小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

泣きたければ泣けばいい。怒りたければ怒ればいい。自分に素直になれると、心がすっと軽くなる

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第143回

「専業主婦になって」モラハラ傾向がある婚約者に、曖昧な態度を続けた結果。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

泣きたければ泣けばいい。怒りたければ怒ればいい。自分に素直になれると、心がすっと軽くなる

■自分の感情に素直になろう

もちろん時と場所に応じてのことで、いつでもどこでも感情剥き出しじゃ赤ん坊と同じでしょ。

shikakiss

それでも、無理して自分を抑えつけて、やがて気づかないうちに心がポキッといったら目も当てられないから、それにくらべりゃ少しはマシか。


まあそれにしたって誰だって喜怒哀楽色んな感情あるものだし。あるのが普通。

そして感情のエネルギーというものは、基本的に内に向かうものじゃなくて外に向かうもの。ただそれを、あたり構わず表に発散しているだけなら、前述のとおり赤ん坊と同じこと。

その場そのときの空気に応じて、外に向かうエネルギーを抑えつけたり、小出しにしたり、ときにはそのエネルギーを行動のためのエネルギーに転換させて、うまくやるのが大人の対応というやつでしょう。

bara

とはいえ、あまりコントロールすることばかりに意識を向けても疲れるだけ。そもそもそれは自然なことじゃない。

コントロールしなきゃいけないことはある。感情を表に出さないほうがいいこともある。でも全部が全部そういうことばかりでもない。感情をコントロールしなくたっていいときも、感情を素直に発散したっていいときだってある。

それは自分を受け容れてくれる大切な人の前なのかもしれない、信頼できる仲間といるときかもしれない、それとも一人でいるときかもしれない。いずれにしても、素直に発散してもいいところ、素の自分でいていいときはある。

もちろん、それでもある程度のコントロールは必要なのには変わりませんが。

<参考過去記事>
図解あり/感情をコントロールできれば、潜在意識は力を発揮する。感情を無理に抑えつけようとすれば、感情に飲みこまれる。

それでも、日常的に感情をコントロールすることばかりに意識を向けてしまえば、感情を表に出したいときにも表に出せなくなる。結果的に自分の中の黒い塊がすくすく育つことになる。

■素直な自分を出せる場所

ときには感情のおもくままに泣けばいいんです。泣いても誰も責めませんよ。誰だって泣くんです。泣いて自分を発散することを忘れないようにすることです。

どうでもいいんですが、ウソ泣きしてその場を誤魔化そうとするバカ女はイライラするし、ウソ泣きくらいは普通はみんなお見通しなのでやめたほうが賢明ですな。

怒りも同じですよ。ときにはブチ切れてもいいんです。言うまでもなくいろいろな意味で実害が出ない範囲で。

つまりは、他人の顔色を、その場の空気を気にしすぎて、本来の自分の自然な姿まで見失う必要はないってことですよ。そしてそのためには、ときに笑い、ときに泣き、哀しみ、怒ることですよ。心から。

自分をコントロールするということは、自分の心を殺すことじゃない。自分のやるべきことのために、自分を見失わずに感情の向けどころをうまく制御することですよ。

だから、感情を表に出すことは悪いことじゃない。泣きたければ泣けばいい。怒りたければ怒ればいい。もし自分をコントロールすることに疲れを感じるならば、たったそれだけのことでも心はスッと楽になるもんですよ。

それに、誰だって自分に対して素直な感情を表現してくれる人のほうが、安心できるし、あ、自分は信頼してもらえているんだな。と思うもんです。

<参考過去記事>
好かれようとして偽りの自分を演じたところで嫌われる。自然体でいることを好きでいてくれる人がいればいいでしょ。

周りの目を気にして自分の心を殺しているなら、こんなにバカバカしいことはない。あなたは素のあなたを、自然な感情をそのまま表現するだけでいいんです。そのほうがよっぽど魅力的なんです。

感情に流されしまう人ってのはしょーもないですが、感情を殺して自分の心と自分の魅力を殺してしまう人ってのもしょーもない。

まあ泣いて笑って怒って悲しめる。そういう自然な自分でいられる物理的、もしくは精神的な居場所を見つけておくってことも、同時に考えるということも忘れちゃいけませんがね(^。^)y-.。o○

引き続き全国各地で逢いましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。