小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人間関係のストレスを、軽くする方法。期待への執着を手放すと、良好なご縁を引き寄せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/06/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第32回

急増する「転職貧乏」女性にありがちな口癖から学ぶもの

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次


6月東京
小川健次


福岡/大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


人間関係のストレスを、軽くする方法。期待への執着を手放すと、良好なご縁を引き寄せる。

人間関係のストレスは、あなたの心が作り出している

よほど込み入った事情でもなければ、日常生活では、必ず自分以外の誰かと関わるもの。
小川健次Blog
直接か間接かに関わらず、それを望むか望まないかにも関わらず、僕たちは自分以外の誰かと関わらい限り、生きていくことはできない。

人は誰であれ、自分以外の他者との関わりを通じて、自分の立ち位置を把握する。誰かと自分を比較して、自分がその人より劣っているか、優れているか、その人との関係がどうか。そんな他者との比較があるから、自分の立ち位置がわかるというもの。

そういう意味でも、自分と他者との関係は良くも悪くもかかせない。あなたがあなたでいるために、他人の存在は必要なんです。そもそも、この世にあなた以外に人がいなけれりゃ言葉だって要らないでしょう。それこそ思考そのものが無用なんです。

だからこそ、人は自分以外の他者との関係、そのあり方について考える。そしてときに思い悩む。他人が、自分をどう見ているのかが気にかかる。

私はあの人に嫌われていないだろうか。好きでいてくれているだろうか。おかしい人だと思われていないだろうか。ちゃんと適正な評価をしてくれているだろうか。私が言ったことを変に思ってたり、間違った解釈をしていないだろうか。

でもね、実のとこと、あなたがそうやって気にするほど、あの人はあなたのことを気にしてない。あなたが何を言ったかなんて、あの人は覚えちゃいませんよ

あなただって、僕が昨日の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージで何言ったかなんて、もう覚えてないでしょ。

みんなそれどころじゃないんです。やることたくさんあるし、考えなきゃいけないこともある。自分のことで精一杯。あなたのことが好きとか嫌いとか、そんなこと考える余地がそもそもない。あなたが何をしていようが、何を言おうが、記憶のどっかに飛んで行ってる。

おまけに、あなたが他人に、どう思われてるか気になるように、他人もまた別の誰かに、どう思われてるか気にしてる。他人のことなんか後回し。みんな自分が一番。自分が大事。あなたのことを、あれこれ考えてるほど暇じゃない。そんな余裕もないんです。

あなたの日頃の行動や発言。その中で、あなた自身が言わなきゃよかった、やらなきゃよかった、なんて思うこともあるかもしれない。でもそれ、気にしているのはあなただけ。他の誰も、そんなこと気にしてない。っつーか、そもそも見てもいないし聞いてもいない。

そもそも、ちょっとくらいの何を言ったか、何をやったかなんかで、人間関係なんてそうそう崩れるもんじゃないですよ。それが本当に愛し合えている人同士の関係なら、なおさらのこと。

<参考関連記事>
本当に愛し合えているかを知るための、大切な基準。男女関係だからこそ、優先するべき感覚とは。

他人はあなたのことなんか気にしてない。あなたの言葉なんて聞いてない。みんな、それより自分のことのほうが大事なんです。あなたのことを、気にしていられるほど暇じゃない。

だからね、あなたが、他人の目を気にして何かをやらなくていい。他人にどう思われるかを気にして、発言しなくたっていいんです。だって他人は何とも思ってないんだもん。まるで気にしてない。記憶にさえ残してくれていませんから。

期待への執着を手放せば、ストレスのない付き合いができる。

ひょっとしてあの人は私のことムカついてるかもしれない。私のこと嫌ってるかもしれない。あの人は私のあの言葉を気にしているかもしれない。そんな不安を抱くだけ無駄ですよ。そんなことでストレス感じることそのものがエネルギーの浪費。

あなたが、そんなにストレスになり、苦しい想いをして悩んでいたとしても、他人はあなたのことなんか考えてない。今頃は、のんきにポケモンをGETするために、スマホ持って近所の公園をうろうろしに行ってるんです。

そりゃあね、あなたの行動や発言が、直接的に誰かの利害に結び付き、それが問題になることもあるでしょう。でもそういう場合はちゃんと表面上に現れる。そうなったら、それはそれでスルーしないで、適切な対処をすればいいだけ。

余計な不安や心配に心が支配されたり、期待に執着するから、ボヤさえなかったところに、自分でガソリン撒いて、自分で火をつけるようなことするんです。放っておけば誰も気にしないようなことを、あれこれ騒ぎ立てて火災を起こすことになるんです。

これやるとあの人に嫌われるかもしれない。これ言うと反感買うかもしれない。だからできない。だから言えない。あの人がー。この人がー。って、大丈夫ですよ。あの人もこの人も、別にあなたが何をしようが、何を言おうが興味ありませんから。

あなたはあなたの人生の主人公。でもね、他人から見れば、あなたはその人の人生の脇役なんです。誰でもが主人公であり脇役なんです。いや、脇役でさえないかもしれない。その他大勢の逃げ惑う人々の一人かもしれない。そんな人のことは気にしてない。

だから、あなたも気にしなくていい。あなたはあなたが思ったことをすればいい。言いたいことを言えばいい。仮にあの人があなたのことをどう思おうと、それで困ることもない。その人はその人の人生を生き、あなたはあなたの人生を生きるだけ。

社会常識やマナー、ときにはルール。そしてその場の空気。それらに応じて、他人の目は気にしなきゃいけないことはある。言わないほうがいいことだってある。それで他人に迷惑かけたり、他人を不快にさせたりするのが明らかなことは、やっちゃダメなのは当たり前。

でもそんなことは、わざわざ意識しなくたって、普通に誰もができている。気をつけている。でもね、誰に迷惑かけるわけでも、不快に思わせるわけでもないなら、気にしなくていいでしょう。誰だって自分に実害なきゃ気にしいし、見てもいない。そして聞いてもいない。

もちろん、他人はあなたが思っている以上に、あなたのことを細かく見ていることはある。あなたが思っている以上に、あなたの話しを細かく聞いていることだってある。そういう意味では、ときに慎重であることもそりゃ必要ですよ。

それだけじゃなく、ホントに困ったときに手を貸してくれる人だっている。あなたのことを見ていてくれる人、気にかけてくれて、話しを聞いてくれる人だっている。それはそれで大切にすればいいじゃないですか。要はバランスの問題。

<参考過去記事>
本当に困ってるときに、あなたを助けてくれる人を大切にしよう。困っているときだからこそ、本当に大切にすべき人を見極められる。

そんな気にしてもしょうがない、どうでもいいことにエネルギー使わなくていい。ちゃんと思いを伝えること、表現することのほうに力を注ぎなさいよ。そのほうが、ちゃんとあなたのことが相手に伝わる。思いが届く。だからストレスのない人間関係になれる。

気にしなくていいんです。言いたいことを言い、やりたいことがやればいい。どうせあなたの話しは聞いてないし、興味もない。と、このくらい開き直って、期待への執着を手放せば、結果的に本当にご縁ある人と結ばれるってもんですわな(^。^)y-.。o○

自分のことを、自然に表現できるメンタルを養うには
↓ ↓
新年限定の特別講座
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。