小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人やどこかの誰かにどう思われようが関係ない。自分で自分のことをどう思うかのほうがはるかに重要。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

他人やどこかの誰かにどう思われようが関係ない。自分で自分のことをどう思うかのほうがはるかに重要。

■どちらの自分を優先するか

自分で思う自分の姿というやつと、他人から見たときの自分の姿というのは、往々にして一致しない。

ressa

家族のような、特定の親密かつ継続的な関係にある場合には、ある程度は一致することもあるのでしょうが、それでも完全には一致しない。


自分で思う自分という人間と、他人から見る自分という人間に違いがあるのは、まあ当たり前。僕から見るAさんという人の人物像と、あなたから見るAさんという人の人物像が違うのと同じでしょ。

人に対する評価なんて人それぞれ。それは自分についても言えること。

大事なのは、そのどちらを優先するかということですよ。自分で思う自分の姿と、他人から思われている自分の姿。

人間は誰であれ、自分が思い描いた自分の姿、つまりはセルフイメージ通りの人間になるもんです。それが良いか悪いかに関係なく。

だから、ホントはこういう自分でいたい。こういう自分のキャラが居心地がいい。そう心の奥底で感じているにも関わらず、周りの意見や空気に流されて、わざわざ本来の自分とは違う自分のイメージを作ろうとすると疲れる。

そうなりたいと思う自分と、そうしなきゃいけない自分が、両方心の中に存在してれば、そりゃまあ疲れる。どっちつかずに宙ぶらりんだからケツの座りも悪いし、なんだかモヤモヤするばかり。

とはいえ、世の中それなりにうまく渡っていくには、TPOに応じた自分というキャラの使い分けは必要でしょう。でもそれは、根っこの部分で本当の自分をちゃんと持っていられればという話し。

<参考過去記事>
心にアンカー(錨)を落としておけば、波がきても風が吹いても流されず、ブレない自分でいられる。

他人なんてのは無責任にいろいろ言いますからねえ。そんなもんに同調するために、その都度自分のイメージ変えようとしていりゃ、そのうち自分が一体何をしたいのかさえ見失ってしまうもんですわ。

■基準は自分

まずは他人からどう思われているかではなく、自分が自分をどう思いたいのかをはっきりすることですよ。どんな自分でいることが自分にとって一番納得感があるのか。

それさえはっきりさせてしまえば、そのセルフイメージに基づいて考え行動すればいいだけのこと。理想の自分ならこう考える。理想の自分ならこう行動する。

基準はあくまでも自分。周りの他人が「あなたってこういう人だよね」「お前ってこういうタイプでしょ」と言われたところで華麗にスルー。もちろん有益なアドバイスなら耳を傾ければいいだけのこと。

やがてセルフイメージが潜在意識レベルで定着すれば、そのイメージどおりの思考と行動になりますよ。それこそ他人からどう思われてるのかなんて気にならなくなる。他人の意見に右往左往しなくなる。

他人からどう思われるか、他人からどう評価されるかを基準に、自分のセルフイメージについて考えてるのは単なる主体性の放棄でしょう。それこそそんなヤツは誰も相手にしなくなる。それでますますセルフイメージが悪くなっての素敵な悪循環。

いいんです。自分優先で。自分が求める自分の姿。自分が一番納得して腑に落ちる、心落ち着く自分の姿のイメージで。それでも好かれる人には好かれるもんです。それに嫌われる人には何やったって嫌われるし。

<参考過去記事>
いい人を演じるのをやめれば心が解き放たれる。つくり笑顔じゃ自分も他人も誰も幸せにならない。

上でも言いましたがね、誰であれ人間は自分が心に描いたセルフイメージのとおりになるんです。ということは、その思い描く姿に、無責任な他人の意見を反映させることは自分自身への責任の放棄でもある。

そりゃ、他人からどう思われたいかということも、考えなきゃいけないこともあるでしょうよ。それでも根っこの部分は自分で望む自分の姿をセルフイメージとして鮮明にしておくことでしょう。

結果的にそのほうが精神的にも楽になれますしね(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。