小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

図解あり/起こった事実は変えられないが、起こった事実の意味と解釈は自由に変えられる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

図解あり/起こった事実は変えられないが、起こった事実の意味と解釈は自由に変えられる。

■まず事実を受け容れる

どんなに万全を期したつもりでも、想定外のことは起きるもんです。それが例え幸運であろうと不運であろうと。

kaba

でもそれが世の常というもんなでしょうな。


そりゃ全部が全部、想定の範囲内なら面白くもなんともないですわ。

それに困ったことに限らず、喜びや感動っつーのみ想定外だから起こるもの。最初からネタばれした話しを聞いても喜びや感動が薄れるってもんですわ。

日常の中に存在する、想定されるリズムや予定調和を一歩踏み出した、ゆらぎの世界にこそ、感情を揺さぶられる何かが存在するというもんでしょう。

<参考過去記事>
図解あり/結果を出しているのに評価されない人と、結果が伴わなくても評価される人の違い

とはいえ、それが喜びや感動につながるものであれば問題ない。
問題なのは、どちらかといえば感情にマイナスな影響を起こすような結果に遭遇したときのこと。

それがどんな事案であれ、起こった事実は変わらない。それは受け容れるしかないんです。望むと望まざるに関わらず。

あとはその事実を自分にとってどんな意味を持つことにするのか、それをどのように解釈するかということですわ。

というわけで、オルセー美術館に飾られてもまったく不自然ではない、21世紀を代表する印象派色霊アーティストの僕が図解にするとこんな感じでしょうか。

kokorogamae

自損で新車に換わるかどうかという野暮なツッコミは置いておくとして、要するに起こった事実は変わらない以上、それはそれで受け容れる。その上で意味付けと解釈を変えるということ。

いちおう重要なので言っておきますがね、起こした事故を起きてない。軽損だ。と事実をネジ曲げて理解をするということじゃない。

■意味付けと解釈は自由

客観的な事実は受け容れる。そこネジ曲げるのは積極的でも何でも無い。まずは受け入れた上でそこから意味付けと解釈をどうするかという話し。

起こったことに対する事実をどう意味付けしようが、どう解釈しようが、そんなもんにルールはないですよ。あるのはあなたの固定観念と先入観だけで。

この場合は凹むもの。この場合は悲しむもの。こうなったらお終い。そんなルールはどこにもない。
いや、もちろん社会通念上、こういう場合はこういう感情を示したほうがいい、という空気というのはある。が、それはそれ。

だから一旦受け容れて、凹むなり泣いたりはすればいい。あとはそこで起こったことが、自分の人生や達成したい目標に対してどんな意味を持つのかを考えればいいだけでしょう。

<参考過去記事>
悲しみは一度受け容れてから解き放つことで自らの糧になる。拒んでいれば立ち直りから遠ざかる。

僕もあなたも、なぜ今があるのか。そりゃ過去にいくつもの試練を乗り越えてこれたからでしょう。そしてそのときどきの試練は必ず今の糧になっているはず。

ということは、今この瞬間に何か試練に遭遇したとしても、それは未来の自分にとって必ず肯定的な意味を持つ者に違いない。いやこれホント。

そうやって意味付けして解釈すれば、よほどのことでもない限り心が折れることなんてありませんよ。まあギリギリ折れそうになることはあるかもしれない。それでも最後の最後で踏ん張れる。

ちなみに、その心構えを知識としてではなく、当然の習慣として体得する上で役立つのが、ナポレオン・ヒル・プログラムだったり、クドいほどここでも案内している小川健次セミナーだったりするわけですわ。

まあ何よりも、自分で動かなきゃ何も起こりはしない犬も歩かなきゃ棒に当たらない。何かが起こるということは、何かをやってる証拠でもある。

まずは主体的に動いている自分を認めてあげるだけでも、次への可能性が見えてくるってもんですわな(^。^)y-.。o○

この機会を見逃すべからず
↓ ↓
■大阪10/12(日)-13(月)
講師:小川健次
小川健次セミナーベーシックコース

【ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。