小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ネガティヴで無価値な話題は華麗にスルー。これ基本。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ネガティヴで無価値な話は華麗にスルー。これ基本。

■意味のない言葉に反応しても意味がない

その話題に耳を傾け、意識を向けることにどれほどの価値があるのか。ちょっと考えてみることもときには必要なことでしょう。

475fd3e9

その話題を真に受けることで、自分の人生にどんな意義があるのか。どんな価値が生み出されるのか。


特にそれがネガティブであなた自身のセルフイメージを下げるものであったり、あなた自身にとって無関係な話題であったりした場合。

言ってしまえば、ほとんど意味ないし、価値がない。

たとえば、他人の噂話しをあれこれ聞くことで給料が上がりますか?
社会情勢についてあれこれ不安を感じることで、目標が達成できますか?

特に、あなたがそれを出来ない理由や、うまくいかない理由になんて耳を傾けたところで百害あって一理なし。

単純な損得レベルで考えたところでも、得になること何もない。時間の無駄だし、気分が悪いだけ。だったら華麗にスルーが一番です。

もちろんそれが仕事上の重要事項や、自分にとって価値有る情報であれば、積極的に耳を傾ければいい。っつーか耳を傾けるべきでしょう。

そうは言っても、他人がああ言うし、周囲の人がこう言うし・・・

そんなもんはいちいち真に受けるほうが悪い。
はいはいそうですか。へー。ほうほう。それは良かったね。そう言って華麗にスルー。

<参考過去記事>
傷つけるのは自分自身。傷つけることができるのも自分自身。

そう言っている人も単に言いたいだけだから。その言葉には大して意味なんてありません。
無視してオッケー。華麗にスルーで心に余計な波風立たせない。

■潜在意識への影響に気をつける

良いか悪いかは別にして、人間は誰でも習慣によって動くもの。それは肉体的な行動はもちろんのこと、心の動きにも言えること。

そしてその習慣を支配するのが潜在意識。つまりは無意識

日常の思考と行動はこの潜在意識によって成り立っている。

さらにその潜在意識に対して直接的な影響を与えるのが、周囲にある情報の数々。
ネガティブな情報にさらされていれば、必然的に潜在意識は否定的な動きをするよう習慣づけられる。

つまり、日頃から否定的な情報にさらされていると、思考と行動は無意識のうちにネガティヴな動きになるということ。これは華麗にスルーしても避けられない。だって五感を通じて勝手に入ってきてしまうから。

その対策にはアファーメーション
入ってくるネガティブな情報以上に、アファーメーションでポジティブな情報を意識的に入力して自分で自分をプログラミング。

<参考過去記事>
アファーメーションで心のプログラミングを書き換える

まあそういう意味では、ネガティブな情報がうようよしているところに近づかない。
自分にとって価値ある情報がうようよしているところに近づくのが一番。そういう人と付き合えばいいし、そういう情報しかない環境をつくればいい。

それが難しければ、現実的な対応として、自分にとってネガティヴで無価値な話題は華麗にスルー。これ基本。

プラス、日常的にアファーメーションで、潜在意識下でのプログラミングを常に肯定的なものへとしておくということですな(^。^)y-.。o○

今月は沖縄・札幌・大阪で潜在意識の使い方について考えます。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
沖縄・札幌・大阪・東京・名古屋・新潟
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。