小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

図解あり/感情をコントロールできれば、潜在意識は力を発揮する。感情を無理に抑えつけようとすれば、感情に飲みこまれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/24更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第148回

恋愛が続かない30代女性の多くが、20代不倫を経験。その後遺症を脱する方法。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                               
地域・開催日 内容
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

図解あり/感情をコントロールできれば、潜在意識は力を発揮する。感情を無理に抑えつけようとすれば、感情に飲みこまれる。

■押さえても暴発して大惨事

湧き上がる感情を、無理して押さえ込もうとしても、それはなかなか難しい。

shikaegao

悟りでも開いてりゃ、そもそも感情に揺さぶられることもないんでしょうが、普通はそうはいかないものでしょう。


だからムカついて切れそうなときに、感情的になるのは止めて落ち着こうとしてみても、頭で理解しているほどに心は落ち着かないもんですよ。

つらくて悲しいときに、こんなときほど笑っていようと言ってみたところで、ひきつった笑い顔の自分を鏡で見て、ますます悲しくなるだけでしょ。

もちろん否定的な感情なんざ無いほうがいいのが当たり前。常に積極的な感情に満たされているのが望ましい。とはいえ、そうもいかないが現実でしょう。人間だもの。

だからと言って、感情のおもむくままに思考して、感情のおもむくままに行動して許されるは、年端もいかないちびっ子くらいなもんですわ。

しかし、感情は言うほど制御できるものでもない。特に抑えつけることは無理。だって感情が生まれるのは自然現象なんだもん。無理して抑えつければストレスになる。やがて暴発して大惨事。

muka

なので、まずは認めることですよ。自分の内に沸き起こる感情を。それが否定的なものであれなんであれ、そういう感情が沸き起こっている自分の心の状態を認める。

<参考過去記事>
図解あり/起こった事実は変えられないが、起こった事実の意味と解釈は自由に変えられる。

まず前提がずれていると、その後が噛み合わなくなる。だから自分の心にある感情を認めるところから。

■感情を認めれば潜在意識は力を発揮する

その上で、その感情が向かうべきエネルギーの方向性を考えればいいじゃないですか。それを強引に押さえつけるのではなく、言ってみれば流れの方向を変えてあげる。

激しく揺れ動く自分の感情を、無理して押さえつけない。
つまりは

tokigeki

ということですわ。

とにかく自分を見失わないで、自分を俯瞰できるもう一人の自分で、否定的な感情のエネルギーの行く方向を肯定的な方向へ変えてあげる。

押さえつけようとすれば、行き場を失った否定的な感情に逆に飲みこまれる。

あの人のことですっごく頭にきた。そのエネルギーを自分の目標の達成に向かわせる。最初は目標達成してぎゃふんと言わせる、そんな動機でもいいですよ。それでホントに目標達成できる頃には、ムカついた感情も消えてるから。

ひっどい目に遭遇して泣きたくなる。その悲しみのエネルギーを自己の課題解決に向かわせる。そんな思いを二度としないために、こんちくしょーパワーを炸裂させれば、やがて悲しんでた自分とさようなら。

<参考過去記事>
痛みを知れば人にやさしくなれる。痛みを重ねれば痛みに耐えられる強さが身につく。

消極的な感情だろうが、積極的な感情だろうが、生まれてきるのは自分の心。それを否定するのは自分を否定することですよ。そしてそれは、潜在意識への消極的なプログラミングを施していることにほかならない。

逆に自分の感情を認め、エネルギーの向かう方向性を示せれば、潜在意識はその方向に向かって力を発揮するように働くものですわ。

だから感情は押さえつけるのではなく、向かうべきエネルギーの方向を変えることに注力してみてはどうでしょう。

往々にして結果を残している人というのは、感情が豊かでありながら、そのエネルギーの向かうべき方向をしっかりと定めている人だったりしますしね(^。^)y-.。o○

11月の大阪と東京の予定や、12月の予定など、いくつか追加しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。