小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

NOと言われても、嫌われていない理由。断わられることを恐れなければ、愛と信頼が深まる。



新春限定開催
小川健次グループセッション
↑↑ 名古屋1/21 ↑↑


早期申込割引実施中
小川健次グループセッション
↑↑大阪1月 東京2月↑↑


小川健次による個別セッション
小川健次
↑ 面会もしくは通話で可能 ↑

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

NOと言われても、嫌われていない理由。断わられることを恐れなければ、愛と信頼が深まる。

■NOと言う人もつらい

人から嫌われるのは、誰だって気持ちのいいものじゃない。できることなら、好かれていたいと思うもの。好かれるまではいかなくても、せめてフラットでいてくれればいいとも思う。
小川健次Blog
それが身近で大切な人であれば当然のこと、日常的に関わる人であれば、嫌わられてお互い微妙な空気の中で過ごすのは、それだけでストレスになるし。

そう考えると、やっぱり身近な人との関係は、無難であるに越したことはない。険悪になるようなことはしたくない。だから、できる限り要望には応えよう。あの人の顔を立てるためにも、NOと言わないようにしよう。

空気読まずに好き勝手なことばっか言ってる、小川健次メールマガジンとは違い、まあ、みんな大人ですからねえ。そりゃやっぱり、うまく無難でいようとするんです。それはそれでいい。そうしなきゃいけないことだってある。

だからこそ、NOと言いづらい。頼まれたことを断りづらい。せっかく空気読みながら、無難な関係がうまくできているのに、自分がNOと言うことで、その関係にヒビが入ったらどうしよう。関係が険悪になったらどうしよう。そんなことを考えると、心情的にはNOでも言葉ではYESと言ってしまう。

ホントはイヤなんだけど、彼からのお願いにNOと言うと嫌われそうだし。困るわー。
眉毛イケメン
え? イヤなら断わればいいじゃない。イヤなことをNOと言って、嫌うようなヤツとは関わらなければいいじゃない
そんなこと言われたって、好きな人には嫌われたくないんだもん。NOと言えないんだもん。

それでも結局はNOと言わなきゃいけないこともある。別にその人が嫌いなワケじゃない。その頼まれごとがイヤだから。その頼まれごとを今は対応できないから。相応に理由があって。そうして不本意ながらも、断らなないといけない場面には、あなただって遭遇したことはあるでしょう。

そのときにNOと言わなきゃいけないストレス。嫌われるんじゃないかと思う不安。結構なしんどさだったでしょう。それなりに負担に感じたことでしょう。

無駄だと思いながらも、しきりに作り笑顔で繕って、何とか相手から嫌われないように、機嫌を損ねないようにしながら、何とか心にあるものを言葉にする。ときに自分を叱咤して、頑張って相手に伝えるんです。それはNO。それは無理。あなたのお願いには応じられない。と。

<参考過去記事>
作り笑顔を見せなくても、嫌われないから大丈夫。嫌われるときは、どうせ何したって嫌われる。

NOって言う人には、それなりの負担がかかるんです。好きでNOと言ってるワケじゃない。ホントは気持ちに応えたい。相手との関係にヒビを入れたくない。だけどもNOと言わなきゃいけない。NOとは言うけど、相手のことは嫌いじゃない。むしろ好き。ただその件についてNOなだけ。

■NOは嫌いとイコールではない

あなたが、他人に何かをお願いする。それに対してNOと言われることがあるかもしれない。でもね、それはあなたを否定してNOと言っているんじゃないんです。あなたが嫌いだからNOと言っているワケでもない。

上でも言ったように、相手もホントはあなたのお願いを聞きたいんです。そのほうがあなたの想いに応えられるし、あなたにもっと愛される。それよりYESと言った方が、いろいろ楽だもん。上で言ったように、NOって言うほうがしんどいし。できればNOと言いたくない。

それでもNOとしか言えないから、NOと言っているに過ぎない。あなたが嫌いだからじゃない。あなたを否定しているからじゃない。

ご飯に誘ったら、時間がないからNOと言われたー。やっぱり私はあの人に嫌われてるんだー
眉毛イケメン
ホントに時間がなかっただけじゃねーの?
取引先から来月以降は事業縮小するからって、製品の納入を断わられたー。やっぱり私は担当者としてダメなんだー。
眉毛イケメン
ホントに事業縮小するし、その製品が要らなくなっただけじゃねーの?

NOと言えば、あなたがそういう反応することも、相手はそれなりに予期している。そういう意味でも、可能であればNOと言わずにYESと言った方が気が楽ですよ。それでもNOと言わなきゃいけない。

それにはちゃんと理由がある。重いプレッシャーを跳ねのけてでも、NOと言わなきゃいけない理由がある。それはあなたが嫌いだからじゃない。ホントに嫌いだったら、NOとも言わずに華麗にスルー。そしてフェードアウトするだけでしょう。NOと返すってことは、あなたに対して誠実である証拠なんです。

だからね、NOと言われたことで落ち込むことはない。断られたからって、嫌われたと思わなくて大丈夫。あの人はあの人の事情で、その件についてはNOと言ってるだけ。

余計な妄想を膨らませないことです、不安や心配で苦しまなくてもいい。仮にNOではなく、LINEの返事がこない場合でも同じですよ。NOと言われたり、返信が無かったりするのは、あなたのことを好きか嫌いかとは関係ない。そもそも好き嫌いって、そんなことで判断することでもないでしょ。

<参考過去記事>
LINEの返事が遅くても、気にしないで大丈夫。返信の有無が、好きの度合いと関係ない理由。

NOと言われても気にしなくていい。そしてNOと言われることも恐れなくていい。あなたはもっと自然にあの人に接していいんです。些細な日常の出来事で、NOかYESかで一喜一憂しないこと。するともっと自然に関われる。だからお互いの愛と信頼が、もっと深まるってもんでしょう(^。^)y-.。o○

うーん、でも何を言っても、どんなタイミングで話してもNOって言われる場合は、どうなんでしょう?
眉毛イケメン
それはそれで、嫌われてるだけ! 泣いて酒飲んで寝ろ!
何とかそういう事態にならない方法ってありませんか
お早めに!

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。