小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼との関係が、些細なことで悪化する原因。長続きさせたいなら、大切にすべきこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼との関係が、些細なことで悪化する原因。長続きさせたいなら、大切にすべきこと。

彼との関係が、些細なことで悪化する原因。

ホントに純真無垢な真っ白な心を持った人など、赤ん坊と、あのイケメン眉毛ボーイを除けば、現実の世の中にはいないもの。
小川健次Blog
よこしまな心までは言わないまでも、誰にだって多かれ少なかれ、ブラックでモヤモヤな心ってのは持っている。そして、彼との関係が悪化する原因は、そのブラックなモヤモヤ。

もちろん、完全なダークサイドにまでは堕ちていなくても、ちょっとした悪意、ちょっとした自分本位な考えは、あなたにも彼にもある。上っ面の綺麗事は抜きにして、心の奥底で蠢く黒い塊のようなものはある。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画でも、意図せずそういう顔が出ることもある。

とはいえ、基本的にこの世は善意に満ちている。表だっての悪人、生まれついての腐れ外道はいない。それはそれでいい。それは前提で当たり前。その上で、あえて言っておくが、人間には善意がある一方で悪意もある。

善悪の区分けや価値観なんてもんは、それこそ時代背景によって変わるもの。だからその定義については、この際どうでもいい。ここで言ってるのは、僕たちが日常的に感じる善意や悪意についての話し。

そしてその善意や悪意というものは、ときに当人が意識していなくとも、あなたと彼との関係の中で、ひょっこり顔を出したり顔を隠したりする

だから、ある場面やある状況で、彼からあなたに悪意ある言動を向けられたとしても、それは発するその人の一面を現しているにすぎないということ。悪意が見えたとしても、イコール彼が根っからの悪人かといえばそうじゃない。





驚くほど感じ悪かったり、何の脈絡もなく攻撃的な態度を取られることだってあるかもしれない。でもそれは、彼のパーソナリティの全てを反映していない。ごく一面がたまたま表に出ていて、それをたまたま見たに過ぎない

だって違う状況、違うタイミング、違う関係であれば、彼があなたに向けたのは、悪意ある態度ではなく、笑顔と幸福に満ちた善意ある態度だったかもしれないでしょ。

人は悪意より善意が上回る。他人を不幸や不快にして、気分のいい人なんかいないんです。見えていない善意の部分を総合してみれば、その場はムカつくあの人も、ホントはいい人。優しい人格者。

ならば、その場そのときその瞬間に向けられた悪意に、いちいち反応するのはバカバカしいだけ。そんなことで関係が悪化しても得るもない。だってたまたまそういう一面が見えただけ。別に彼が悪人だというわけじゃない。

あなたに対する態度が冷たかったとしても、あなたを愛していないワケじゃない。だから焦らなくていい。ジタバタしなくてもいい。ちゃんとご縁があれば結ばれる。

<参考関連記事>
ご縁があれば、大切な人と結ばれる。焦らない心が、出会いを引き寄せる。

流せばいい。スルーすればいい。あ、今はたまたまそういう顔が出てしまっているのね。そう思えばいいだけ。落ち着いて間を取る。そしてその悪意の顔が消えたときに接すればいいだけ。無駄にお互い疲れることはしない。

反応するということは、こちらも悪意で返すということ。些細なことでも、悪意と悪意が重なれば、それが増幅して益々収集つかなくなる。挙句の果てにはお互いが抜き差しならない状況に追い込まれ、最後は関係決裂。お互い涙でお互い後悔。

長続きさせたいなら、大切にすべきこと。

悪意を向けられても、我慢をしろってことじゃない。我慢をすれば相手も増長するだけ。流してその場は相手にしないだけ。彼をリスペクトする態度、愛する気持ちは変えないこと。彼の善意を信じて尊重する。

彼だって、あなたを嫌っているワケでも、あなたを愛していないワケでもない。だから、後になれば、その場で自分を押さえられず、あなたに悪意を向けてしまった自分を反省する。今はあなたがスルーしとけば、関係も悪化せずに、丸くおさまる。

たまたまその状況や環境、そしてタイミングによって、彼の悪意ある一面が表層化しただけ。つまり、その一時をもって彼が悪人であるとか、あなたを愛していないとは断言できない。むしろそうじゃないことのほうが多いもの。

彼を信じて尊重する。だから今は華麗にスルー。まあそういうこともあるよね。だからそうじゃないときに関わろう。またそうじゃないときお会いしましょう。そうしておけばお互い傷つかないし、余計なストレスも生まれない。

いや、もちろんとんでもない暴言や暴力。絶対許すべきでないことならば、100倍返しでいい。徹底的に潰してやればいい。でも彼はそんなクズではないでしょ。あなたが大切に思う彼は、そこまでご腐れ外道でもないでしょ。

そしてそれは、あなた自身に対しても同じこと。





あなたも状況環境によっては、他人に対して悪意や敵意を抱いてしまうことはある。彼が嫌いなワケでもない。ちょっと虫のいどころが悪いだけ。大した理由もなく、あなたの心の奥底の、黒い塊がモゾモゾいいだすことがある。

そういうときに、発する余計な一言、余計なLINEが関係をおかしくする。だから、そういうときは何もしない。何も言わない。黒い塊がモゾモゾ言い出したら、放っておいて黙って酒飲んで寝る。そのうち勝手に収まるから。

あなたも含めて、誰の心にもある悪意を認めておくこと。それを無いことにして、彼に理想通りでいることを強要したり、あなたも清廉潔白のいい子ちゃんでいようとするから、些細なことに過剰反応して話しをややこしくする。

最初から、誰にでもそういう心がある、良し悪しではなくそういうもの。そんな前提で考えておけば、自分や他人の悪意に直面したときにジタバタせずに、冷静に対処することができる。落ち着いてスルーできる。関係を長続きさせられる。

普段の人間関係も、イライラすることはなくなっていく。状況や環境、そして相手を見極めて落ち着いたコミュニケーションができれば、大切な人ともうまくやれる。

<参考関連記事>
人間関係で、イライラしなくなる方法。大切な人と、うまくやるためには。

なぜだか、彼との関係が、いつも些細なことで悪化する。その原因の多くは、見ておくべきことを見ておかないから。お互いの心の奥底に隠れている、悪意も含めたすべてを認めた上で、付き合えていないから。

誰の心にも善意もあれば悪意もある。あなたに対して優しい彼もいれば、ちょっとおかしな彼もいる。でもそれでいい。お互いが良いも悪いも含めた全てを、受け入れ合うからこそ、その関係は長続きするってもんですわな(^。^)y-.。o○

期待と執着を手放すための、個別セッション
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。