小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷つくほどに、美しくて愛される人になる理由。痛みに耐えると、ご縁が結ばれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

傷つくほどに、美しくて愛される人になる理由。痛みに耐えると、ご縁が結ばれる。

傷つくほどに美しくなり、愛される人になる。

どんなに慎重に、相手のことを気遣って接していようとも、些細なことから、すれ違いや誤解が生まれることがある。結果、大切な人との関係がダメになることもある。
小川健次Blog
別に望んでそしようと思ったわけでもない。誰が悪いわけでもない。ご縁がなかっただけ。それでも、失えば傷つく。別れれば心は苦しくなる。

でもね、どれだけ苦しかったとしても、傷つくというのは、あなたの人生の中での一つの経験でしかない。傷ついたその瞬間に人生が終わるわけでもない。あくまでも、すべては、あなたの未来の幸福ための、プロセスの一つでしかない。

僕が毎朝配信で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、出会いも別れも、すべてのご縁には意味がある。

とはいえ、傷ついたその場そのとき、その瞬間はたまらない。なんで、こんな理不尽な目に遭わなきゃいけないの。なんで、こんなに苦しくならなきゃいけないの。あなたがそう思うのはフツ―のこと。そりゃ傷ついたら痛いもん。苦しいもん。僕でさえそう思う。

誰だって痛いのはイヤですよ。そりゃ僕もイヤだし。だから傷つかないように、自分を守ろうとする。失って苦しくなるのは嫌だから、執着を手放すことができなくなる。それは皆同じ。でもね、それも程度の問題ですよ。





傷つきたくない! 痛い思いしたくない! そんな恐れと不安に心を支配されてしまえば、あなたは、ますます執着を手放せなくなる。過去の自分に囚われたままになる。ましてや、目の前の人に、言いたいことも言えず、結果的にもっと大きな傷を負う。

ただただ傷つかないこと、痛い思いをしないことが目的化するから、誰と関わるときも、小手先と上っ面だけのコミュニケーションになる。

どうすれば自分が傷つかないで、あの人に私の想いを受け入れてもらえるか。どうすれば痛い思いをせずに、恥ずかしい思いをすることもなく、あの人と心の距離を近づけるか。そんなことばかり考えて、おかしな恋愛本をたくさん読んで、ますますこじらせる。

要するに、全部あなたを守ること優先。あなたが傷つきたくない。痛い思いをしたくない。目の前の人や、大切な人の都合や思いはまるで考えてない。自分は傷つきたくないけど、他人は別に傷ついてもいい。そういう自己本位な心と態度。

そんなヤツの話しを誰が聞いてくれるのかってことですよ。そんな自分だけを優先する人と、ご縁が結ばれたい人なんていないでしょ。いや、むしろブッタ切りたいとさ思われる。だから、サヨナラされて、結果的にもっと大きな傷を負う。

傷つくことを恐れる人が、なぜ人に避けられ、ご縁を引き寄せないのか。そして、傷を負う人がなぜ美しくて愛されるのか、それについては、以下のYouTube動画『失恋して傷つくほどに、美しくなれるのには理由がある。磨かれるほどに、光り輝くのにも理由がある。』の中でも解説しているので参照のこと。

傷つくのがイヤだから、なんとかうまくやろうと、小手先でどうこうしようとしている限りは、ご縁を引き寄せることもない。いや、むしろすでに結ばれていたご縁でさえ、ブチっと切られて猛ダッシュで逃げていく。そうして結局、想定外のボロ雑巾の出来上がり。

あのね、何やったって傷つくことはある。痛い思いはするんです。どうせ傷つく、どうせ痛い思いもするんです。ならば、小手先でどうにかしようとしてないで、ドーンと、素のあなたの思いを、あの人に出せばいい。思い切り愛を注げばいい。

痛みを乗り越えるから、ご縁が結ばれる。

傷つくは嫌だし、痛いのも嫌。それはそれでいい。でもね、それを恐れるばかりの自己保身に走ったところで、得られるものは、大切なあの人からの冷ややかな視線くらいですよ。

結局あなたがホントに何をしたいのか、何を伝えたいのか。そんなことがわからないし、伝わってこない。上っ面の駆け引きや計算でのやりとりで、ただ自分優位にコトを進行することばかり考えてる人のことを、誰も信用したいと思わないし、だいいち面白味を感じない。

もちろん、ときに駆け引きや計算、そして妥協、場合によっては演技だって必要な場合だってある。それにしたって程度の問題。

あなた自身が、求めていること、望んでいること、伝えたいこと、それらをそのまま言葉や態度に出せば、その結果として傷つくこともある。全力でありったけの愛を注いだとしても、裏切られ、悔しくて涙に濡れることだってある。

でもね、だからといって、思いを言葉や態度に出さなかったり、愛を示すことをしないで、なんとかうまくやろうとしても、うまくなんかいかないでしょ。

だったら、傷つきたくないとか、痛い思いをしたくないとか、そんな自分を守ることへの執着はとっとと手放して、素直な自分になってみる。駆け引きも小手先テクニックも、山の向こうに投げ捨てろ。伝えたい想いを届けてみる。精一杯愛してみる。





その結果、ホントに傷つくこともある。裏切られて痛い思いをすることもある。恥ずかしい思いをすることだって、あるかもしれない。でもどうせ、何やったって傷つくときは傷つくし、痛いときは痛いから、同じことですよ。

それにね、傷つくことを避けてばかりいると、傷つくこと、痛いことへの耐性がどんどん下がる。だからちょっとの痛みで凹んで立ち直れなくなるんです。些細なことでピーピー泣きわめく。周囲もドン引き。ご縁も裸足で逃げだす始末。

そして、ますます臆病になる。そしてまた傷ついてしばらく動けない。そんな悪循環の堂々巡り。歳だけ重ねている割に、いつまでも同じような恋愛の失敗を繰り返し、まったく成長できない自分に自己嫌悪。

一方で、自分から主体的に、素直な想いに従った結果であれば、傷を負っても治癒は早い。だって最初っからそういう覚悟もできてるし。すぐ切り替えられる。それにね、出発点が常に自分だから、不意打ち食らうことだってないんです。

そして傷を負うから、痛みがわかり、人に優しくなれる。経験が器を大きくし、魅力を高める。傷への耐性も高く、小さなことで右往左往しなくなる。磨かれた美しさが手に入る。

傷つくことを恐れず、愛している思いをそのまま、言葉や態度で示せばいい。大切な人との別れになっても、痛みを受け入れて、執着を手放せばいい。

<参考関連記事>
愛しているなら、執着を手放すことができる。愛する人だから、見返りを期待しなくなる。

傷つくほどに、磨かれて美しくなる。だから大切な人からだけでなく、多くの人に愛される。傷つくことや、痛みを恐れなくていい。自分を守ることへの執着を手放して、大切な人に愛を注げばいい。その結果傷ついても、それはしゃあない。そんなもん。

痛みがあっても、それを乗り越えれば耐性も上がる。だから、小さなことに右往左往しなくなる。落ち着いて、どうでもいいことへの執着を手放すこともできる。結果的に、本当に価値あるご縁を引き寄せることになるってことですわ(^。^)y-.。o○

傷ついた心から立ち直り、強い心を養う個別セッション
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。