小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

悲しみは一度受け容れてから解き放つことで自らの糧になる。拒んでいれば立ち直りから遠ざかる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

悲しみは一度受け容れてから解き放つことで自らの糧になる。悲しみを拒んでいれば立ち直りから遠ざかる。

■悲しみを知るからわかること

毎日腹かかえて笑い転げことばかりな毎日であれば、そりゃもう楽しくてしょうがないでしょう。

jumptora

でも現実はなかなかそういうわけにもいかないもんです。


生きていればいろいろありますわ。
楽しいことも一杯あるしつらいことも悲しいこともいっぱいある。

出逢いもあれば別れもある。生きて別れることもあれば死んで別れることもある。
望み通りの結果を手に入れるために、断腸の思いでしんどい決断しなければいけないこともあるでしょう。

そして、僕たちの心を断崖絶壁に追い詰める上で、ひときわ大きな仕事をしてくれるのが、悲しみというやつ。

さらにそれは、予想もしていないときに予想もしていない方向からやってきて、これでもかというくらいに身も心もボロボロにしてくれる。

ところで、成功哲学の祖ナポレオン・ヒル博士はその著書『思考は現実化する』の中でこのように述べています。

好き好んで悲しみを招く人はいない。けれども、悲しみは人間を謙虚にさせ、協調的な人間関係をつくる。意見の合わない人や自分を傷つけた人に対しては、批判や非難で対応したくなるが、大きな悲しみを味わったことのある人は、そんな当たり前のことはしない。
ナポレオン・ヒル著 『思考は現実化する』(きこ書房)

痛みを知っている人間だからこそ、人の痛みがわかる。苦しみを体験しているからこそ、人の苦しみがわかる。同じように悲しみを知っていれば、人を悲しませるようなことはしないのでしょう。

そして同時に苦しみや悲しみのさなかにある人に対して、手を差し伸べられる優しさと余裕も育まれていくもんです。

そういえば、少しばかりニュアンスは違いますが、北斗神拳究極奥義である無想転生を体得する上では「哀しみ」を知っているかどうかがカギでした。

musotensei

人に対してはもちろんのこと、悲しみを体験することで自分にだって優しくなれる。冷静に過去と今の自分を見つめなおす良い機会にだってなりますわな。

そして大事なことは、どんなに深い悲しみにその身を委ねることになっても、必ず立ち直ることができるということ。立ち直ったときにはそれ以前より成長しているということでしょう。

■受け入れて解き放つ

誰だっていろんなものを背負ってる。多くの悲しみを経験してきてる。
でも、今はこうして立ち直ってる。

いや、現在悲しみ真っ最中の人もいるかもしれませんが、それだってこれまでと同じようにいずれ必ず立ち直れる。

<参考過去記事>
誰だって過去あらゆることを乗り越えてきた。それを自信にすれば、これから先も乗り越えられる。

いくつ歳を重ねようが日々幾多の経験を通じて、僕たちは成長し続けるわけじゃないですか。別に何か哲学的な問いではなく、ただ単純に経験値の積み上げが成長の度合いという意味で。

それがなんであれ、つらいことを乗り越えてこれた、悲しみから立ち直れたという事実は、この先のつらいことも、悲しみも乗り越えることができることを証明しているんです。

そしてそれらを乗り越えるほどに人としての器が大きくなっていくのでしょう。

余談ですが、恋愛におけるいい男といい女の価値の基準は、ボロ雑巾になった回数で決まるもんですよ。これはほぼ間違いなく。まあそんだけ磨かれたという意味で。

だから悲しみを拒む必要もないでしょう。一旦受け容れて、やがて解き放てばいいんです。拒んで現実逃避したところで起こった事実は変わらないし、何の問題解決にもならない。

さすがに悲しみにウェルカムとはいえないでしょうが、やがてそれは去り、立ち直ったときには一層強くなっている自分がいるということだけは忘れないことです。そうすれば最後の最後で心は折れない。

もちろん悲しいことの基準なんて人それぞれ。また悲しみ方も人それぞれ。でも基本は同じ。受け容れて解き放つ。

悲しみ方もそれぞれといえば、買ったばかりのソフトクリームを道路に落としたことで、ショックにうちひしがれ、はいつくばって嗚咽するほどの悲しみを感じる人もいました。ええ。それはもちん僕ですがね(^。^)y-.。o○

悲しみの受け容れ方と、解き放ち方はこちらで

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。