小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

嫉妬を手放して、他人の幸福を喜ぼう。寛容な心が、祝福と称賛を引き寄せる。

<広告>
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/03/19更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第20回

「美貌のシンママが陥った恋の罠、ダメ男の誘惑からの脱出計画」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

嫉妬を手放して、他人の幸福を喜ぼう。寛容な心が、祝福と称賛を引き寄せる。

嫉妬のストレスからは何も生まれない。

どうも望んだとおりの結果が出ない。うまくいかない。そうしてイライラしているときに、横で誰かがうまくやっているのを見たり聞いたりすると、なぜだか心が落ち着かなくなる。
小川健次Blog
面白くないと感じてしまうだけでなく、失敗すればいいいのに、うまくいかなければいいのに。そんなネガティブな感情さえ生まれてしまうこともある。

その人が嫌いなワケじゃない。その人のやろうとしていることを、否定しているわけでもない。むしろその人のことは好きだし、やってることも応援したい。だけども自分がうまくいってないのに、自分よりうまくいってるそのこと事態がムカついてくる。

いわゆる嫉妬というやつでしょう。別にあなたに何か影響があるワケでもないのに、なぜだか気になるイライラする。誰もそんなこと言ってないのに、自分が否定されているような気になって、勝手に敵対感情まで沸き起こる。

簡単な話しですよ。だってあなたがうまくいってるときなら、そう思わない。あなたが望みの結果を手に入れて、余裕でいられるときなら、心から応援してあげようと思えるでしょう。うまくいってないから、他人のことでイラついてんです。金持ち喧嘩せず。

だったら、そのネガティブな嫉妬のエネルギーは、他人に対してではなく、あなた自身の問題解決のための、具体的なアクションに向ければいいんです。そうすりゃ結果も良い方向に変わってくるはずなんです。

だいたいね、嫉妬で幸福になることはないでしょ。むしろイライラ募って、ますますストレスになる。結果、目の前の問題解決に手が付かず、現状が何も変わることなく、ただただ薄暗い穴倉の中で、蝋燭の火を眺めるだけの日常になるんです。

ならば嫉妬するだけ損なこと。一円の得にもならないどころか、損しかない。嫉妬で良いことあるならいくらでも嫉妬しますがね、そんなことは現実にはありはしない。

確かに、自分よりうまくいっている人の邪魔したり、重箱の隅つつくような揚げ足をとったりすれば、その場は溜飲下げて、少しは気分良くなるかもしれない。でも、現実には何も得してないでしょ。空しいだけ寂しいだけ。結果的に自分が惨めなだけ。

それにね、嫉妬は、思い通りにいかない自分への執着心の裏返し。ならばそれも手放すことですよ。その心の余裕が、大切な人との心の距離を縮めるというもの。

<参考過去記事>
期待しないで信じて委ねて手放すと、ご縁が結ばれる。お互いの違いを認め合えると、愛と信頼が深まる。

嫉妬の感情は、不必要にあなたの潜在意識に対して、否定的なイメージを植えつけてることになる。だから人を妬むことはまさに百害あって一利なし。

あなたがうまくいってるときは、妬みの感情もなければ言葉も出さないでしょ。なら嫉妬心に心を支配されてしまうより前に、まずは自分のやるべきことに集中することでしょう。そして問題が解決できれば嫉妬心も消えて無くなる。

嫉妬を手放すから愛される

そもそも、自分を他人と比較しないことですよ。いや、比較するのはいい。比較しないってのも無理だから。でも比較すべき対象は、違いであって優劣についてじゃない。

上も下もないんです。その人はその人。あなたはあなた。どんなに身近であっても他人であって自分じゃない。その人の人生とあなたの人生は違うんです。嫉妬してみたところで、その人の人生になれるワケじゃない。お互い別の人生を歩んでいるにすぎない。

もちろん、同じ土俵で勝負をすれば勝者と敗者が生まれる。技能として優れているものを持つ人もいればそうじゃない人もいる。でもそれはそれ。個別具体的な出来事では優劣があったとしたって、そもそも別の人生、別の人。そこ妬んでもしょうがない。

ならば、そこで心に青白き嫉妬の炎を灯すのではなく、相手が誰であれ、ますは賞賛を送ってみたらどうですか。幸福を手にした人、成功した人には、祝福を送ればいいんです。

最初は違和感あるかもしれない。心の底ではこんちくしょーと思うかもしれない。なんでこいつに、そういう感情も消えないかもしれない。それでも祝福と賞賛、そして愛と感謝を、言葉にして伝えるんです。笑顔でおめでとう。ありがとう。すごいね。やったね。

手放しの祝福と賞賛は余裕の証。自分を卑下した嫉妬の感情も、祝福と称賛の言葉として発すると、その言葉はあなたの心の中で余裕あるイメージを育む。だからあなたの心に余裕が生まれるんです。その余裕があなた自身のセルフイメージを高めることになる。

やがて嫉妬の感情は消えてなくなり、他人のことでイライラすることもなくなる。心に余裕が生まれるし、誰に対しても優しくなれる。だから周囲の人も、今度はあなたに対して手放しの祝福と賞賛、そして愛と感謝を注いでくれるようになるんです。

それにね、細かいことや、狭い世界の中にのみ意識を奪われるから、小さなことで勝った負けただの、あいつは俺よりうまくやりやがって、あの人ばっかり何でうまくいくの。そんな嫉妬と執着心に心奪われることになるんです。

誰だって妬みの感情を基にした悪口ばっかり言ってる人より、素直に祝福と賞賛の言葉を言える、心の余裕がある人と関わりたいし付き合いたいと思うもの。だから相手が誰であれ、結果を出した人には笑顔でおめでとう。やったね。すごいね。ありがとう。

<参考過去記事>
引き寄せの法則の効果を、言葉を使って高める方法。愛と感謝の言葉を口にすれば、愛される人になる。

他人への嫉妬に心を支配されそうになったなら、視界を拡げることですよ。もっとデカい世界の中で考えてみれば、あなたも憎いあんちくしょーも嫌いなあいつも人として大差ない。宇宙レベルで考えれば僕もあなたもあの人も、ミジンコ同然で差なんかない。

するとあなたの心にも余裕が芽生えて、欲しい結果を引き寄せられるようになる。やがてあなたも皆から笑顔で称賛される。そして大切な人からも愛される人になりますから(^。^)y-.。o○

嫉妬を手放すから、ご縁を引き寄せる
↓ ↓
札幌・東京・大阪
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。