小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

勇気を出して誘ってみれば、断わられることはない。あなたの誘いを、誰もが待っている。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

勇気を出して誘ってみれば、断わられることはない。あなたの誘いを、誰もが待っている。

■黙っていれば、存在さえ認知されない。

普通に生活してればね、人と関わることがないなんてことは、物理的にありえない。家からまったく出ることない仕事でもなきゃ、表で人とはすれ違う。

小川健次blog

まあ、単にすれ違うだけの、まったく無関係な人であれば、そりゃ確かに関わりとはいえないでしょう。だけども、職場や近所付きあい、趣味の仲間。何かしらの形で人とは関わる。

人と関わっている以上、そこに何かしらの会話は必ずある。挨拶の一つだってあるでしょう。ましてや、あなたのことを、あなたと関わる人が嫌っているってこともない。

にも関わらず、いまいち人との関係が希薄な気がする。もっと言えば自分が孤独であるかのような気もする。日常的には、人と関わっているのに、どうもつながりを感じない。唯一つながりを感じるとすれば、あの眉毛野郎の小川健次メールマガジンくらいしかないかもしれない。

身近に人はそれなりにいる。関わりだってないワケじゃない。なのに、皆私のことを相手にしてくれないし。声をかけてくれることもない。誘ってくれる気配なんかまるでない。だから孤独。だから出逢いやつながりがない。って、いや、それ、ちょっと待ちなさいよ。

周囲の人は周囲の人で忙しい。別にあなたを避けてるわけでも、嫌っているわけでもない。そもそもあなたの心境についてなんて、構っているほど暇じゃない。

だけども、あなたの心の中では、誰かに構ってもらうこと、相手してもらうことを期待している。話しかけてほしい。誘ってほしい。

そこがそもそもすれ違い。そもそも無理難題ってやつですよ。だってあなたは誰に対しても、ボールを投げてないでしょ。なのに投げ返してきてね。って、そりゃどんな謎解きですか。まずはボールを投げなきゃ返ってこないでしょ。

いいですか。あなたが忙しいように、みんな忙しいんです。みんな自分のことで精一杯。あなたが誰かに、声をかけてもらうことを期待したって、それに誰も気づかない。悪気があるワケでも、意図的にスルーしてるワケでも。ただ気づかない。それだけのこと。

どんな場面でもそうなんでしょうけどね、勝手に自分で妄想を膨らませないことですよ。それでご縁を切ってしまったり、バリアで跳ね返してしまえば、ホントに道をそこで途絶えてしまうだけ。まずは一歩踏み込んでみることからでしょう。

<参考過去記事>
わだかまりは、話してみれば消えてなくなる。妄想でご縁を切ってしまう前に、もう一歩踏み込んで話してみよう。

要するにね、あなたからボールを投げてみればいいんです。軽くでも声かけてみればいいんです。そうすりゃレスポンスが必ずある。

それをしないで、ただ自分は孤独だ。相手してくれる人もいなければ、出逢いもない。なんて話しを一升瓶抱えながらぶつくさ言ってても、何も起きやしませんよ。そもそもあなたの存在、あなたも想いに皆気づいてない。気づけるほど暇じゃない。

■ボールを投げるほど心の距離が縮まる

あなただって、ある日声をかけられて、あ、この人とは何だかひさびさに話したわ。あ、そういやずっと近くで仕事してたよね。そう気が付くことがあるでしょ。別にその人を嫌ってたワケでも、意図的にスルーしてたわけじゃない。もちろん悪意だってない。

たまたま、あなた自身のことに忙しかった。たまたま話すタイミングもなかった。ぶっちゃけ存在そのものが、頭の中から消えていた。それだけのこと。皆同じですよ。別にあなたのことを嫌ってない。存在自体が頭から消えてただけ。

だったら話はカンタンで、あなたがまず自分の存在を示すこと。声をかけてみる。電話してみる。LINEしてみる。そうすりゃあなたの存在に相手は気づく。

それで嫌われることなんかないから大丈夫。ウザがられることもないですよ。いや、そりゃ忙しかったりすれば話しは別ですが、そうじゃなければ、投げられたボールは投げ返してきてくれる。あなたの存在を認めてくれる。気づいてくれる。

もしそれで嫌われたなら、それはそれで、その人とは合わないってことがわかって良かったじゃないですか。別に誰が悪いというワケじゃない。お互い合わなかった。それだけのこと。それに、この先余計に関わる手間を省けるから、不幸中の幸いってやつでしょう。

世にいる、多くの人から好かれる人ってのは、別によっぽど人間ができてるからってワケじゃない。話しがうまいワケでもないんです。

自分から投げるボールの数が多いんです、常に自分の存在を誰かに伝えてる。些細なことでも声をかけたり、LINEをしたり、電話をしたり、自分がここにいるということを、人に知らしめてるんです。人に存在を認めてもらってる。それだけですよ。あ、あと眉毛が太い。うん。多分。

それにね、多くの人が、どちらかと言えば、あなたと同じように、自分からボールを投げずにいるんです。誰かからのボールを待ってたりするんです。

だからこそ、あなたからボールを投げる価値と意味がある。みんな待ってるんです。あなたから声をかけてもらえること。LINEがくること。電話がかかってくることを。それこそ誘ってくれることだって待っている。だから誘えばいい。大丈夫。断られないから。

仮に断られても、それはお互いの都合がつかなかっただけ。別にあなたを否定してのことじゃない。だから気にせずまた声かければいいんです。

<参考過去記事>
断わられても、自分を否定されたと思わなくていい。頼みごとを素直に言えると、皆に応援してもらえる。

みんなあなたのことを待ってるんです。あなたの声を。あなたのメッセージを。あなたの誘いを。騙されたと思ってボールを投げてみればいいんです。いや、それでホントに騙されたとしたって、別に損することも失うものないでしょ。

投げれば必ず返ってくる。上でも言ったように、人と人、それこそ男と女のつながりってのは、最後はどれだけお互いがボールを投げ合ったか。つまりは自分から主体的に声をかけあったか。その頻度と密度が、愛と信頼の深さに比例するってもんでしょう(^。^)y-.。o○

【理想のあの人と結ばれる、引き寄せの法則DVD】

引き寄せの法則と目標設定の基本原則
DVD愛とお金

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。