小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きなら、すべてを認めて受け入れよう。あなたの心の余裕が、大切な人とのご縁を結び付ける。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

好きなら、すべてを認めて受け入れよう。あなたの心の余裕が、大切な人とのご縁を結び付ける。

■大切な人にでもイラつくことはある

透明な水のように澄み切った、一切の汚れのない、純粋で綺麗な心の持ち主なんてのは、生まれたての赤ん坊くらいなもんでしょう。それ以外では、あの眉毛の人くらいか。

小川健次Blog

そこそこ生きてりゃあね、いろいろ汚れていくもんです。いやまあ、汚れるのが悪いワケじゃない。それはそれで「味」とも言えるもんですし。

それにね、生きていくには知恵も必要でしょう。自分を守るため、大切な誰かを守るため。その人にとっては正義でも、他人から見えれば出し抜かれた、騙された、そう思うこともあるでしょう。あの極悪人め。と思われることもあるかもしれない。

それこそ、本人は善意で、その人のためにと思ってやったことなのに、その人にしてみりゃ、侮辱された、失礼なこと言われた。なんて思うことだってある。愛と善意に満ち溢れた、小川健次メールマガジンにも、よくクレームくるし。

善悪なんてのは相対的なもの。基準なんてのは人それぞれ。そう考えれば、誰の心にだって善意といわれるものも、悪意といわれるようなものもある。

いや、別に善悪の定義についてなんていう、クソ面白くもない話しをしたいワケじゃないんです。要するにね、誰にだって自分本位な考えもある。その一方で他人のためと思う考えもある。でもその受け取り方によっては、善意とも悪意ともとれるということ。

でもね、それが、あなたから見て善意であろうが悪意であろうが、共通していることは、その人が、あなたを貶めてやろうと思っているワケじゃないということ。

もちろん、明らかな悪意に思えるようなことだってありますよ。でもね、だとしても、その人が全身全霊をかけて、あなたを不幸にしてやろうと思ってるかといえば、そんなことはないでしょう。だいいちそうするメリットだってないんだもん。

そりゃあね、あなたに対する言動で、ムカっとすること、イラつくこともあるかもしれない。でも、それってその場でそう感じるだけでしょ。また違う状況環境のとき、違う気分のときであれば、あなたに対する言動は、愛と善意に溢れていたりするわけでしょ。

部分的には、あなたがイラっとすることはある。でも全体としては愛されていること、善意を向けられていることを実感できる。なら、その細かい部分について、あれこれ大騒ぎすることもない。そこはスルーするか寛容になればいいだけのこと。

<参考関連記事>
結婚したいなら寛容になろう。出逢いたいなら、価値観や世界観の違いを認めよう。

言うまでもないことですが、いくら一時的とはいえ、いわゆるDVをはじめとした、そもそもの人として、どうなのかという疑問を抱くようなことについては、寛容である必要はない。そんなヤツとはとっと離れること、とっとと縁を切ることですよ。

そういう極端なケースでもなければ、ちょっとムカついたくらいで心を乱さないことです。だって全体としては愛されてる。あの人にも悪意と善意がある。でもあなたに向けられているのは、圧倒的に善意が上回っているんです。

■許して認めて受け入れよう

その場そのときその瞬間で、あなたがイラつく言動をされたとしても、少しばかりの悪意を向けられたとしても、いちいち反応しないことです。あの人にもそういう一面がある。でもそうじゃない面のほうが大きい。だからそこは許して受け容れればいいんです。

もちろん、どうしても許容できないことは、ビシッと対応すればいい。どうしても直して欲しいことは、話し合えばいい。何でもかんでも許せってことじゃない。

その上で、流せばいいようなことは流す。そういう一面もあるよね。そういうこともあるよね。あの人にもそういう気分のときはあるよね。そんな風に許して認めて受け入れる。だって部分的にマイナスな面があっても、全体としては大切な人。

あの人だって、あなたに対して同じように想ってるんです。ときにあなたにムカついてる。だけども、それを許して認めて受け入れてる。あなたに部分的なマイナス面があったとしても、全体としてはあなたが好きで、あなたを大切に想ってる。

お互いが寛容になり、認め合い、受け容れ合い、許し合える。だから縁が結ばれる。

それにね、起こる出来事のほとんどは他愛もないこと。あなたがムカついたとしても、それで人生が大きく変わるようなこともない。ムカつきエネルギーを金に替えることもできないし、電力にすることだってできないでしょう。

むしろ、他愛もないことに反応し、余計な一言言ってみたり、余計なことしたりしたせいで、せっかく結ばれたご縁を、ブッタ切るのに役立つくらいなもんですよ。

それが仮に、あなたにとってムカつく態度、気に入らない発言だったとしても、それはそのとき、たまたま、あの人のそういう一面が見えただけのこと。そりゃ人間だもの。すべてが完璧とはいかないでしょう。少しくらいの悪い要素もありますよ。

でもね、全体としては好き。一部ムカつくところがあったとしても、全体に影響与えるようなことでもない。ならいいじゃないですか。いちいち反応しないことですよ。

そもそも、それがどんなに大切な相手、大好きな相手であろうが、違う人間同士。合わないことの一つや二つはある。善意や悪意の価値観の違いもある。だからすれ違いだってあるでしょう。それも許して認めて受け入れる。人間関係はまずそこからでしょう。

<参考過去記事>
あの人とあなたの違いを認めると、信頼が深まる。想いを無理に押し付けると、溝が深まる。

誰だって、ちょっとした悪意めいたものが心にある。あの人にだってあるし、あなたにも僕もある。そういうものがまるでない人、そんな勝手な期待感を持ってるから、それが垣間見えたときにガックリする。過剰反応して、関係をブット切るようなことをする。

いいじゃないですか。良いも悪いもある。それもひっくるめて、全体としてその人のことを考えてみる。それで大切だと思えるならそれでいい。だからお互いが許し合い、認め合い、受け容れ合える人とのご縁が結ばれるってもんですよ(^。^)y-.。o○

<認めて受け入れる心のつくり方>

■傷つくことへの不安を手放して、愛を引き寄せる方法
↓ ↓

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。