小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人のことは決められない。決められないことを知れば、人間関係のストレスはなくなる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第143回

「専業主婦になって」モラハラ傾向がある婚約者に、曖昧な態度を続けた結果。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

人のことは決められない。決められないことを知れば、人間関係のストレスはなくなる。

■投げたボールは相手のもの

他人は他人。よそはよそ。あなたがどんなにその人のことを考えてみたところで、最後に決めるのはその人自身。

nekokiss

だからそこには干渉できない。第三者が何か言うことはできるけど、最終決定には入り込めない。


まあガキじゃありませんからねえ。誰だって自分のことは自分で決める。自分のことは自分で考えられる。

他人の意見に影響されることもあるのでしょうが、それでも最後はそれを受け容れると決めた本人の問題であって、そこに他人が介在することはない。

にも関わらず、他人を意のままに動かそうなんて、傲慢も甚だしい話し。他人の決定に干渉しようなんて、おこがましいにも程があるってもんでしょう。

あなたのできることは、あなた自身の考え方を相手に伝えるところまで。最後は相手が決めること。あなたはそれ以上立ち入れない。

だから、相手の言動に余計な期待はしないことです。思い通りに動いてほしい。期待どおりの答えが欲しい。そんなの勝手に自分が望むのは構いませんが、相手に期待しないことです。

そして期待するというのは、下手すると相手の心を支配しようとするのと同じこと。

<参考過去記事>
他人の心を支配しようとしなければ、不安と猜疑心から解放される

伝えるべきことは伝える。そのレスポンスの内容には期待しない。変に期待するから、余計にストレス感じる。右往左往することになる。

ボールを投げてそれが相手に渡ったら、あとはどこに投げようが相手の自由。ここに投げ返せ、こういうフォームで投げてこい。そういう押し付けがましいこと思うだけでなく、言ったりするから話しがややこしくなるんです。

■最後は割り切り

他人のことはどうにもできない。

もちろん助けようとすることも、力になろうとすることもできますよ。でもそれを受け容れるかどうかの判断も結局それは本人の問題でしょう。

言うなれば価値観の押し付け。
助けてほしいと思ってるでしょ。力を貸してほしいと思ってるでしょ。だからあなたは私を受け容れて当然。受けれないなんておかしい。みたいな。

いや、別に他人に無関心で冷酷になれという話しじゃない。あくまでも度合いの問題ですよ度合いの。

他人からのレスポンスに期待しすぎて、右往左往。期待どおりのレスポンスじゃなきゃイライラムカムカ。そうなるくらいだったら最初から期待しないことですよ。

良い意味での割り切りですな。
心を込めて相手に気持ちは伝えるし、手をさしのばす。でもその先のことは相手が決めればいいことだから、あとはご自由にどうぞ。と。

<参考過去記事>
決めるのはあんたじゃない。割り切ればストレスもなくなる。

だからこちらから扉を閉ざす必要はない。ボールを投げて、この扉に中に投げ返そうがよそに投げようが、あなたにお任せ。こちらは扉を開いたままプレステで遊んでるし、みたいな。

そうすりゃ右往左往もしなくなる。イライラもしなくなる。
もっと言えばそこまで余裕を持って構えていてくれれば、相手もボールを投げ返しやすくなる。

当たり前ですがね。あなたはあなたで自分の考えを尊重してほしいと思うように、相手は相手で自分の考え尊重してほしいと思うもんですよ。

その当たり前のことに立ち返るだけで、人間関係のストレスなんてあっと言う間に軽減されるもんですわな(^。^)y-.。o○

来週末は東京でこれ

社団法人感覚刺激と脳研究協会の定例勉強会vol.8 
『心の力で自然治癒力を高める3』
http://www.brossa.jp/vol8/

【ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。