小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼を失いたくないなら、○○○を許すこと。心から信じ合うために、大切なこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼を失いたくないなら、○○○を許すこと。心から信じ合うために、大切なこと。

彼を失わないために必要なこと

相手の状況や環境、そして立場だけでなく、気分なども考慮したする。そして、これ以上ないくらい、丁寧に言葉を選び、気持ちを伝えたのに、まったく相手にされないことはある。
小川健次Blog
別に無視されてるワケじゃない。片手間に聞かれたわけでもなく。真正面から向き合って、相手のためを想って言ったのに、なぜだかまったく受け入れてもらえないこともある。

何か失礼なことを言ったワケでもなければ、変なことを言ったわけじゃない。僕が毎日無料配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画のように、あなたの都合ガン無視で、好き勝手に言いまくり、あなたをイラつかせるようなことをしたワケでもない。

あなたが何をどうやろうが、どんなにタイミングを見計らおうが、どんなにクソ丁寧に伝えようが、伝わらないことはある。わかってもらえない、受け入れてもらえないこともある。

それはもう、しゃあないん。あなたが悪いわけじゃないし、あの人が悪いわけでもない。何がどう問題ってこともない。お互いの価値観、世界観が違うだけってことなんだから。お互いが同じものを見聞きしているようで、実は全然違うものを見聞きしているのだからん。

なのに、そこを理屈でどうこう言って、無理やり説得を試みる。そしてうまくいかないと、無理して強引に押し付けようとしてみる。そりゃウザがられて当たり前。

あの人が、まったく面白いと思わなかった映画について、あなたがその映画の面白さを強引に伝えようとしても、そりゃ無理なこと。だって、それはお互いの感性が違うんだから。価値観が異なるんだから。理屈でどうこうじゃない




なのに、わかってくれないからと、その面白さが理解できない人は、感性が鈍いからだ。なんて言ってみる。自分と合わないのが、おかしいことだ、なんて主張してみる。そりゃ相手は不快になるでしょうし、心の底からウザいと思われるだけよ。

理屈云々に関係なく、人には好き嫌いがある。合う合わないがある。そのどうにもならないことに、仮に良かれと思ってだとしても、他人にあれこれ介入されてこられても、そりゃ誰だって気分が悪いし、困るん。受け入れられないものは受け入れられない。

それはもう、愛とか信頼とかがどうこう、宇宙の力がどうこうなんていう、高尚な話しはまったく関係ない。夫婦だろうが親兄弟上司部下だろうが、人それぞれが持っている価値観や世界観。趣味趣向はみんなそれぞれ。好きは好きだし、嫌いは嫌い。

だったら、違いについては執着しない。余計な期待は手放すこと。あの人の心を、あなたの考えで支配しようという考えを捨てること。そこ無視して、感情に流されるから、どうでもいいことで傷つけ合って、痛い思いをすることになるんです。

<参考関連記事>
好きなのに、傷つけ合う理由。愛し合う関係を続けるために、大切なこと。

あなたも僕もあの人も、生まれも育ちも、今の状況環境も皆違う。価値観世界観違うのは自然なこと。なのに、適度に親しくなって、お互いの距離が少し近くなったり、お互いの存在に慣れてきたりすると、つい、その大前提を忘れてしまう。

そして、気づけば押し付ける。価値観の違いを無視して、あなたの想いを一方的にゴリ押しする。だから受け入れてもらえない。すると、人間性まで否定された気分になる。嫌われたと解釈して卑屈になる。そしてそれを相手にぶつけるから、関係が壊れる。

心から信じ合うために、大切なこと。

あなたに自分の世界があるように、あの人にも僕にも自分の世界がある。好き嫌いの違いだってある。もちろん、それも状況環境、過行く時間に応じて変わることはある。とはいえ、今の時点で違うものは違う。受け容れられることもあれば、ダメなこともある。

だからといって、その価値観の違いは、相手の人間性を拒否することではない。この部分についてはダメ、この件についてはNGと言っているに過ぎない。それぞれの持ってる価値観のごく一部が違うというだけのこと。

あなたのその申し出はNOだけど、それはあなたを嫌ってるということとイコールじゃない。あなたのことは好きだし信頼しているよ。でもこれはダメ。と言ってるだけ。

人間同士だもん。そりゃ違うところがあって当たり前。でも合ってることもある。共有できることとも、共感し合えることもある。それによってお互いが付加価値を生み出せることもある。なら、その領域の結びつきを、より一層太くすればいい。

別にいいでしょ。世界観違ってて。価値観合わないことがあったって。違うところは違うと認める。でも合うところもあるでしょ。総体としては認め合えてるワケでしょ。だったら合わないところで、そんなピーピー大騒ぎすんな。

まずは、ちゃんと相手を認めること。あの人はあなたの所有物じゃない。あなたのために存在しているワケじゃない。あの人はあの人で、あなたと違う世界を生きている。




そこを無視するから、受け入れてもらえなかった、わかってもらえなかったってだけで、あなた自身を否定された気分になる。

さらに最悪なのは、押し付けようとする本人が、それを相手のためだと信じて疑わないとき。こうしたほうが絶対いいに決まってる。あなたのそれ絶対おかしい。絶対美味しいから食べなよ。ほらほら美味しいから。ほらほら。みたいなやつ。やられるほうはウザいだけ。

やられほうは苦痛以外のなにものでもない。そもそも受け容れらないから無理と言ってるだけなのに。でも言ってるほうは、善意でゴリ押し。それを愛と思って突き進む。いや、それ愛じゃねーだろ。

そんな自己本位な思いだから、自分のことは省みず、一人ぶつくさ言うことになる。あの人は、私の気持ちをわかってくれない、あの人の考えはおかしい。あの人はいつも私を否定する。私を大切に想ってくれない。気持ちがすれ違うのは、あの人のせいだ。

そうしてまた相手に対して強引になる。ゴリ押しになる。やがては、相手も面倒くさくなってくるから、あなたの相手をしなくなる。尽くしているのに尽くされない。彼が尽くしたいと思えない

<参考過去記事>
男に尽くされる女の3つの特徴。彼が尽くしたくなる女は、どんな女なのか。

彼を失いたくないと思うなら、本当にあなたが気にするべきことを気にすること。そして許すべきことを許すこと。どうでもいい些細なことに執着して、いちいちムキになってブチ切れるから、関係がおかしくなる。

男と女、人と人、どんなに近い距離の相手であろうが、どれほど愛し合っていようが、お互いに死んでも理解し合えないことはある。そんな現実を受け入れて、大切にすべきことを見極めることができるから、心から信じ合える関係になれるってことですわな(^。^)y-.。o○

彼との愛と信頼を深めるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。