小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛も幸せも手放した量に応じて、引き寄せる。ケチで欲張りからは、遠ざかる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/24更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第148回

恋愛が続かない30代女性の多くが、20代不倫を経験。その後遺症を脱する方法。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                               
地域・開催日 内容
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛も幸せも手放した量に応じて、引き寄せる。ケチで欲張りからは、遠ざかる。

愛も幸せも手放した量に応じて、引き寄せる。

あなたも僕もあの人も、人は死ぬまでしか生きられない。生きてる時間には、限りがある。その長さの違いはあるにせよ、金持ちもそうでない人も、限りがあるのは皆同じ。
小川健次Blog
そして過ぎていく時間は戻らない。昔はあなたも、あんなに若くて可愛かったのに、時が過ぎたら…あ、いや、それ以上は言うまい。

時間に限りがある以上は、できること、手にれられることにも限りがある。持てる量にも限られている。何かを手放さいと、何も手に入らないし、何も引き寄せようがない。持ってるものを、いつまでも執着してないで手放すから、新しいものが手に入る

僕が無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、それにYouTubeの動画ではいつも言っているように、執着しているほど欲しいものは遠ざかる。

物理的なものに限ったことじゃない、過去のあの人、別れた人や、昔の栄光。それら精神的なもの、形のないものでも、いつまでも抱え込んで執着していると、あなたの両手ではもう持ち切れなくなる。

それでも、何かを手に入れたい。別の何かを引き寄せたい。そう思うなら、両手に持ってるものから、何かを手放すしかない。何を手放すかの選択をするしかない。





選択とはすなわち決断。決めて断つこと。何かを手に入れるために、何かを断つ。そして手放す。

別れたあの人が、いつか戻ってきてくれるかもしれない。だから、LINEも携帯の番号も残しておく。過去のやりとりをときどき見直して、あの頃の思い出に浸ってみる。だけど、新しい出会いも欲しいし、あわよくば理想のパートナーを引き寄せたい。

って、それは無理。無理ではなくとも、可能性は極めて低い。だって、そうやっていつまでも過去に浸って、執着している女なんて、暗いし面倒くさそうだから。あなた自身も美化された思い出と、目の前の人を比較してしまうから、結局そこでの出会いもダメにする。

欲しい結果を引き寄せる人と、いつまでも手に入れることができないでいる人の違いは、心の使い方のの違いにある。選択し、決断できるかどうかの違いにある

あれこれ抱え込んで執着したままで、ツインソウルやツインレイに出会いたい、引き寄せたいと言ってても、それ以前に誰とも出会うことがない。そもそも執着するような人は、ツインレイでもツインソウルでもない。

<参考関連記事>
ツインレイやツインソウルを見分ける、4つの方法。魂で愛し合える人は、どんな人なのか。

両手が一杯である以上は、手放すしかない。手放す選択、決断をするしかない。あなたが引き寄せられる量は、あなたが手放した量の分だけなのだから。

大丈夫。だって。執着して抱え込んでいるものを、よく見てみると、実は無くても困らない。手放したところで命までは取られない。本当に手放せないなら、持っておけばいい。でもそうじゃないなら、手放したって大したことない。

愛と幸せは、ケチで欲張りから遠ざかる。

恋愛やコミュニケーションついての、いろいろな本を読んだり、スピリチュアルな人のYouTubeを観たりしてみる。そのときはワクワクして気分も良くなる。何か素敵なことが起こりそうな気がする。でも、現実は何も変わらない。何も引き寄せないし、何も手に入らない。

そうして自分を責める。やっぱり自分はダメなんだ。自分は出会えないし、愛されないんだ。そもそも自分には、愛される資格もないんじゃないか。そうして、またよくわからない世界を堂々巡りで、ただただ息苦しいばかりの毎日に逆戻り。

あのね。アフォなの? あなたが両手にそれだけ一杯抱えていたら、それ以上、持てないのは当たり前でしょ。両手にソフトクリーム持って、もう一個欲しいって、そりゃ受け取れんわ。

だったら、その一個を手放せよ。両手に持ったものは抱え込んでいたい。手放したくない。でももっと欲しい。って、どんだけケチで欲張りなんだっつーの





新しいソフトクリームと、右手のソフトクリームと、左手のソフトクリーム。あなたにとって、どれが一番価値があることなのか。どれを食べることが、未来のあなたの幸福に近づくことなのか。それを考えて選択する。そして決める。決めて断つ。優先順位の低いものを手放す

あなたにとっての幸せのイメージがはっきりしていれば、今不要なものは手放せる。手放すということは、新しく手に入れるということ。空いたスペースと同じだけの量の幸福を、あなたは引き寄せられるということ。失うために手放すのではなく、手に入れるために手放す

幸せのイメージが曖昧だから、とにかく目の前のことに執着してしまう。明日どうなるかイメージできないから、今の不安から逃れるために、とにかく過去を抱え込む。ケチで欲張りになり、結果、何も引き寄せられずに大損をする。

それが別れた男のことであれ、過去の仕事の栄光であれ、今不要なものへの執着を手放していい。いつまでも無理な復縁に執着しているほど、本当の愛や幸福を遠ざけることになる。

<参考関連記事>
復縁が無理だと認めると、本当の愛が手に入る。復縁に執着するほど、愛を失う。

抱えているもの、執着しているもののうち、手放す量に応じて、愛であれ幸福であれ引き寄せる。手放すのは、失って苦しくなるためじゃない。スペースを空けて、それと同じだけの量の愛と幸せを、その手に引き寄せるための大切なプロセス。

失う不安にとらわれて、ケチで欲張りにならないことよ。それが一番損をするのだから。今不要なものは手放して、本当に必要なものが手に入るならそうすることよ。選択し、決断して手放せば、愛も幸せも引き寄せられてくるってことっすな(^。^)y-.。o○

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。