小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着は早く手放すほど、心を楽にできる。今大切でないものを捨てれば、身も心も軽くなる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 福岡/東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次セミナー
小川健次


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/12/18更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第7回

本当に結婚だけが大事?エリート夫に仕事も自身も奪われた女性のDV・モラハラ脱出の道

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

執着は早く手放すほど、心を楽にできる。今大切でないものを捨てれば、身も心も軽くなる。

大切でないものへの執着は手放そう

あなたが、歩みを前に進む上で、一番の障害となるのは、言うまでもなく過去の自分。そして、今のあなたが、手放せないと思って執着しているもの。
小川健次Blog
それを手放すことが、あなたのアイデンティティを揺るがすようなもの、あなたの生死に関わるようなものであれば、確かに手放すことは難しい。持っていなきゃいけないのかもしれない。

でも実際のところ、あなたが執着していることで、それほど重要で生き死にに関わるほどのコトって、どのくらいあるんでしょうかねえ。

あなたにとって、ホントに手放してはいけないものといえば、僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージくらいなもんでしょう。え? 一番最初に手放せる? むしろ、とっとと手放したい?

いやまあ、いずれにしても、人は誰であれ、自分で思っているほど、自分が抱えているもの、自分が執着していることって、実のところ大した価値のないものがほとんどですよ。

これまでの、私のやり方を変えると周囲の人から信用がー。評判がー。って、そんなにやってきたことに信用あるのかどうか。そんなに評判いいのかどうか。そもそもあなたがやってきたことの内容を、皆が知っているんでしょうか。

これを譲ると私のプライドがー。これを手放すとあの人との関係がー。ってそのプライドが、何か新しいものを生み出せるんですか。そもそもあの人との関係だって、とっくの昔に終わってるでしょ。それを抱えこんでで、何か実益があるんですか。

誰にだって大切なものはある。守らなきゃいけない、絶対に何があっても譲れないものはある。それはそれでいいんです。

でもね、でホントのホント、本っっっっ当に大切だし守らなきゃいけない、何が何でも譲れないこと。生き死にに関わることって、あなたがそうやって抱え込み、そうやって執着しているうちの、どのくらいあるんでしょう。

他人からの評判や、その場だけのプライド。すぐに上書きされて消えてなくなる記憶。無くしたところですぐに取り返せる物質的な価値、いずれ腐って意味をなさなくなる過去の成功体験。あなたとの関係を断って、どっかに去って行ったあの野郎。

そこに意味がない、そう思うのであれば手放してしまえばいい。手放せば余計なストレスがなくなる。手放せば、目先のことに右往左往しなくなる。それでも手放せないなら、僕の個別セッションにでもきなさいよ。

<参考関連リンク>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

いや、でもいいんです。他人から見れば、無意味そうに見えることでも、そこに私の人生の価値がある。そういうことに執着して、それを抱いたまま墓場に行きたい。それが信念ならそれでいい。素晴らしいじゃないですか。価値観なんて人それぞれ。人生いろいろ価値観もいろいろ。

その一方で、そこに価値観を見出しているわけでもない。よくよく考えてみれば必死になって守る意味もない。そう思うのなら、それに執着して自分を縛りつける意味はないでしょ。

早く手放すほどに、心は楽になる

前に進めない、必死にやってるのに、結果が出る気がしない。そんなときってのは、どうでもいいことにこだわってるからですよ。よくよく見てみれば、実は大した価値さえ見いだせないものを、手放さずに執着しているからなんです。

どうでもいい人間関係や、無責任で口出すだすだけの、周りの人の意見。他の女の元へ走って、もう戻ってこないあのクズ男。貸した金を返さないあの野郎。今考えたところで、どうにもならない、あんなことやこんなこと。

少し冷静になって、あなたと、あなたが置かれた環境を、客観的によく見てみなさいよ。それ気にしたって、そこにこだわたって、まったく意味のないこと、まるで何も生み出さないのに、なぜだか執着していることって、結構あるでしょ。

んなもんは、とっとと手放せ。山の向こうに投げ捨てろ。東京湾に沈めてしまえ。

そして、違うことに目を向けてみればいいんです。今までのあなたの世界から、一歩違う世界に足を踏み出してみればいいんです。手放して失うものより、手放して得られるもののほうが多いから。何よりその価値の大きさは計り知れない。

仮に、手放して何も得られなかったとしても、余計な不安やストレスからは解放される。別に、好き好んで不安やストレスの種を抱える必要もないでしょ。それ捨て去るだけで、今夜の酒はいつもの3倍うまくなる。これ俺が言うんだから間違いない。

どうせ手放すなら、早いうちに。その手の執着ってのは、あのじじーの妖怪と同じ。一度抱えてしまうと、なぜだかどんどん重くなる。やがて手放せなくなり、気づいたときには圧死確定

小川健次Blog
恋愛であれ、仕事であれ、あなたにとって、何かが障害になって、なかなか前進できないとき。その原因のほとんどは、あなたが心に抱えた執着なんです。そしてそのほとんどは、実のところ手放していいことばかり。

なぜか、ストレスや不安に、心が支配されてしまう。苦しくて自然に涙が出てきてしまう。その原因のほとんども、あなたが心に抱えた執着ですよ。大丈夫。それ全部、チーンしてポイっとしていいことばかりだから。

ちょっと落ち着いて、自分で自分に問いかけてみるんです。あなたの心にブレーキをかけてるのは、あなた自身。ならばブレーキを外すことができるのも、あなた自身ですよ。

<参考関連記事>
心のブレーキを外すために、自分へ問いかける5つの質問。

何が何でも守り切らなきゃいけないものは、そりゃ誰だって放っておいても守るんです。それはそれでいい。でもそうじゃないなら、手放していい。もっと身軽になっていい。もっと楽になっていいんです。

どうせ抱えていても役に立たない。それどころか重しにしかならない。なら手放していい。それにね、結局のところ、そういう不要なものへの執着を、手放す勇気を持てる人だけが、さらに前へと進むことができるということなのでしょうな(^。^)y-.。o○

自分自身の心と徹底的に向き合えば、答えが見つかる
↓ ↓
執着を手放すためのロングタイムセッション
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。