小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当に愛しているなら、衝突を恐れないこと。心から信じれば、ぶつかるほど愛は深まる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/01/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第11回

女性の人生危機回避方法は「カンを磨き、カンに従うこと」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー

本当に愛しているなら、衝突を恐れないこと。心から信じれば、ぶつかるほど愛は深まる。

心から信じるほどに愛が深まる

生き方や価値観なんて百人いれば百通り。一万人いれば一万通りあるもので、みんな違うのは当たり前。みんな違ってみんないい。
小川健次Blog
表面的には同じこと言っているようでも、その捉え方は違うだろうし、夫婦で同じ将来の夢を見ていても、そこまで行き方についての考え方だって違うもの。

何事かを達成するための手段方法なんて、皆がそれぞれの生き方や、価値観の中で生きている以上、その前提で主張する方法の、どれが正しくてどれが誤っているかなんてのは、誰にもわかりゃしませんよ。

それぞれが自分の価値観に基づいて正しいと言っている以上、どれも正解ではあるのかもしれないが、どれも間違っているかもしれない。最後の最後に出た結果てしか評価のしようがないんです。

求めた結果に対する達成度合いを見れば、どの手段方法が正しくて、どれが誤っていたのかははっきりする。しかし一度結果が出してみない限りは、その答えが明確に判明することはない。

僕も、毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージではいろいろ好き勝手言ってるが、これも僕の考えで言ってるだけで、客観的に正しいかどうかを知る方法は、そのとおりにやってみたときの結果でみるしかないんです。

要するにね、人は皆、自分の価値観や世界観に基づいて、自分が正しいと思うことを言う、自分が正しいと思う方法を主張する。それが他人にわかってもらえないことはある。理解してもらえないこともあるということ。

それが、どんなに大切で、どんなに身近で、どんなに愛し合っている人同士であったとしても。いや、むしろ愛し合ってるからこそ、理解できないし、理解したくないと思うこともあるのかもしれない。

ならば、最後はあなたが、心から信じる道を進むしかないでしょう。あなたがこれだと思う手段方法を取るしかないんです。あの人がそれは違うと言っても、それはあの人の基準で言ってるだけ。あなたがそうじゃないと思うなら、そうじゃない判断をするしかない。

もちろん、それで大切な人と衝突することもあるでしょう。議論になることだってある。

いいじゃないですか。お互いが自分の信じる道ですよ。双方が正しいと思うことなんだから。その道を貫き通すために、思っていることを遠慮せずに言えばいい。徹底的に議論すればいいんです。

しかも、お互いがお互いのためを思い、お互いの幸福のために信じることなのであれば、異なる意見でも、ちゃんと言っておかないと、後々お互いが傷つくことになる。ちなみに、そのあたりのコミュニケーションの方法を詳しく知りたければ、僕の個別セッションにでもくればいい。

<参考過去記事>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

大切だと思う相手、心から愛している人であればなおさらのこと。そこで中途半端に想いをうやむやにするのではなく、真剣に真正面から向き合わないと、相手だって真剣にこっちを向いてくれませんよ。

相手のため。お互いのため。二人の未来の幸福を実現するために。あなたの見返りへの期待なんか手放して、相手のことだけを考えた、純粋な考えや思いにのっとったものであれば、そのくらいの衝突でご縁は切れませんよ。

本当に愛しているなら、衝突を恐れるな

それがたとえ大切な人のためとはいえ、あなたが信じた道を歩もうとすれば、その大切な人と衝突することもある。ときには、理不尽な批判にさらされることも、あるかもしれない。でもね、そう言ってる人たちだって、自分の価値観に基づいて言ってるだけ。それが正しいわけじゃない。

ならばあなたは、自分で信じた道を行けばいいんです。今の時点で理解してもらえなかったとしても、結果が出れば理解してもらえることもある。何より、あなた自身がそこで心折れてしまえば、後悔しか残らないでしょ。

そのためにも、あなた自身がどこに向かおうとしているか。大切な人と、どんな幸福を手に入れようとしているか。それはきちんと伝えておかないとダメですよ。それ伝えないまま、とにかく目先のこといろいろ言っても何も伝わらないんだから。

向かう方向性、着地すべき場所を伝えた上で、そこに向かうための手段や方法について、考え方に相違があるのはしょうがない。お互いが信んじた道を歩もうとすれば、そりゃ衝突はありますよ。でもそのくらいでご縁は切れないから大丈夫。

いや、その場は決裂するかもしれない。一時的にはご縁が切れてしまうこともあるでしょう。でもね、いずれ必ず理解し合えるときがくる。あなたの思いが、本当に相手のため、お互いのためだけを考えて、見返りへの期待に執着していなかったのであれば。

その一方で、心のどこかに少しでも、自分本意な考え方を持って、とにかく自分の目先の都合、目先の損得に基づいてのものなら、決裂どころか三行半を突きつけられてさようなら。

心のどこかで、自分だけ有利になるよう、自分だけは逃げ道残しておくよう、自分の立場だけは守れるよう。そんなセコい考えを持ってるから見透かされるんです。エラソーに言いながら結局全部手前ぇのためじゃねーか。そんな空気が伝わるから愛が消えてなくなる。

だからお互いの幸福のための、建設的な議論としての衝突ではなく、自己保身のための感情的な単なる喧嘩になる。あー言えばこー言うの応酬で、挙句の果てにはお互い人格攻撃で収拾つかなくなる。やがてLINEもブロック、電話は着信拒否。

今衝突して、お互いが離れ離れになったとしても、ご縁があればどうせまた引き寄せあう。小さなことへの執着は手放していい。お互いにとって必要なことなら、今衝突を恐れるな。

<参考過去記事>
別れた大切な相手でも、縁があればお互いを引き寄せる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けよう。

どんなに身近で愛し合う仲であっても。人生観や価値観はそれぞれ異なる。ならば未来に望む幸福の形も違うでしょうし、それを実現するために手段や目的について意見が割れるのは当たり前。その結果として衝突も起こる。いいじゃないですか。むしろお互い真剣だから衝突するんです。

私心なく、相手のため、そしてお互いの幸福のためと本気で思っているならば、ちょっとくらいの衝突で縁は絶対に切れませんよ。むしろお互いが本気で意見を交わし合うことで、愛と信頼が深まるってもんですわな(^。^)y-.。o○

真剣に向き合える、理想のパートナーと出会う方法
↓ ↓
恋愛力UP実践プログラム
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。