小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

失恋への不安を手放せば、大切な人とうまくいく。愛されることを求めるより、愛せる喜びに感謝しよう。

人気記事一覧



LINEアカウント変更のお知らせ

小川健次LINEアカウントは、以下のLINE@アカウントへと移動いたします。
以下のロゴをタップして新しく開設したLINE@アカウントへご登録ください。(旧アカウントでのお問い合わせ受付、タイムラインの更新は順次止めていきます)

失恋への不安を手放せば、大切な人とうまくいく。愛されることを求めるより、愛せる喜びに感謝しよう。

■守ることに必死になるから失う

せっかく苦労して手に入れたもの。それをみすみす失うようなことはしたくない。よっぽど不要なものなら別ですが、そうじゃなければ、手に入れた以上は守りたい。
小川健次Blog
失ってしまえば、もう二度と手に入らないかもしれない。これまで掛けた時間や労力が無駄になってしまうかもしれない。心にポッカリ穴が開いてしまうかもしれない。だから絶対失えない。

よほどの聖人君子は別にしても、人は本来ケチで欲張りなものですよ。だからとにかく抱え込みたい。守っていたい。自分のものにしていたい。

お金やモノ、物質的なものはもちろんのこと、それが形のないものでも同じこと。例えば、誰かから注がれる愛。誰かから認められたり、褒められたり。それによってあなたの心が満たされる、精神的な何か。心の平穏が得られる、誰かからの思い。あ、あと小川健次メールマガジン

最初っから無いものだったら、まだいいんでしょうが、手に入れてしまったとき、それを失いたくない思いが、沸々と心の奥から生まれてくる。あの人のことを失いたくない。あの人からの愛を、あの人から想いを、失うことだけは絶対あってはならない。そんな衝動に心をかき乱される。

やがてそれがエスカレートし出すと、思考は失うことへの不安に満たされる。いかにしてその関係を保つか、あの人が離れていかないようにするか。そんなことばかり考え。執着する。

すると、その人の愛をつなぎとめることにのみ心奪われ、論理的な思考も停止。視界も急激に狭くなる。卑屈になって相手に媚びるような態度になったり、あなたとあの人の関係を、揺るがす可能性のある人に対し、無差別に攻撃的になったりする。

嫉妬や猜疑に心は満たされ、心が穏やかでいられることがなくなる。究極は、大切な人を傷つけることさえ厭わなかったり、あなた自身が積み上げたものを、ブチ壊しにすることさえ、やってのけるようになる。

やがて、相手はドン引き。出逢った頃、付き合いはじめた頃は、そんな人だと思わなかった。一緒にいても重いし苦しい。悪いけどここで終わりにしようよ。さようなら。そんな宣告をある日突然突き付けられる。直接言われればまだマシで、気づいたときには他の女の家に行ったまま、永遠に帰ってこなくなることもある。

モノならまだしも、人の気持ちは変わるもの。あなたが、どれだけ尽くそうが、どれだけ守ろうが、他人の想いを未来永劫、縛りつけることなんてできないでしょ。なのに、失うことへの不安を抱いたところで、誰も得なんかしませんよ。

<参考過去記事>
それにね、これまでのことを思い出してみればいいんです。あなたが、大きな失敗をするときってのは、多くの場合、失うことを恐れているとき。不安に心が支配されて、視界が狭くなっているときでしょ。

僕たちが使える心のエネルギーには限りがある。それを、失うことへの不安にばかり注いでいれば、思考そのものがネガティブになる。イメージも悪くなる。だからロクでもない言動をし始める。そしてホントに失うことになる。大切な人に、理由も聞かされぬまま、LINEブロックされて、電話も着信拒否されるようになるんです。

■愛せるから愛される

大切な人から愛される。認められる。それは誰だって失いたくないと思うものですよ。それを守るために、必死になる気持ちも、ときに焦燥感に心が満たされることもわかる。

でもね、それも程度問題でしょう。それにね、あなたが得ているのは愛される喜びだけじゃないはず。あなたには、その人を愛することのできる喜びがあるじゃないですか。ならば、エネルギーの向けどころは、失うことへの不安ではなく、どうすれば、あなたはもっと愛を注げるか。あなた自身の愛を大きくすることでしょう。

だから失う不安はあまり考えない。そもそも期待しない。執着をしない。どうせあの人の心のすべては支配できない。あなたは、あなたができることしかできないんです。

縁があれば結ばれるし、縁がなければ結ばれない、それだけのことですよ。あなたが必死になろうが、あなたが焦ろうが不安になろうが、人と人との関係なんて、どこでどうなるかわからない。なのに一人で不安を抱えて、メールの返事がないだの、電話の回数が少ないだのと、落ち込んでても意味がない。

そう開き直ってしまえば、卑屈にならずに、対等の立ち位置で、お互いをリスペクトし合える、理想のパートナーとしての関係になれる。つまらない小手先の駆け引きもいらない、素直な心で、信じあい委ね合いつつも、適度な緊張感を保った関係になれる。

あなたがすべきは、期待したり執着したりすることじゃないんです。見返りを期待せず、大切なあの人のために、あなたが何をできるかを考え、それを実践することですよ。

これまでにだって、あなたがあの人のために力を注いだときってのは、心満たされていたでしょ。これといった期待なんかしてなかったのに、その人のために何かができること、それ自体で心満たされていたでしょ。

愛されているその状況に甘んじるから、失うことへの不安が募るんです。それよりも、あなたが愛せる喜び、その喜びを与えてくれる、あの人に感謝。だからもっと愛を注ぎたくなる。不要な不安も恐れも消えてなくなる。

<参考過去記事>
大丈夫ですよ。ダメになるときは、あなたがどんなに必死になろうが、ダメだから。ならば、そんなことに力を注がなくていいじゃないですか。不安に思わなくていいですよ。どんなときでも、あなたが愛せることだけに力を注げばいい。そうすりゃ結果的にうまくいくもんです。

それにね、もしそれでダメになっても、人を愛する喜びの感情をもとに、人に接っすることのできるあなたは、誰も放っておかないですよ。すぐにもっと価値ある大切なパートナーとめぐり合える。ご縁を引き寄せる。これホント(^。^)y-.。o○

■さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
小川健次メールマガジン
↑↑ <無料>小川健次メールマガジン配信中 ↑↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。
予約購入割引実施中!
小川健次セミナー
【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方
↑期間限定キャンペーン↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。