小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

また会いたいと思われる人は、次の行動が素早い。ご縁を深めたければ、すぐにその思いを届けよう。







6月限定。参加費57%OFF!
小川健次
小川健次
↑ 6月東京にて ↑


受付可能数/4名まで(あと2名)
小川健次セミナー
最長1年のフルサポート

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

また会いたいと思われる人は、次の行動が素早い。ご縁を深めたければ、すぐにその思いを届けよう。

ご縁は自分で引き寄せよう

ひょんなことから縁がつながったと思った相手とも、ふと気付いたら切れてどっかに飛んでって、せっかくの出逢いも何も得るものないまま終わってしまうことはある。
小川健次Blog
まあご縁が無かったと言ってしまえばそれまでですが、それにしてもせっかく繋がりかけた関係ならば、何かお互いにとって生産的な関係に発展させたいといは思うもの。

それでもやっぱりご縁次第。長く付き合いたい人でも、突然の別れが訪れることはある。逆に別れたいし関わりたくない人なのに、なぜだか別れられないこともある。

ご縁についてはどうにもならないこともある。人智を超えた不思議な力で、くっついたり離れたりしてるんじゃないかと思うような、出会いや別れ、人との関わりってのは誰もが経験したことあるでしょう。

とはいえ、すべてを成り行き任せにすることもない。どうにかできる範囲でどうにかできることもある。自助努力で繋ぎとめられたり、切り離したりできる縁もある。

簡単なことですよ。コミュニケーションの頻度を増やすか減らすか。それは自分でどうにでもコントロールできることでしょう。

主体的に関係を維持しようと思えば、積極的にとまではいかないにしても、何かしらの形で連絡を絶やさないようにするもんです。ほら、こうして僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージのように。

縁を繋ぎとめたい、関係を深めたい。そう思ったところで連絡絶やせば自動的に自然消滅。せっかくの出逢いも、せっかくの縁もさようなら。お互い記憶の片隅くらいには残るかもしれない。あーそーいやそんな人もいたね。

逆に関係を断とうと思うなら、連絡を断てばいいだけ。仮に連絡断つことできなくても、心の扉を閉ざしてしまえば、何となく空気を読んで相手はどこかへ消えていく。

関係断ちたいと思うのに、いちいち相手するから断てなくなる。なんか悪いし可哀想。とりあえず話しくらいは聞いてみるか。その度に情が移ってズルズルと無益な関係が切れない悪循環。

どちらにしたって、自分でコントロールできる領域のことですよ。自分がどうしたいか。どんな人とどんな関係を維持したいのか。それが明確であれば、人間関係は自分で制御できるんです。

それでも意図せず切れる縁も切れない縁もありますよ。こればっかりは世の中どこでどうなるかわからない。どこでどんな人と関わるかもわからない。それでもせめて自分でコントロールできる範囲のことはある。それコントロールしないから、時に都合のいい女に成り下がる。

<参考過去記事>
都合のいい女になる理由は、愛がないから。その人の想いを想像すれば、無意味な関係は断ち切れる。

どうにもならないことについては、ジタバタしてもしょうがないじゃないですか。それこそ縁ですよ。それはもう抗うだけ無駄。そんなもんかと思って受け容れる。

でも自分の意識と行動次第でどうにかできることもある。その人に連絡をするかどうか。会いに行くかどうか。その選択は自分できるんです。そしてその選択次第で深まる縁はいくらでもあるじゃないですか。

■すぐに動けばご縁はつながる

そう思ったら即行動。時間が経てば気分も萎える。特に人間関係なんてのは、相手もあること。自分がずっと思い続けられても、相手にとっては忘れてしまうことだったりもするんです。

せっかく出逢って、せっかく関係深めたいと思っても、時間の経過とともに相手はこちらのことなど忘れていくもの。出逢ったときの高揚感はもちろん、印象さえ薄れてしまう。

そんなときはすぐ会いに行けばいい。無理なら電話。メールでもLineでも別にいい。そんな大した用じゃなくてもいいんです。あなたのことを気にかけてる。あなたとの関係を持続したい。そんな気持ちが伝わればいい。

そのカンタンなことをサボるから、せっかくの縁がプチっと切れる。後になって、あー出会いがねー縁がねーなんて、恐ろしいくらいにアホなことでボヤくことになるんです。

逆に考えてみればいいんです。身近な誰かや最近知り合った人、少なからずの興味を持っている人から、何気ない連絡がくればちょっとくらいは嬉しい気がするじゃないですか。だから今度はこっちから連絡しようかなあなんて思うもの。

別に何か大げさな理由なんか要らないし、怪しげな小手先会話術なんか必要ない。ちょっと顔見せる、ちょっと声を聴く。ちょっとメールを送信する。相手を気遣う気持ちを伝える。それだけのこと。

ちょっとしたコミュニケーションを通じて、自分があなたに関心あります、縁を深めたいです。そんな意思が伝わるだけで人と人の距離なんて一気に近くなる。縁が深くなるんです。もちろん回数やタイミングは社会通念上の常識の範囲内で。

大した用もないのに連絡したら迷惑じゃないか。そんなことしたら嫌われるんじゃないか。そんな忖度は不要ですよ。だいたいね、その程度のことで嫌われるなら、何したって嫌われる。っつーかもともと嫌われてる。当たり前の常識の範囲内のことであれば、それが避けられる理由にはならないから。

仕事上のことであれ、恋愛であれ、家庭やご近所付き合いでもみんな同じことですよね。自分でそうしようと思えば簡単にできること。

僕が言うのもすっっっごくアレですがね、宇宙の法則で縁を引き寄せるのを期待するその前に、できることはやればいい。会いに行けよ。電話しろよ。メールでもLINEでもしろっつーの。あなたの直感を信じて、ちょっとアクション起こしてみるだけで、ご縁を引き寄せることはできるもの。

<参考過去記事>
ご縁を感じた人との、関係を大切にしよう。直感を信じれば、理想の人と結ばれる。

最後の最後は人間同士のことだから、そりゃその関係がそうなるかなんて当人同士はもちろん、誰にもわかりませんよ。数字で計算できることでもない。それこそ縁に導かれるのか宇宙の法則なのか。

だとしても、今目の前でできることはいくらでもある。自分の選択次第でもっと良くできる関係だってあるんです。それもそんな大したことじゃないこと。自分次第でできること。それをやるかどうかの選択ですよ。

そして、また会いたいと思われる人ってのは、往々にして、向こうからまた会いたいと言ってきてくれる人だったりもするものですしね(^。^)y-.。o○

【理想のパートナーとのご縁を引き寄せるには】

理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

↑↑大阪3/24(土)名古屋3/25(日)↑↑

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

入会キャンペーン実施中
小川健次
↑ 5/31(木)まで ↑

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。