小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

潜在意識の習慣が結果の価値を大きく変える。良くなる方法を自然に考えられると、道が開けて行動が生まれる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

潜在意識の習慣が結果の価値を大きく変える。良くなる方法を自然に考えられると、道が開けて行動が生まれる。

■問題の発見は決めない言い訳探し

気が落ち込んでいるときというのは、どうしても物事を悪く考えがちになるのは、ある意味ではしょうがない。

小川健次BLOG

とはいえ、気が落ち込んでいるわけでもないのに、つい習慣的に物事を悪く考えてしまうというのは、非生産的なこと以外のなにものでもない。


誰であれ、日常生活のすべてに一切の問題のない人なんかいませんよ。多かれ少なかれ何かしらの問題はある。

それでも現実にそれらの問題が、実生活に大きな影響を与えないのは、問題ではあるけれど、実生活に影響を与えるほどのことではないような、小さなことだから。って当たり前。

ホントに実生活に影響を与えるような大きな問題であれば、それこそもうすでに対応しているはずでしょう。対策をとっているはずでよ。そんな大きな問題なら放置できないしスルーできない。

にも関わらず、実生活に影響のないような、とるに足らないような問題をわざわざ見つけてきては、あれはヤバい。これはヤバい。どうしよう。まいったなー。と頭を悩ませたところで何の意味もないでしょ。

おまけに、放っておきゃ別に問題でもないようなことを、必死に探してきては、あれが問題でこれが問題だと大騒ぎ。お前は小姑か?

ちなみにこれ、笑いごとでも他人ごとでもないんです。何かをやろう、何かを決めようと考えているにも関わらず、決められない、行動できないときの大きな原因の一つはこれですよ。無意識のうちにやってしまう、決めない、そしてやらない言い訳探し。

何やるにしたって、多かれ少なかれ問題はあるんです。いや、それこそ何もしなくたって問題はある。一切の問題が何もないことなんてない。その全てがクリアできるの待ってたら、日が暮れるどころか、白骨化しますよ。

それに、今までだって変わらず存在していた問題なのに、何かやろう、決めようというときに限って、わざわざ注目して取り上げるのもおかしいでしょ。だから要するにホントは問題だとは思ってないんです。言い訳にしたいだけなんです。自分自身に対しての。

だいたい、その気になれば解決できない問題なんてないんです。

<参考過去記事>
問題は直視してすぐに向き合えば解決できる。見て見ぬフリは解決をより困難にする。

ホントに問題だと思うなら、とっくの昔に解決してますから。

■目を向けるべきは何か

自分の思考と行動を止める理由をあれこれ考えているならば、それをやったときに、それを決めたときに、どんな利益が得られるかを考えたほうが、はるかに生産的でしょう。

そこで得られる価値のことを考えれば、とってつけて探してきた目の前の問題なんか、はっきり言って小事でしょうよ。んなもん考えるのがバカバカしくなる。

現実的な解決を要する問題だとしても、それを思考と行動を止める理由にしないことです。その問題をどう解決することが、次に進む最短距離で、かつ次のステップへ活かせるかを考えればいいだけだから。

つまりは、だからできない、じゃなくて、どうすればその問題を解決することで、もっと良くなるかという発想。そのためにどうやって問題を解決するかという考え方。

問題だー問題だー。だからできない。決められない。と言ってたって何も生まれるものはないでしょう。まあ問題を見つけられる俺カッケーって、自己満足に浸りたいだけならばそれもいい。

でも、そんなことしてる暇があるなら、どうすれば良くなるかを考えたほうが、後で得られる充足感や満足感は、その場での自己満足なんか比べものにならないほど、味わい深いものになるでしょう。

そして、こういう考え方の多くは潜在意識レベルでのクセに依存する。つまりは無意識のうちに、問題に目をやってしまっているのか、どうすれば良くなるのかに目をやっているのか。そのクセ付けの問題ですよ。

だからまずは、日常の些細なことでも、さほど問題ではないことは華麗にスルー。これ基本。

その上で、スルーできない問題があれば、それがいかに問題であるのかの理由について考えるのではなく、どうすればその問題を解決できるかを考える。そしてその解決によって得られる利益をイメージする。その繰り返し。

あ、もちろん問題解決の行動はDo it now! これも基本。

<参考過去記事>
立ち止まるから迷いが生まれる。迷ったときは今すぐやる。

すると自然と、目に見えるもの感じるものが変わってくる。潜在意識レベルで物事の見方やとらえ方が変わってくる。

誰にでも何やるにしても課題や問題がゼロなんてこたぁありませんって。重要なのはそれに引きずられて右往左往して時間を無駄にするのか、それより価値のあることに目を向けて前に進むのか。

起こった事実は同じでも、その意味付けと解釈。そして対処の仕方で生まれる価値には、雲泥の差があるってことでしょうな(^。^)y-.。o○

この週末は札幌で明確な目標。その後は大阪で恋愛力。さらに名古屋へ。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。