小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

関係を清算するつもりで向き合えば、より良いご縁で結ばれる。ダメな関係への執着を手放すと、お互いの心が楽になる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

関係を清算するつもりで向き合えば、より良いご縁で結ばれる。ダメな関係への執着を手放すと、お互いの心が楽になる。

■どうにもならない関係はどうにもならない

お互いで親切丁寧に説明し合い、必要に応じた譲歩をし合ったとしても、どうにもこうにも話しがまとまらないことはある。落としどころが見つからないこともある。
小川健次Blog
生まれ持った素養や、生まれ育った環境、今の時点での状況や環境や気分。人それぞれ違うもの。それぞれが違った生き方していて、違った価値観を持っていれば、そりゃ何をどうしたってどうにもならないことはありますよ。

話し方がどうの。態度がどうの。ふるまいがどうの。そんな細かい表面的なことじゃない。もっともっと大前提の部分で、合わないってこともあるんです。誰がどうの、好きか嫌いかなんてのも関係ない。そもそも合わない、それだけのこと。

とはいえ、合わないから。と言ってその都度関係ブッタ切っていたら、それこそ社会の中で生きていくことは困難でしょう。だから、誰もが、仮に合わない人が相手であっても、とりあえあずその場だけでも妥協し合えるところを見つけ合い、何かしらの価値を生み出そうとするんです。

この眉毛野郎の小川健次メールマガジンは、ホントにイラつくわ。でも、部分的には賛同できるところもあるから、まあいっか。と思って妥協しつつも、付き合ってる。みたいなもんですよ。いや、ちょっと違うか。

合わないと思う相手でも、少なからずその関係から、何かしでも有形無形の価値を生み出せるなら、それはそれで妥協も譲歩もする意味があるのでしょう。

でもね、冒頭言ったように、どんなに妥協をしようが譲歩をしようが、それこそ膝詰めて朝まで語り明かそうが、何も生み出せるものがない。今後も生み出せる気配どころか、その可能性さえ感じられない。そんな関係だったら何の意味もないでしょう。関わってるだけお互いが不幸ですよ。辛いだけ苦しいだけ。どんな罰ゲームだよ。それ。

しかも救いがたいのは、すでにお互いが合わないことがわかってる。これ以上関わっても何も得るものないのがわかってる。なのに切れない離れない。というより、切ろうとしない離れようとしない関係でしょう。ホントは切ることも離れることもできるのに、自分の意思で、その関係に執着していることですよ。

今から一人になるのは寂しいし。とりあえずこれまで一緒にいたので情もある。お互い気心が知れているからいろいろ楽だし。それが単なる惰性と馴れ合い、傷の舐めあいもたれあい、であることはわかってる。自分にとっても相手にとっても無益な関係であることも。だけど、いつかうまくいく未来が訪れるかもしれない。

確かね、関わり続けていれば、可能性は完全にゼロってこたぁありませんよ。何かの拍子でわかりあえるときがくるかもしれない。どこかでやり直しができることがあるかもしれない。

でもね、もうそうやって何年も経ったでしょ。だいぶ時間もエネルギーも使ったでしょ。いつかそのうちわかりあえる。いつか歩み寄れる。そう思いながら、そうならずに今に至っているわけでしょ。それで何も変わらないなら、手段方法変えるしかないでしょう。いい加減今までの方法を変えるときでしょう。

<参考過去記事>
うまくいかないなら、うまくいく方法に切り替えよう。今までのやり方への執着を手放せば、欲しい結果を引き寄せる。

お互いの関係にすでに愛はないのはわかってる。すでに冷え切った関係で、もう温めようがない。すれ違いが複雑に折り重なって、どうやったって修復不可能。これ以上はお互いにとっての時間の無駄。ストレスの原因。そんなことはわかっているのに、いつか何とかなるかもしれない、とにかく関係保ってさえいれば、いつか良い関係になれるかもしれない。

もうそうならないのは、あなたにだってわかってる。だったらもう開き直ってさよならすればいいんです。お互いで無益で無意味な関係なら、決断して、そこで終了さようなら。そのほうが、お互いが幸福になる可能性は、グッと高まるってものでしょうよ。

■手放す覚悟が活路を拓く

とにかく一旦関係を終わらせる。ずるずると今を引き延ばそうとしないことですよ。これまでの結果が今ならば、今の延長から生まれるのは、今と同じ結果でしょう。

意味もなければ生み出す価値もないのに、なんとなくの現状維持。そうやって中途半端な状態を守ろうとしたところで、言いたいことも言えなくなるだけ。問題を常に先延ばしにしるだけで、本音で想いを話し合えないから、不安と心配ばかりが大きくなる。あなたやあの人にとって何が幸福であるかより、関係を継続することそのものが目的になる。

そんなクソつまらない、現状維持に執着していてもしょうがないでしょ。とっとと手放していいんです。もう知ーらないっ。もうどうにでーもなーれっ。

どうせ放っておいても、どうにもならない関係ですよ。今からどうにかしようとしても、歩み寄りができなくなっているんでしょ。だったらいいじゃないですか。まっさらゼロにするんです。未来永劫さようなら。そんな覚悟で手放しちまえ。

それでも、ホントにご縁があるなら、また別の機会に結ばれる。一回離れて、お互い違う世界で違う価値観を身に着けて、また会った時には、歩み寄れる関係になっているかもしれない。お互いが付加価値を生み出せる、有意義な関係として、新たな関係を築くことができるかもしれない。

それにね、あなたにその覚悟ができて、そういうつもりで接すれば、ホントに別れることにならなかったとしても、そこでお互い腹を割って話せることができるかもしれない。事態に突破口が見つかるかもしれないじゃないですか。

それもこれも、まずはあなたが現状維持への執着を、手放す決断をするから起こること。うじうじと、どうにならない関係に不満を抱きながらも、執着し続けている限りは何も変わりはしないんです。

指輪と緑色の紙をダイニングのテーブルに置いて、家を出ていく覚悟、その決意ができるかどうか。そこで執着を手放せるかどうか。

そのままウジウジしていても、どうせ行き詰ってる関係ですよ。なんだかモヤモヤしてて、納得できてない関係でしょ。このまま時間だけを使って、気づいたときにはいろいろ手遅れ。そうなってから後悔するくらいなら、今できることをやってみたっていい。執着を手放して、ゼロベースにする覚悟で開き直れば、活路が開けることもある。

どうせ馴れ合い。どうせ遊びと割り切ってるから。生きてくために必要だから。そんな妥協や打算で納得できるなら、それはそれでいいでしょ。でもね、不安と心配ばかりで、打算や妥協じゃ片付かない。そんな譲歩もし合える関係じゃなくなってる。だったら、それ手放したほうがいいですよ。

<参考過去記事>
今使わないものは、一生使うことはない。手放しても、本当に縁があればまた引き寄せる。

別に、今うまくいってる関係なら、それを断ち切る必要もないでしょ。多少ややこしい関係でも、丁寧に一つ一つ問題解決すれば、良くなる関係なら、問題解決すればいい。そうじゃなくて、もうどうにもならない。もう行き詰って活路が見えない。なら一回リセットすればいい。リセットする覚悟をするんです。

ホントに縁があればまた結ばれる。あなたがその覚悟で向き合えば、活路が開ける。中途半端に小手先で何とかしようとしても、どうにもならないし、それが無理なのはあなたもわかってる。だったら現状への執着を手放してみる。その覚悟する。そう開き直ってみると、思わぬ事態の好転を引き寄せるってもんですよ(^。^)y-.。o○

【どうにならない問題解決の相談はお気軽に】

小川健次個別コンサルティング
全コース対象キャンペーン実施中
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。