小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

批判をされて失うものは何もない。批判をされるほどの行動にこそ価値がある。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第145回

復縁したいのに2年もできないまま。彼の心は取り戻せる?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

批判をされて失うものは何もない。批判をされるほどの行動にこそ価値がある。

■批判されても実は損しない

もちろんそれが社会正義や一般道徳に照らし合わせて、批判されるべきことというのはある。

akubi

それに批判というやつは、異なる意見ということでもあるので、その内容の評価は別にして、多様な意見に耳を傾けるという意味では、批判があるほうが健全でもある。


そうは言ってみても、やはり他人からの批判というものはできることならされたくない。批判されるよりも受けれ容れて欲しいと思うのが人情というものでしょう。

だから他人の目が気になる。だから他人の言葉が気になる。その結果、思っていることが言えなくなるし、やりたいことに躊躇してしまう。

まあ失敗を恐れて躊躇するのは仕方ない。それ自体がリスクではあるから。もちろん躊躇したままでいるのじゃ困りますが、躊躇する感情はまあ誰にでもある。

その一方で他人のからの批判には、躊躇する理由が実のところ何もない。それこそ実害もリスクなんてものも何もない。

他人から批判されて失うものって何でしょう?それによって被る実害って何ですか?

批判が建設的なものであれば耳を傾けて参考にすればいいだけで、それ以外のことだったら何か言われてマイナスになることって何もないでしょう。

せいぜい自分の考えや行動を否定されたような気になるだけ。せいぜい自分の気分が悪くなるくらいのことだけですわ。

そんなもんはいつものごとく華麗にスルーですよ。批判なんて皆深い考えも持たずにその場のノリと勢いで言ってるだけなんだから。

<参考過去記事>
人は思いつきでモノを言う。しかも言いっ放しで覚えてない。だから華麗にスルーでOK!

そもそもあなたがやろうとしていることは、あなたにとっては様々な状況を勘案して、あなたにとってベストな選択だと思ってやることでしょう。

にも関わらず、そのプロセスも知らずに、ノリでちょいと横から口を挟むような批判を恐れてどうするんですか。それ言ってる人はあなたよりそのことに詳しい人ならいざ知らず。

■批判は動いている証拠

逆に考えてみれば、批判をされる。他人から余計なお世話な無責任な意見を言われる。これって何かをやってる証拠でもあるんです。

何もやってなきゃ何も言われないんです。止まっていれば何も起こらないんです。

どんなに良いと思うことやったって、どんなに私心なく世のため人のやったって、それを批判する人はいる。そしてその批判の数は行動の量に比例するんです。

極端なことを言えば、他人からの批判を恐れる前に、批判をされるようなことをやってみればいいんです。他人が注目してくれるほどの何かをやってみればいいんです。

それも無くして、ただ他人にどう思われるか。他人にどう評価されるか。

そんなことばかり気にして何もしていなければそれこそ何も生まれませんよ。

そもそも自分と他人は違うもの。それは親子だろうが夫婦だろうが違うものじゃないですか。そこで100%の同意を得て一切の批判を無くそうなんてこと自体が無理難題ってものでしょう。

<参考過去記事>
自分は自分。他人は他人。違いを認めるから人間関係はうまくいく

何か結果を残している人を見てみるとよくわかることです。どんなに素晴らしい結果を残していたってその批判者ってのは必ずいますから。

どうせ何かやれば、身近な誰か、それが家族や友人か会社の同僚かわかりませんが、全員が全員それに賛同してくれる人なんかいやしない。

どっかで批判覚悟でえいやっ!とやる必要はあるんです。

まあ僕個人としては批判されるのは全然OKで、まるで意にも介さないんですが、その秘訣はここでもいつも書いてるように、どうせ全員から好かれることなんかありえない。という良い意味での割り切りかましれませんな(^。^)y-.。o○

来週は沖縄でお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。