小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

LINEの文章には意味がないから、気にしないで大丈夫。あの人の考えは、LINEからは読み解けない。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 話し方の原理原則 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 2時間の基礎講座 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

LINEの文章には意味がないから、気にしないで大丈夫。あの人の考えは、LINEからは読み解けない。

日常のやりとに深い意味はない

あの人は気分でものを言う。いや、もちろん気分で言っちゃいけないこともあるし、そういう場面もあるにはある。
小川健次Blog
いや、でもね、実生活で、いちいち熟慮の末に発言しようものなら、会話なんか成り立たないし、それ以前に生活に支障をきたすでしょう。

すべてとは言いませんけどね、言葉というのは、あくまでも用件の伝達であり、その場その瞬間での感情の発露としての意味でしかないんです。要するに、多くの場合、発せられた言葉には、実のところ大した意味など含まれていないということ。

たとえば、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージも、そんなに深く考えてない。いろいろ僕の意図を想像する人もいますが、ぶっちゃけそこは何も考えてない。言葉のとおりでそれ以上もそれ以下もない。

べつに、あなたの心が、明るくなるような言葉を発する人もいれば、あなたの心が、暗くなるような言葉を発するる人もいる。でもそれは特別に何か意図を持って言ってるわけじゃない。そこで発せられた言葉以上に意味はなく、それをあなたどう受け取るかなんてことまで、別に深くは考えちゃいない

たまたま、あなたの身近な人から送られてきた、LINEやメールの文章読んで、この人私に何か悪意があるんじゃなかろうか。何かこの文章に意味があるんじゃなかろうか。ついそういうふうに、考えてしまうこともあるかもしれない。

いいですか。その人は別に何も考えてないんです。たまたま書いた文章、発した言葉が、あなたにとって意味ありげに見えただけ。字面以上の意味はそこにはないから。

なので反応しなくていんです。いちいち深読みしなくて全然OK。その人は思ってことを、そのままLINEに書いただけ。用件伝えただけ。それに、いちいちに反応しても疲れるだけでしょ。

言葉どおり。字面どおりに理解すればいいんです。誰だって、そんな日常のやりとりに、暗号なんか仕込んじゃいませんよ。あなた達は別にどっかの工作員じゃないでしょ。解読もクソもないんです。言葉のとおりだし、字面以上の意味なんてないんだから。

もちろん、その前後の関係性で、察しなきゃいけないこともあるかもしれない。でも、そういうときってのは、いちいちLINEを深読みしなくても、おおよそのお互いの関係性でわかるじゃないですか。

あなただって、人にLINEやメールを送るときに、その一言一言に暗号めいた意味など込めないでしょ。いちいち深い意味を込めて発話だってしないでしょ。用件以上の意味なんてほとんどない。あなたがそうであるように、あの人だってそうなんです。

にも関わらず、いちいちそこに書いてある一言だの、スタンプの種別だのを深読みして一喜一憂。いい加減相手だって面倒くさいから、返事すんのもやめたくなる。そしてホントにLINEの返事がこなくなる。

<参考過去記事>
LINEの返事がこないのには、理由がある。大切な人と結ばれるために、忘れてはいけないこと。

まずはそれは言葉でしかないこと。言葉て伝えようと思うことを、伝えているだけにしかすぎないことを、思い出しなさいよ。

それは暗号じゃないんです。深い意味はないんです。普通の言葉のやりとり。メッセージのキャッチボール。それだけでのことで、それ以上もそれ以下でもない。なのに深読みするから、話がややこしくなるんです。

LINEの一言で本心はわからない

もっと言ってしまえばね、誰が何を言うか、どんなメッセージを書くかなんてのも、実のところあまり関係がない。その発言をあなたがどう受け止めるか。あなたの心次第ってものでしょう。

否定的なことを言われているのではなく、否定的なことを言われていると、認め受け容れてる自分の心があるだけなんです。意味がないものを、意味があると解釈して、右往左往してしまうあなたの心があるだけですよ。

そこに意味などないのだから。そこにあるのは、そこに書いてある言葉だけ。まずそれを受け容れろ。

それにね、ホントに何かそこに意味を込めていて、それを読み解け、なんていう面倒くさい相手なら、あなたからお別れしたほうがいいよ。マジで。そんなのウザいし面倒くさい。そんなまわりくどい付き合い方しかできない人なら、今後の付き合いも大変ですよ。

そうでもないなら、繰り返し言うように、言葉以上の意味はないんです、意味があると思っているあなたの心がウザいだけ。

それこそ、よっぽど気になることがあるならば、そこであれこれ深読みしてないで、本人に聞けばいいだけ。占い師に聞くより、本人に聞いたほうが話は早い。

結局のところ、あの人が心の底から、あの人を信じていないってことでしょう。だから、LINEの文章一つ、発した言葉の一つで右往左往する。不安や心配があっても、それを直接聞けない。聞いてガックリするのがイヤ。失うのがイヤ。そんな執着心にとらわれているからでしょ。

あの人の言葉のほとんどには字面以上、言葉の意味などない。あなたの心の不安と執着心が、そこに意味があると思わせているだけ。

いいんです。そこに意味があろうとなかろうと、ダメな関係はどうでダメ。だから不安に思わなくていいし執着もしなくていい。少なくとも、今大切な人ならば、信じて委ねて手放してしまえばいい。そうすりゃ、そんな意味ないことに右往左往しなくなるから。

<参考過去記事>
彼の考えがわからないとしても、問題がない理由。信じて委ねて手放せば、彼から愛される。

あの人の言葉に迷うことがあったなら、まずはあの人の意図がどうこうよりも、その人が何を言うかよりも、あなた自身の心を見返してみることですよ。彼を信じているだろうか。失う不安に心を支配されて、執着していないだろうか、と。

そもそも他人の本心なんて、LINEの一言や、たまたま発した言葉の言葉尻程度で、わかるわけないんだし。んなことで、モヤモヤするだけ無駄ですよ。だったら信じて委ねて手放してしまえばいい。すると、心も軽くなり、結果的にあの人との心の距離が、ググッと近づくってもんですよ(^。^)y-.。o○

執着を手放せば、あの人との関係はうまくいく
↓ ↓
札幌・東京・大阪
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。