小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

無理して自分を変えるのではなく、変えなくても対応できる方法を知っておけば、ほとんど問題ない。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

無理して自分を変えるのではなく、変えなくても対応できる方法を知っておけば、ほとんど問題ない。

■相手と状況にあわせればいい

そのときその場の状況や、そのときの周囲の人が変わっているかもしれないが、自分は何も変わっていないんです。

azarashi

だから自分のできることもできないことも変わってない。自分は自分、それ同じ。どんな状況だろうとも。


なのに、その場だけ違う自分になろうとするから無理が生じる。自分じゃない自分を無理に演じようとするからぎくしゃくするんです。

状況や環境に応じて、出せる自分を出せばいい。
でもそれは引き出しを変えるだけの話し。ないものをその場でとってつけて、無いものをあるようにみせることじゃない。

まあスポーツをはじめとした勝負ごとでもそうでしょ。

自分より地力で勝る相手には、真っ向勝負を避けてそれなりの戦い方を。
自分と同等、もしくはそれ以下の力の相手とはそれなりの戦い方で。

相手や状況に応じて引き出しを使い分けるだけのこと。

ただ、それもその場しのぎの付け焼刃で対応しても通用しない。変にぎくしゃくしてむしろ何もしないほうが良かったなんてことになる。

できないことはできない。そりゃしゃあない。

<参考過去記事>
どうにもならないことにクヨクヨするのは百害あって一利なし

自分の引き出しをしっかり持っておくこと。そして状況に応じて使い分けをすることです。
さらに引き出しはいつ使うことになってもいいように、常に整理整頓しておくことです。

もちろんその引き出しが納まる自分の机、つまり主たる自分のパーソナリティは変わらない。軸はぶらさず筋も通す。
いわゆる八方美人という意味ではない。自分の机は同じなんです。使う引き出しが違うだけ。

それに机を変えるのは結構大変。なかなか出来ることじゃない。

出来ないことであれこれ迷ったり悩んだりしていることほど無駄なことってないですよ。だったら引き出し増やすとか整理するとかしたほうが話しは早い。

■自分を知ることから

もちろん、くたびれたり、通用できなくなった机は必要に応じてリフォームすればいい。が、それ以前にできることはたくさんある。

そもそもの性格とか、人間性といったパーソナリティを大幅に変えようと考えるよりも、まずは今のパーソナリティを活かす方法、今のパーソナリティが活きる方法を考えればいいんです。

仕事のときの自分、家庭にいるときの自分、デートをしているとき、酒飲んでいるとき、一人でいるとき、それぞれ根っこの自分は同じでも、その場そのときに応じて違う自分が表に出ているのは誰でも同じ。

それをさらに細分化。引き出しの中の仕分けをより細かくするんです。

仕事のときの自分でも、上司と話している自分もいれば、同僚と話している自分もいる。納期に追われている自分もいれば、コンペでプレゼンしている自分もいる。それぞれ全部自分だけど、それぞれ違う。みんな違ってみんないい。

理想のセルフイメージを描くことは重要ですが、それが自分にとって現実感が伴わないものであったり、そもそも本当にそうなりたいとも思ってないのに、外に向けていい顔するために言ってるだけなら時間の無駄。

それよりも現実に今自分が生きている社会の中で、どの場面でどの自分が発揮されると、その場の問題解決ができるかを知っておくことでしょう。
そしてそれが現実化しているところのイメージすればいいだけで。

自分の心を掌握することです。自分の多面的なパーソナリティを把握しておくことです。

ナポレオン・ヒル・プログラムを使っている人は、ゴールデンゴールデックスを使うのがお薦め。マーフィー・プログラムはマイゴーールデックス。ジグラーならパーソナル・プランナー。など細かい使い方は各担当まで。

まあとにかく、まずは状況に応じた最高の自分の心の状態というのを、知ることからってことでしょうな。(^0^)

この週末は大阪に滞在中。「ブログ読んだ」で飛び入りOK。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。