小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心を共鳴させて、愛を深める方法。心の振動が一致すると、大切な人と結ばれる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

心を共鳴させて、愛を深める方法。心の振動が一致すると、大切な人と結ばれる。

心の振動が一致すると、大切な人と結ばれる。

あなたが彼を大切に思っていようが、どれだけ愛していようが、あなたと彼とのお互いの心の振動が共鳴しない限り、心と心が結びつくことはない。
小川健次Blog
心と心を結びつけるために、言葉にすること、口に出すことは大前提。それが無ければ何もはじまらない。とはいえ、言葉にさえすれば、口にさえすれば、心の振動が共鳴するかといえば、そんなこともない。

お互いがどれだけ言葉を尽くしても、それだけじゃ思いが伝わらないことはある。いくら言ったところで、まるで心と心が結びつかないことはある。

僕が毎朝無料配信中の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、あれだけいろいろ言ってても、読む人聞く人に、まるで意図が伝わってないことなんて、普通によくある。

言葉は線でしかない。線の上に、優先順位の高い単語を、適切な順序で並べることによって、相手に情報を伝達する。聞く側は、線の上に並べられた単語を追っかけながら、その線全体が何を意味するのかを理解する。

しかし、目の前には横線しか見えていなくても、実際には、見えない縦線も引かれていることがある。横線だけには収まり切らないものを、見えないかもしれない、聞こえないかもしれないけれど、縦線引いて伝えようとしていることがある。





その縦線が、いわゆる言語外の何か。その言葉にどんな想いがあるのか。今はどんな感情でこういう言い回しをするのか。なぜこの言葉を選ぶのか。目には見えない耳には聞こえない何かを、横線と同時に縦線として引いている

もちろん、人の多くは横線を優先的に理解する。縦線まで含めた、発話者の思いのすべてを、言葉だけで読み解くことはできない。言葉だけでは、他人の心のすべてを見通すことなんかできやしない。

だとしても、理解しようとすることはできる。すべてを見通すことができなくても、その人が何を伝えようとしているのかを、わかろうとすること、汲み取ろうとすることはできる。完全じゃなくても、相手の思いを感じようとすることはできるはず。

その言葉を発する人への小さな小さな心遣いが、いわゆる「思いやり」。その人が何を言ったのかという、言葉の額面だけで受け取るのではなく、言葉以外の何か、縦線に込められた想いを読みとこうとする心遣い。

思いやりを持って相手の心に寄り添いながら、言葉に耳を傾けてみれば、例え全てじゃくとても、相手の気持ちがわかる。その想いを汲み取ることができる。そうして汲み取ろうとするあなたの心の動きが、彼の心の振動と共鳴する。

そうして成立した関係は、必然的に長続きする。お互いが冷めることなく、ご縁が続く限りは、お互い愛し合うことができる。

<参考関連記事>
男から飽きられないで、長く愛される女の6つの特徴。恋愛感情が冷めない男性心理。

そもそも彼の想いを汲み取ろうとすることなんて、それほど大変なことでもエネルギーかかることでもない。ちょっと相手の立場になって考えてみればいいだけのこと。ちょっと冷静になって、その人の心に寄り添ってあげればいいだけ。

その当たり前の些細なことを、ついサボってしまう。言葉を額面通りにのみ受け取ったり、勝手におかしな妄想を膨らませて暴走するから、気づいたときにはお互いの間の溝は、マリアナ海溝級の深さになる

心を共鳴させて、愛を深める方法。

相手が誰であれ、人との円滑なコミュニケーションにおける、重要な事柄は相手の話しを聞くこと。しかし、聞けばいいかっていうとそんなワケはない。

言葉には額面通りの意味しかない。聞くこと自体はどうってことない

必要なことは、相手の心に寄り添うこと。その人の想い汲み取ろうとすること。彼の心の振動と、あなたの心の振動を共鳴させずに、たた聞いてるだけでは、心の距離が近づくことはない。

言葉を聞くのは当たり前。でもそれは聴覚で感じるということじゃない。心で振動を感じようとすること。横線と同時に縦線を読み解こうとすること。相手を思いやり、心に寄り添って、相手の心境を理解しようとすること

彼の言葉に込められた想いを汲み取ろうとする、あなたの心の動きがあったとき、はじめて彼との関係の歯車が、カチッと音をたてて回りはじめる。





そんな難しいことでも、大それたことでもない。ちょっと一呼吸置いて想像力を働かせればいいだけのこと。いちいち相手の一言一言に反応しないで、その一言一言の横線とともに引かれていく、縦線に想いを馳せればいい。

だから相手はあなたに心を開くことができる。安心して言葉を紡げる。そしてその安心感があなたとの愛と信頼関係の礎になる。

それによって彼への理解も深められる。彼への興味も湧く。だからますますお互いの心の振動の波長が合う。その愛と信頼のスパイラルが生まれるから、些細なことでの言い争いやストレスも無くなる好循環

お互いがお互いの心に寄り添って、理解し合うことができるから、お互いを大切にし合える。ずっと一緒にいたい人と、長く付き合えるようになる。

<参考関連記事>
男が大切な女にしか見せない、5つの態度。彼女を大切に思う男性心理。

心の振動を共鳴させると、彼との愛が深まる。そのための方法は、難しいことでも複雑なことでもない。いつもより少し冷静になって、考えればいいだけのこと。妄想を暴走させず、心を落ち着かせればいいだけのこと。

彼の言葉の上っ面だけで、右往左往しないことよ。不安になって、まるで根拠のない疑念を抱かないことよ。感情に流されず、妄想を膨らませず、冷静に彼を理解しようとする、あなたのその心の動きが、愛し愛される関係をつくるのだから(^。^)y-.。o○

表面上のことで右往左往して、不安が手放せないときは僕の個別セッションへどうぞ。

彼との関係を長続きさせるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。