小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

痛みを知れば人にやさしくなれる。痛みを重ねれば痛みに耐えられる強さが身につく。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ご案内のとおり、当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。

この件につき一部お問い合わせがあるようなのでここでお知らせしておきますが、内容は基本的にその場での思いつきの書き捨てなので、バックナンバーの公開や再送信はしていませんのでご了承ください。

(無料購読は以下のイケメンバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

というわけで本題へGO!

痛みを知れば人にやさしくなれる。痛みを重ねれば痛みに耐えられる強さが身につく。

■痛みを知ることは自己成長のための重大要素

肉体的な痛みは誰だって嫌ですが、心の痛みも同じように嫌なもの。

toraburu

特に心の痛みというのは、これといって即効性があって決定的な処方箋というのがないし、その痛みの強さもケースバイケースだからタチが悪い。


しかも客観的な評価で治癒したかどうかもわからないから、いろいろな意味で面倒くさくもありますわ。

そういう意味では心が傷つくことはやっぱり避けたい。できればそういう目に逢いたくない。だって嫌だもん。僕も嫌ですよ。心が痛いのなんて。

それでも傷つくことはある。それでも痛みに打ちひしがれることはある。もう立てない。もうどうでもいい。そう諦めそうになることもある。

でもそれも実は、次に進むためのな大事な大事なプロセスの一つでしょう。

<参考過去記事>
図解あり/泣いたり凹んだりするのも積極的な心構えには欠かせない

痛みを知るからよくわかる。こうされると痛いんだということ。こう言われると傷つくんだということを。だからそれを自分は人にしなくなる。だから他人を気遣える。だから他人に優しくなれる。

そして結果的に他人から信頼される。痛みを知っている人の周りには人が集まる。
頭で理解しているだけでなく、自分自身の経験を通じて痛みを知っているから、理屈でなくて行動で他人を気遣える。

だから痛みを知るということは、自分自身を成長させる上では、誰にとっても必要不可欠な要素。そう思えばつらい痛みも辛うじて耐えられる。

■痛みへの耐性を上げると行動力が上がる

痛みに耐え、それを乗り越えられたときは誰だって強くなる。また同じ痛みを感じることがあっても、耐性が上がっているから立ち直りが早くなる。

繰り返しますが痛みは嫌ですよ。それでもそれを乗り越えた先にある価値を知っておけば、そこで心は折れない。立ち直るモティベーションを失わない。

だから痛みを重ねれば、それはそれで自分の耐性上がるチャンスと思えばいい。いや、痛くてそれどころじゃないかもしれない。チャンスだとはその場で思えないかもしれない。

それでも心の隅に置いておく。ここから立ち直ればレベルアップした自分がいるんだと。それを置いておくだけで全然違う。

そのためにも、痛みは痛みとして一度受け容れる。その上で対処法をじっくり考えればいいんですから。

<参考過去記事>
悲しみは一度受け容れてから解き放つことで自らの糧になる。拒んでいれば立ち直りから遠ざかる。

そして痛みへの耐性上がれば、行動するときの不安もなくなる。もしうまくいかなくなっても立ち直れる自信があるから。そんなの全然気にならない。

だから迷わなくなる。だから不安に思わなくなる。だから強くなる。その上、他人を気を遣えるやさしさを身につけ、他人からも信頼されるようになるんです。

あなたの周りにいる、誰からも信頼されている人を見てみればいいんです。全員がそうでないかもしれませんが、ほとんどの人は多くの痛みを乗り越えてきた経験がある人だから。

もうマジやばい。そう思うような傷を心に負い、その痛みに負けそうになったとき、その先にあるレベルアップしている自分に目を向けてみれば、最後の最後で踏ん張る力が湧いてくるってもんですわな(^。^)y-.。o○

引き続き。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。