だって無くなっていく。よくわからないけど、いっつも自分の都合ばっかりをLINEで送ってくる、面倒くさい女だなあ。そう思われてさようなら。

あなたがホントに届けたい、理解して欲しいという想いなら、まずそのLINEの中で示すべきことは、彼にとっての幸せでしょう。あなたがどうしたいかではなく、彼にとってどんな利益があるか。彼がどんな幸福を得られるかを、まず示しなさいよ。

仮に一時的にLINEの返信がこないことがあっても、その理由を相手主体で考えれば、そんなに不安や心配になることもない。自分の都合ばかりを優先するから、返信の早い遅いで右往左往することになる。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

あなただけの一方通行な思いを、いくらLINEに書き連ねても、面倒くさい女としか思われない。だって、あなたに都合があるように、あの人にだって都合がある。それを無視して、グイグイと押し付けられても重苦しいだけ。

彼にとって、得られる利点や、どういう幸福が手に入るのか。それをLINEを通じて理解することができるから、受け入れようと思ってもらえる。そんな彼の都合に思いを馳せる、心に寄り添うことは必要でしょ。

LINEの返信がこない理由。

あなたが、セールスマンに何かを勧められているときのことを、少し思い浮かべてみるといい。買って欲しいと思うから、買ってくれ。買ってくれなきゃ私が困る。そんなことを、しつこく言われりゃ、あなたも買おうと思わないでしょ。

その逆に、それ買うことで、あなたにどんな利益があるか、それがどれだけ、自分の幸福に繋がるか。そんなことを伝えてもらえれば、んじゃちょっと買ってみようかしら。って思うこともあるでしょ。

同じことですよ。私が寂しいからLINEに返信してこい。私に気をつかって欲しいから、気を使ってLINEを送ってこい。それ、あなたがそう想うのはいいけど、それで彼にどんな得があるのか。そんなLINEに返信するメリットは何か。

まずは、あなた自身の相手への期待、見返りへの執着を手放すこ。あなた自身を満たすことではなく、相手が満たされることを、優先すること。その前提でLINEを送るから、はじめて受け入れてもらえるようになる。




相手を主体で考えると言っても、そんなに難しい話しじゃない。彼の心の中まで、読み取ることもない、そんなことはそもそも無理だから。

小さな気遣い。ささやかな優しさ。それを発揮できる、心の余裕を持つということ。そのくらいのこと。

あの人にとって幸福だと思えることは何だろう。自分が何をすれば、その人のメリットになり、それをどう伝えられれば嬉しいだろうか。少し間を取って、冷静に想像力を使って考えればいいだけのこと。

そのプロセスをすっ飛ばして、ただ自分の欲求、自分の想い、自分の望みだけを一方的にLINEで送る。既読スルーされるから、さらに連投。それ見た相手は、ますますあなたを面倒くさい女だと思う。やがてはブロックされてさようなら。

そりゃもちろん、あなたにも希望はある。それはそれで伝えればいい。っつーか伝えなきゃダメ。でも、同時に、相手にとって利益になるし、喜びになる。相手の幸福につながる。ということも伝えなければ一方通行で終わり。

もちろん、どれだけ彼の思いに寄り添っても、届かない思いはあるし、気持ちが伝わらないこともある。そのときは、それに合わせた対応をすればいいだけ。

<参考関連記事>
今届かない思いを、届ける方法。今聞いてもらえない言葉を、聞いてもらう方法。

面倒くさい女の、LINEの特徴には共通するものがある。もちろん女に限ったことではなく、男でも同様だが、とにかく自分の都合を押し付けようとする。自分のことばかりが優先で、相手の都合や思いへの配慮に欠けるから、既読スルーされてしまう。

本当に届けたい想いほど、自分のことより相手の気持ちにまず寄り添うことよ。見返りへの期待に執着せず、相手の幸せをイメージする。そんな余裕あるLINEだから、相手もそれを受け入れられるってことですわな(^。^)y-.。o○

相手の気持ちに寄り添う力を高める、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。