小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

寂しさや孤独感を消す、簡単な方法。求めるだけの思いを手放せば、満たされた心を引き寄せる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 2月東京/3月大阪↑


特別セミナー
小川健次
↑ 3月大阪↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 福岡 04月 ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/02/19更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第16回

キャリア女子に多い「彼の本心がわからないから別れる」。そんな時、気を付けるべきたった一つのこと

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー

寂しさや孤独感を消す、簡単な方法。求めるだけの思いを手放せば、満たされた心を引き寄せる。

寂しさや孤独感は、どこからくるか

どんなに一人でいるのが好きな人でも、地球上で完全に一人になったら生きていけるかどうかは、はっきり言って無理でしょう。
小川健次Blog
だって一人になったら、言葉もいらない。何も考えることもない。生存欲求に従って、ただ食うだけ。そうなったら、もう人じゃない。

そこでそう開き直って、食うだけ、生きるだけに獣に成り切れるなら、それはそれでいい。でもやっぱりどこかで理性が残る。私一体何やってんの。そんな迷いが生じてくる。生きているのがバカバカしくなってきて、食うことさえ止めてしまうかもしれない。

人は一人では生きていけないんです。一人なら食うことくらいでしか満足感を得られない。何やったって誰も認めてくれないし。自分自身が誰かを認めることもない。自分以外に誰もいなければ、自分がどんなヤツであるかも興味がない。

自分以外の誰かがいれば、誰かに自分のことを評価して欲しいと思える。誰かに認めてもらいたいと思える。自分と自分以外の誰かを比較できる。だからそこで心が満たされたり、まだまだ頑張らにゃあかんなあ、というというモチベーションが沸いたりする。人が人でいられる。

多少の個人差があるとはいえ、誰もが根源的には孤独はイヤなんです。寂しさを味わいたくないんです。だから身近な誰かの存在が必要で、いくら僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージでも読んだからといって、リアルな人がいなければ、孤独感や寂しさからは逃れられない。

あなたも僕もあの人も、自分以外の他者との関係を感じることができないと、不安や心配に駆られるんです。自分が誰かとつながっている実感がないと、寂しくて孤独を感じるんです。心が落ち着かないんです。

日々いろいろな人に出会うし、職場では、多くの人と関わっている。友達だっていないわけじゃない。なのに孤独な気がする。寂しくて苦しい。どうも、今の自分の居場所が正しくないような気がするし、空気が合わない感じがしてならない。

もし、あなたが、そんなことを感じることがあるとすれば、それは、あなたが他人とのつながりを実感できていないとき。あなた自身の存在を、他人に認めてもらえていないような気がするときですよ。あなたの価値を、わかってもらえていないと思うときだったりするもんですよ。

別に人から嫌われてるわけじゃない。敵が多いわけでもない。それでもなぜかホッとできない落ち着かない。そりゃ認められてる実感がないからですよ

もちろん、普通のことをしたところで、そりゃ当たり前だから、誰もあらためて認めてくれることもないでしょう。認めてもらいたければ、その人の期待を上回るというのは大前提。そのあたり、どうすれば認められるかの個別具体的なことは、それぞれの事情によるので僕の個別セッションへどうぞ。

<参考関連リンク>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

一応言っておきますがね、あなたを認めてくれない周囲の人は悪くない。だってその人が誰を認めようが、それはその人の自由なんだもん。それを他人にとやかく言われる筋合いはない。

ならば、あなた自身がどういう思考と行動をするかでしょう。あなたが、彼らに受けいれ入れてもらい、認めてもらうような関わり方をしているか。見返りや執着を手放して、大切な人に対して、あなたができることを最大限やっているかどうか。

求めることへの執着は手放そう

これといった理由もなく寂しさを感じる。大勢と関わっているにも関わらず、孤独な気がする。あなたがそう思うときがあったなら、まずは周囲の人が、あなたにどう接するかを考える前に、あなた自身が周囲の人に、どう接しているかを、少しばかり見直してみるべきですよ。

そういうときってのは、あなたが求めてるだけのとき。期待して執着しているだけ。私を認めてほしい。私にかまってほしい。そんな期待を抱いて執着するばかり。

そりゃ何も返ってきやしませんよ。誰も相手にしないし華麗にスルーされるだけ。あなたに対して他意があるわけじゃない。そもそもあなたが、自分から何も発していない、何もしてない以上、誰も評価しようもなければ、認めようもないでしょ。無茶言うな。

まずは、あなたからボールを投げることですよ。ただずっと手元にボールを持ってても、誰も投げ返してはくれないんです。とにかく投げてみればいいじゃないですか。投げれば相手は受け取ってくれる。だから投げて返してくれるんです。

心の中で期待だけしてても何も起きない。まずはあなたから、大切人が笑顔で喜ぶことをする。大切な人を認めてあげる。そして力になる。それがなければ、人はあなたの存在に気付かない。気づいていても、あなたの存在の重要度は低いままで、そのうちいないことにされるだけ。

あなたがまず動くから、周囲の人はそのリアクションとして、あなたを認めてくれるんです。受け容れてくれるんです。

とはいえ、特別なことをしろってことじゃない。あなたの身近な人たちが喜ぶこと、笑顔になれることをすればいいだけ。ちょっと一声をかけてみる。電話一本入れてみる。LINEしてみる。仕事を手伝ってあげてみる。小さな気遣い、小さな思いやりでいいんです。

あなたが人にそうされることで、認められてる、受け入れられてる、そう感じることを、あなたも大切な人にしてあげればいいだけ。そんなあなたの思いをボールとして投げるから、それを受け取っった相手が、あなたにまたボールを投げ返してくれる。

なんだか寂しい。なんだか孤独。人には認められていないし、評価もされない。そんな思いに心が支配されそうになったなら、あなたがボールを投げているか考えてみればいい。投げずにボールを持っているだけなら、まずそれ投げましょうよ。

他人は自分の心の鏡。あなたのちょっとした気遣いが、あなたに返ってくるんです。それは些細な一言であろうとも。ボールを自分の手元に持ったまま、それ早く投げてよ。って言われても、とんちでしょそれ。禅問答じゃねーか。そういうことするから、面倒くさい女と思われる。

<参考関連記事>
面倒くさい女に、共通すること。素直に言葉と態度で示せば、愛される。

新しい人との出会いの場、知らない人ばかりの会合でも同じこと。周囲はあなたのことは知らない。だから認めようも受け容れようもないんです。だから、まずはあなたがボールを投げる。その人を気遣う、認める、受け入れる。そして声をかける。だからあなたも認められて受け入れられる。

寂しさや孤独を感じることがあったなら、まずはあなたが大切なあの人や、身近なあの人の喜ぶこと、笑顔になることを実践してみる。褒めるでも励ますでも労うでもいい。それだけで寂しさや孤独とはさよならして、満たされた心を手に入れられますから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、寂しさも孤独感も消えてなくなる
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。