小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛されていることに気づくと、心が穏やかになる。愛されていることに気づかないから、ストレスでイライラする。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛されていることに気づくと、心が穏やかになる。愛されていることに気づかないから、ストレスでイライラする。

■愛は必ずそこにある

どんなにおかしな人だと思われている人であっても、この地救上の誰からも愛されていない人なんてのは、いないもんです。

小川健次Blog

結局どこかで誰かに愛されている。どこかで誰かに気遣われている。


それが良いか悪いか、好むと好まないというのは、そりゃまあその場そのときその相手によって多少の違いはあるでしょう。

が、それでも重要な事実というのは、ホントの意味で孤独な人なんていないし、完全に誰からも愛されていない人なんていないってことですよ。

それに気づくことができる、つまりはそれを実感することができると、自己承認欲求が満たされる。自分の存在に意味を見いだせる。だからホッとできるし穏やかになれる。

そして、気づくというのは受け容れるということ。大きい小さいに関わらず、その内容に関わらず、誰かの好意に対しては心からの感謝を示すということですよ。

そもそも誰であれ、ホントのホントに孤独で誰からも愛されない人なんていない以上、必ずそこに愛はある。

<参考過去記事>
あなたは孤独じゃない。あなたが誰かのことを考えているように、誰かがあなたのことを考えている。

日常で当たり前のことすぎて、つい見落としてしまうことかもしれませんが、必ず誰かがあなたに好意を示してくれることはある。愛をあなたに注いでいることはあるんです。

もちろんそれは男女間の恋愛感情という意味だけじゃない。上司部下の関係や友人関係。居酒屋のカウンターでたまたま隣合わせた人も含めて、あなたが関わるすべての人との関係の中でいえること。

誰かがあなたに示す好意や、注ぐ愛に対して、当たり前のことと思わないことですよ。そこに込められた気持ちに気づき受け入れる。すなわち心で感謝し、それを示すことです。

とはいえ、いくらなんでも受け容れられない相手もあるでしょうし、妙な勘違いをされても困ることもあるので、そこはまあ大人の対応で。

■素直に受け入れれば心が穏やかになる。

そこに愛があるのに、それに気づかない。気づいても受け容れようとしない。だから自分が認められていないような気分になる。なぜか寂しい気分になるしイライラする。

でもね、実際には上でも言ったように日常の些細な出来事の中、他人との自然のやりとりの中に愛は溢れているんです。それに気づくかどうか。気づこうとするかどうか。そして受け入れるかどうかでしょう。

気づいて受け容れる。そこでわざわざ拒否らない。全然私なんかダメですよー。そんなことないですよー。なんて遠慮しない。ありがとう。そう笑顔で受け容れればいいだけのこと。

そうやって心穏やかになれれば、余裕が生まれる。余裕が生まれるから、今度はあなたが愛を返したり、誰かに愛を注ぐことができるってもんでしょう。

まあ言ってしまえば、自分は誰からも愛されていないと、嘆いてるってのは自分本位な心があるということでしょう。つまり他人の心に対してアンテナ張ってない。相手の気遣いに対して配慮しようとする考えがない。自分で汲み取ろうとする意欲がない。

ちょっと考えてみればいいんです。相手の行動を少し洞察すればいいだけのことです。そこに相手の好意が見えるから。そこに相手の愛を感じることができるから。

余計な腹の探り合いは不要です。こいつのこの好意の裏には何があるんだろうか。この後にどんな要求されるかを考えると素直に喜べないぞ。みたいな駆け引きしててもしょうがないし、疲れるだけのことですよ。

だいたい相手もそんなこと考えてないし。まあ時と場合によってはそういうこともあるでしょうが、そんなのは現実には稀でしょう。誰だって自然な感情としての好意を、行動で示しているだけのこと。

そしたらあとはそれを受け容れればいいだけのこと。たったそれだけのことで、心が穏やかになるし、寂しさなんてのは消えてなくなる。妙な嫉妬の感情だって消えてなくなる。

<参考過去記事>
愛すれば距離は近くなる。憎悪や嫉妬を抱けば距離は遠ざかる。大切な人との距離は自分の心のありようが決めている。

いつでも心穏やか人を見てみれば実際そうじゃないですか。些細なことでも人の好意を受け入れる。そして何より、人の好意に気づいてくれる。だからいつでもニコニコしていられるのでしょう。

まずは今日一日の中での他人との関わりの中から、自分がどれだけ人に好意を持たれているか、どれだけ愛されているかに意識を向けて過ごしてみればいいんです。

一日が終わったときには心穏やかになれてるはずだから(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。