小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着を手放すためには、すぐに〇〇すること。不安も心配も、消し去れる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

執着を手放すためには、すぐに〇〇すること。不安も心配も、消し去れる。

不安も心配を、消し去れる。

一息ついて間をとって、よーく冷静になって考えてみれば、正解が見えてくることってのはある。
小川健次Blog
結論を出すことを焦らず、ちゃんと順序立てて考える。答えを見つけるという、はっきりとした意図を持って、思考を深めなきゃいけないことはある。

でもね、現実社会の中では、そこまでしてよーく考えなきゃいけないことなんて、実のところそんなにない。

もちろんゼロではない。ちょっと頭を冷やして、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりして、少し考えを深めたほうがいいことはある。

だとしても、やっぱり、それほど考えなきゃいけないことがあるわけではない。考えるだけ無駄なこともいっぱいある。わざわざ考えるまでもなくわかること。どんなに考えたって答えが出ないこと、答えのわからないことがほとんどだから。

数秒先のことでさえ、未来のことなんかわからない。未来なんてのは不確定要素だらけ。だけども決めなきゃいけない。判断しなきゃいけない。あなたも僕も、人は常に不確定要素ばかりの世界の中で、決断を繰り返して生きている。





ならば、考えるまでもなく答えが出ることについては、わざわざ考えなくていい。出た答えに従ってすぐに動けばいいんだから。

そして、時間をかけても答えが出ないこと、答えがわからないことは、考えるのに時間を使わなくていい。だって考えたって答えが出ないのだから。考えても答えが出ない、という答えが出てるのだから。それをこれ以上考えるだけムダ。

そうして「考える」という言葉を免罪符にして、判断や決断をを先延ばしにしているとやる気が下がる。結局ホントに何もできなくなる。

考える必要のないことまで、「時間をかけて考える」ってのは、要するにその場の判断から逃げたいだけ。決めるプレッシャーがイヤなだけ

考えたってわからない。そりゃどっちを取ってもリスクは同じということ。そうやって決めずに迷うということは、どちらでもいいということよ。そこで時間をかける意味なんかない。とっととやればいいんです。そのほうが得るものは大きいんだから。

<参考関連記事>
やるかやらないか迷ったら、やる。決断に迷うのは、どちらでもいいということ。

決めるべきことを決めずに、考えると言って時間をかけるほどに、決められなくなるんです。ますます判断つかなくなるんです。

時間をかけて、今決めなくてもいい理由をわざわざ考える。今考えなくていいようなネタまで持ってきて、なぜ決めないこと、やらないことが正しいか、自分で自分を説得して正当化し始める。そりゃ時間をかければかけるほど、やる気が落ちるのも当然。

執着を手放すためには、すぐに〇〇すること。

決断するということは、一方を決めて、一方を断つということ。それは何かを捨てるということ。僕たちは失うこと、捨てることにはプレッシャーを感じるものだし、できることならそのプレッシャーから逃げたいと思ってしまうも。人は皆弱いから。

だからそのプレッシャーから逃れるために、意識的か無意識的かに関わらず、普段は気にもとめないような、どうでもいいことを、理由にして決断を先延ばしにする。今動かなくてもいい理由を挙げて、今日じゃなくて明日にしようと先送り。

先送りされているうちに、迷いがどんどん増幅していく。あ、考えてみればあれも問題だ。これも問題だった。だから今は時期じゃない。今はまだ判断つかない。もうちょっと時間をかけよう。様子を見よう。そのタイミングまで待っていよう。

そう言い始めて、あっという間に歳だけ重ねて、気づけば社会に出てウン十年。挙句の果てには、決めなかった理由、やらなかった理由を、他人のせい、環境のせい、運のせい。私は悪くない。私はちゃんと考えてた。





結果何も生まれず。何も得られず。そしてボヤくんです。あのときやっておけば良かった。あのとき動いておけば今はもっと良くなっていた。

だったらすぐに決める。すぐに動くことよ。決めること動くことは時間をかければかけるほど、やりずらくなる。今というこの瞬間が、あなたの心にとっての一番の決め時なんです。そして今というこの瞬間が動き時。

何も考えずに脊髄反射で決めて動くのは、ただのアホ。一晩待って答えが出るなら一晩待てばいい。電卓叩いて答えが出るなら、電卓叩けばいい。最後の最後で答えがわからなかったら、あとは決めてやればいい。

決めて動いてしまえば、どうでもいいことで心に波風立たなくなる。他人がどうの、別れた男がどうのは関係なくなる。不安も心配もない。だって決めてしまったし、動いてしまったら、前進するしかなくなる。思考も自然と積極的になる。

良い意味での開き直り。執着を手放すこともできる。やるしかない、進むしかない以上、あれこれどうでもいいことなんか、勝手にどっかに飛んでいく。

<参考関連記事>
執着を手放すと、幸せになれる理由。本質と向き合うと、愛もお金も手に入る。

執着を手放すために、今すぐやるべきことがある。それをやるから過去はどうでもよくなる。別れた男のことも、心の中から消えてなくなる。いつまでも執着を手放せないでいるから、身動きが取れない。

不安や心配をいつまでも抱えていなくていい。事態はあなたが、自分の手で好転させることができるのだから。過去にとらわれず、今日のこの瞬間から、心を軽くして幸せを手に入れに行けるのだから(^。^)y-.。o○

執着を手放すことができずに、心が苦しいときには僕の個別セッションへどうぞ。

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。