小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

わずかでも毎日前進することがチャンスへの近道。ただ止まっているだけならチャンスは遠ざかる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

わずかでも毎日前進することがチャンスへの近道。ただ止まっているだけならチャンスは遠ざかる。

■日々の継続こそ重要

突然に空からビッグチャンスが降ってきて、それをいとも簡単にGETする。そんな爽快なサクセスストーリーというのも悪くない。

kangaru

しかし現実にそういう話しは往々にして、というよりほぼ間違いなく空想の世界で終わりですよ。あるのかもしれませんが、奇跡レベルでの稀な話し。


仮に突然にチャンスが降ってきたところで、ある日突然その場だけ、あるとき突然その日だけ、そのチャンスを掴める別の自分になろうとしたってそりゃ無理ですわ。

そんなに突然いつもと違う力を発揮することなんてできませんよ。

よっぽど何かに追い詰められて、どうしようもなくなっての火事場の馬鹿力を発揮することならあるかもしれない。でもだいたいそんな場面はほとんどない。あったってたかがしれてますよ、そんなこと。

そういう意味では土壇場に強いかどうかなんてのは、実生活ではほとんど関係ない。普段ダメでも10年に一回9回裏逆転満塁ホームランを打つやつよりも、2割5分でも毎年継続して淡々と結果を残すやつのほうが信頼できる。

そもそも日頃淡々と継続して何かを残していなければ、打席に立つチャンスだってこないでしょう。俺にだってチャンスを与えられればと言ってみたところで、何も残してきてないやつにチャンスなんか与えられない。

世に一発大逆転というのは事実としてありますよ。が、そういう人を見ていれば皆チャンスがいつきてもいいように準備を怠っていなかった。誰かがチャンスを与えたいと思うような何かをしてきていたからですよ。

その場そのときになれば、自分は力を発揮できる。その場そのときになれば、やれるはず。だったら今やれよ。すぐやれよ。やってみせればいいだけですよ。

とはいえ、別に何か特別なこと、今までやっていないようなことを、とってつけたようにやる必要もないですよ。まずはできることでもやればいい。

<参考過去記事>
無理して自分を変えるのではなく、変えなくても対応できる方法を知っておけば、ほとんど問題ない。

できることでも、そこに力を今以上に注げばいいだけ。それを継続することだけでも充分に価値のあることだから。

■できることをやればいい

できない大風呂敷広げることよりも、できることを、やると決めたことを精一杯やるしかない。もちろん広げた大風呂敷を実現できればそれが最高。とはいえ、それが足かせになってるなら、まずは足元からってのは当たり前。

とにかく前に進めば積み上がる。止まっていれば何も積み上がらないし何も起きない。5年前の自分を振り返って、この5年間でどのくらいのことを積み上げてきたか。考えてみればいいんです。

今年一年でもいいですよ。今年の正月からこの一年でどのくらいのことを自分はやったか。目標を達成できたかどうかも重要ですが、その達成のための具体的に何をどれくらいやったのか。

上でも言いましたがね。その場そのときだけ突然何かしようとしたってできやしませんって。日々自分が積み上げてきたことしかできないんです。それを踏まえて今の自分が過去の自分と比べて、何がどれくらいできるようになったのか。

一方で、何かをやるために、何をどれくらい代償として差し出すことができたのか。

過ぎた時間は戻ってこない。そして過ぎた時間の中で培った経験の濃さの違いこそが、チャンスが訪れてくる人とそうでない人、チャンスを掴む人とそうでない人の違いになるのでしょう。

<参考過去記事>
図解あり/得られる成果は差し出された代償に比例する。何も差し出さなければ何も得られない。

運という不可抗力や、周りの状況や環境、そして他人の目に身を任せるのも、それはそれでいいのかもしれませんがね。それを望むなら。

逆に自分で道を切り開いていこうとするならば、できることでも自分で決めたことを淡々と積み重ねていくしかないでしょう。

死ぬまでに一生出逢わないかもしれない土壇場でしか力を発揮できないよりも、日々の淡々とした積み重ねのほうが、チャンスを掴む可能性は高いってことですわな(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。