小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自己を明け渡すから、愛する人に愛される。信じて委ねると、ご縁が結ばれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/08/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第93回

東大卒ハイスぺ女子がダメ男に付け込まれる理由と、超簡単な解決方法

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

自己を明け渡すから、愛する人に愛される。信じて委ねると、ご縁が結ばれる。

信じて委ねると、ご縁が結ばれる。

心から大切な人とは、誰だってトラブルにはなりたくない。お互いが無意味に傷つけ合うようなことは、避けたいと思うもの。
小川健次Blog
あなたがそう思うということは、大切なあの人だってそう思ってる。わざわざお互いがストレスになったり、苦しい思いをしたりするようなことはしたくない。

お互い大人。お互いにとって、触っちゃいけない領域を理解しているだろうし、口にしてはいけないこともわかってる。そのくらいの気遣いはあって当然。親しき仲にも礼儀あり。そこ飛び越えるから、無駄に痛い思いをすることになる。

こら眉毛! あんたが一番気遣い足りないんじゃないの? とよく突っ込まれる、僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画も、あれはあれで実は結構気を遣ってる。うん。あ、いや、それほど気を遣ってないか。

気遣いはあっていい。というより、なきゃいけない。とはいえ、その気遣いも、あんまりし過ぎたり、行き過ぎると、それは単なる駆け引きや、腹の探り合いにもなりかねないので要注意。

駆け引きや、腹の探り合いってのは、つまるところ自己保身。そして見返りの期待への執着。

それは、いかに自分が傷つかないようにするか、いかに自分にとって、都合の良い展開に関係を発展させられるか、ってことに注力すること。あなたがストレス感じないように。あなたに有利になるように。それが優先。実は相手を気遣っているようで、自分が一番。




自分の本音は言わずに、いちいち遠回しな言い方して、相手の本音を探ろうとしてみたり、自分にとって優位な展開にしようと画策してみたり。それって気遣いでもなんでもない。相手のことなんかまったく考えてない。

私はあなたことを想っているし、気遣っている。あなたのことが大切だから。そうは言いながら、心の中ではあれこれ画策してる。って、おい、ホントに大切な手前ぇじゃねえか。

いや、それでもいい。それが表面上のお付き合いしかしない相手なら。ドライのお互い打算で付き合えてる関係なら、そのくらいの駆け引きは必要。でも、あなたがホントに大切だと思う人に対して、そういう駆け引きをしたところで、得るものは何もない。

むしろ、ウザいと思われるだけ。面倒くさしヤツと思われるだけ。そうして気づいたときにはさようなら。計算して、画策して、駆け引きした労力もむなしく、あなたの手元に残るのは、未読のまま放置される、あなたが送ったLINEの文章だけ。つまりはブロック。

そんな駆け引きなんか手放してしまえばいい。それやってても得るものないから。ダメになって別れるときは、何をやってもご縁が切れてダメになる。その理由は、駆け引きをしなかったことじゃない。。

<参考関連記事>
別れる理由は、二人がもっと幸せになるため。ご縁が切れるのは、二人がもっと成長するため。

気遣いは必要。それは大前提。その上で、あれこれつまらない駆け引きはやめて、洗いざらい、素のあなたをさらけ出してしまうこと。大丈夫。それで嫌われるなら、どうせ嫌われるから。

そのくらいのことで、二人の関係は壊れない。そくらいでダメになる関係なら、そもそもダメ。だったら相手を信じて委ねて手放せばいい

自己を明け渡すから、愛する人に愛される。

お互いが本音を言わず、お互いが核心に迫るところについては、オブラートに包むような話をしていると、それが小さなひずみとなり、そのひずみがやがて修復不能の大きな亀裂になる。やがてどちらからともなく、さようなら。

だったら最初から、つまらない駆け引きなんかやめてしまえ。相手を信じて委ねて手放す。自己を明け渡す。素直に言いたいことを言い、聞きたいことは聞く。

最初からすべて出してしまえば、どちらが主導権を握るかどうか、どちらが優位でいるかどうかも気にならなくなる。それこそ本音ベースなので駆け引きなんか存在しないし、ストレスのない心の安寧の伴う関係が出来上がる。

もちろん、人と人の関係である以上、お互いに対する気遣いは必要。相手を思いやる気持ちも大事。言っていいことと悪いこと、やっていいことと悪いことはある。でもそれは、自分を偽って駆け引きして、相手より優位に立とうとすることじゃない。

だいたいね、あなたが自分をさらけ出せないのは、相手を信用し切れていないということ。あなたが素をさらけ出したくらいで、嫌いになってどっかいく、そんな器の小さなヤツだというレッテルと貼ってるのと同じこと。




そういうあなたの疑念が相手に伝わる。だから相手もあなたに対して同じように思う。信じてくれない人を、信じろってそりゃ無理難題。他人は常にあなたの心の鏡。あの人があなたを信じてないのではなく、あなたがあの人を信じてない

逆に言えば、あなたが相手を信じて、自己を明け渡すことができれば、相手もあなたを信じてくれる。そしてあなたに自己を明け渡してくれるというものでしょう。

相手に疑念を抱き、自己を明け渡すことを躊躇し、小手先テクニックの下手な駆け引きしようとするから、話しがややこしいことになる。誤解が生まれて、不信感になる。溜まったストレスが、ある日突然大爆発の大惨事。

もちろん、素の自分を表現し、自己を明け渡した結果として、嫌われるならしょうがない。だってそれ合わない人なんだもん。むしろ、それが早いうちに分かってよかったね。年齢的にいろいろ後戻りできなくなってからなら、目も当てらないから、早くてよかった。

まずは信じること。愛もお金も信じると引き寄せる。信じて委ねて自己を明け渡すから、大切な人もあなたを好きになる。いらん駆け引きで時間とエネルギー使った割に、報われなければ、それこそ時間の無駄。

<参考関連記事>
愛もお金も、信じると引き寄せる。自分を信じるから、想いが現実になる。

あなたが自己を明け渡すから、愛する人に愛される。本当に大切な人との関係を守りたいなら、つまらない駆け引きで、上っ面の気遣いはやめること。それよりも、相手を信じて、素直な自分をそのまま見せること。

結果、ダメになる関係なら、ご縁がなかっただけのこと。だとしても、人を信じて、自己を明け渡せるあなたのことを、信じて委ねて明け渡してくれる人が必ず現れる。最後には、その人と本当に価値あるご縁が結ばれるから(^。^)y-.。o○

信じる力を高めるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。