小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人を操ることへの執着を手放すと、愛を引き寄せる。想いを全力で伝えれば、ご縁が結ばれる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/01/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第12回

女性の優しさに付け込む、クズ不倫男を見分ける方法と別れ方

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー

他人を操ることへの執着を手放すと、愛を引き寄せる。想いを全力で伝えれば、ご縁が結ばれる。

他人はどうせ操れない

あなたがどんなに愛する人であろうが、どんなに距離の近い人だろうが、他人は他人。その人の考えや生き方を、本人以外の第三者が決めることなどできませんよ。

命を脅かしたり、洗脳したりすれば、そりゃ言うこと聞かせることもできるかもしれませんが、それにしたって、それは本人の意図することじゃない。

他人は横から好き勝手なこと言って干渉してみたり、自分の主観に基づいた批判をしたりすることはできるんです。言うだけならタダ。無責任にいろいろ言うことはできる。でも、最後の最後に、自分の道を決められるのは本人だけ。

だからね、あの人は私の期待どおりのことをしてくれない。私のことを理解しようとしてくれない。私の思いを受け入れてくれない。そうやって、あなたがストレス感じたところで、まったくの無駄。あの人はあの人で、あなたじゃないんだもん。

逆の立場で考えてみればいいじゃないですか。周囲の人が何を言おうが、他人が何を期待しようが、あなたはあなたでしょ。最後はあなたが自分の考えに基づいて、あなた自身で決めてそうしているだけのこと。

それが誰かに迷惑をかけているとか、損害を与えているということでもなければ、どんなに身近な相手であろうが、人の考えにあれこれ言われても、それに応える義理くらいはあるかもしれませんがね、義務なんてもんはありませんよ。

あの人をご飯に誘ってみた。でも断られた。あの人を気遣うLINEを送ってみた。でも気のない返事、もしくは既読スルー。いいんです。あなたのその行動をどうするかは相手の自由。誘ったのもLINE送ったのもあなたの自由。どちらも大人の自由判断。

ちなみに、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでの話しも、受け入れるかどうかはあなたの自由。そういう意味では僕も何を言うかは自由。無責任といえばそうかもしれませんが、どうせ責任なんか取れねーし、取る義務もない。

あなたの誘いを、あの人が断った。あなたのLINEをあの人がスルーした。だからといって、あの人はヒドい。なんて文句を言うほうがヒドいってことですよ。あなたの自由意志での行動を、相手も自由意志で拒否しただけ。お互いさまなんです。

組織での指示命令ならいいんです。指示命令は徹底させなきゃ、組織は維持できないんだから。でもね、そうでないこと。その人の自由な判断決められることについて、相手の意思に介入しようとするから、期待どおりにならないことに執着するんです。

ガキじゃないんだから。お互いそこそこ人生経験積んできた大人でしょ。誰にだって選択の自由がある。あなたも僕も、最後の最後は自分で決める。それを他人がどうこうしようとしないことですよ。押し付けようとしないことです。期待しないことです。

<参考関連記事>
期待しないほど、恋愛はうまくいく。見返りを求めなければ、お互いが心地良くなる。

あなたが他人に何かを求めて発する言葉は、あくまでもあなたの欲求でしかない。それを受け入れるかどうかは、あの人の自由。だから期待しない。執着もしない。

勝手な憶測や期待感で、あの人はこうすべきだ。あの人はこう答えてくれるに違いない。そんな決めつけで接するから、コミュニケーションが噛み合わなくなる。強引に噛み合わせようと執着するから、ますます関係がギクシャクしだす。

信じて手放せばお互いが楽になる

期待と決めつけで、相手に執着するのはいただけませんが、同じか、それ以上にいただけないのは、否定的な決めつけで何も言わないことでしょう。

この人は私のこと嫌ってるから、何を言っても聞いてくれないに違いない。この人はガードが固いだろうから、誘ったところで断られるに違いない。これも勝手な決めつけで、言いたいことも言わず、伝えるべきも伝えない。そりゃ何も起きませんよ。

同じことなんです。あなたの言葉を肯定すか否定するか、受け容れるか拒むかを決めるのは、あんたじゃない。その人本人なんだから。

あなたにできることは、あなたの言いたいこと、伝えたいことを、可能な限り最高の形で言う伝える、つまりは、相手にプレゼンテーションすることだけですよ。先に答えを決めることじゃないでしょ。相手はそれを観て聴いて、自分で決めるだけのこと。

恋愛や日常の人との関係はもちろんのこと、セールスだって同じでしょ。

要らない商品を無理にゴリ押しされれば、勧めるほうも勧められるほうも気分が良くない。かと言って、どうせ買ってくれないだろうと、卑屈になっていれば、その商品の良さを正しく伝えることができないから、それもお互いにとって不幸でしょう。

ならば全力で商品の良さを伝える。最高のものをご案内すればいいんです。後はそれを採用するかどうかは、相手が決めること。ゴリ押しも卑屈になることも必要ない。伝えることを全力で伝えて、あとは期待しないで手放す。最後はその人が決めればいい。

不用意な予断で、勝手に相手のことを決めつける。だから余計な期待をしてガックリしたり、押し付けで関係がギクシャクする。もしくは言うべきことを言えない。言えても消極的な言い方だから、結局否定的な回答をもらうことになる。

そうやって、他人のことを決めつけないことですよ。他人の心を支配しようとしないことです。他人の心の中はあなたはどうすることもできない。ならば、あなたができることをやり、あとは執着しないで手放してしまえばいいんです。
するとね、相手はあなたの想いを受け容れてくれますよ。仮に受け入れてくれなかったとしても、あなたにとって心がビビっとくる、ホントに縁ある人を引き寄せる。駆け引きも執着もいらないんです。あなたはご縁のある人と結ばれる。

それにね、変に卑屈になって、言いたいことを言わなかったり、中途半端な言い方をするようなメンタルだと、ロクでもないクズ男ばっかりが引き寄せられるから、注意したほうがいいよ。これマジで。

<参考関連記事>
クズ男と関わらないための、簡単な方法。クズ男を引き寄せてしまう、たった一つの条件。

まあ言ってしまえば、自分が傷つきたくないからってことでしょう。期待を裏切られる回答をされたくないから、決めつけてゴリ押ししたり、臆病になったりする。要するに、あなたのためにと言いながら、自分のため。自分が傷つきたくないだけ。

いいじゃないですか。どうせ他人の心は支配できないんです。その人はその人。あなたは決められないんです。なら全力で言うべきを言い、伝えるべきは伝える。あとは信じて委ねて手放せばいいんです。

それくらい開き直って人と接することができれば、駆け引きなんか不要ですよ。だから執着して無駄なストレスを感じることもなくなる。ジタバタ焦らなくても、ホントに縁ある人を引き寄せて、結ばれるようになるってもんですわ(^。^)y-.。o○

本当にご縁ある人を引き寄せる、心の養い方
↓ ↓
東京開催決定!
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。