小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当に集中すべきことに集中すると、気分が高まりヤル気も生まれる。無意味かつ無価値なことを気にかけていると、思考と行動が止まる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

本当に集中すべきことに集中すると、気分が高まりヤル気も生まれる。無意味かつ無価値なことを気にかけていると、思考と行動が止まる。

■どちらを考えることがメリットになるのか

それを気にしたところで、自分にとってどんなメリットがあるのかを考えてみると、何もないことというのは意外と多い。

小川健次Blog

同じように、それは気にしなきゃいけないほどの問題なのかといえば、実はそれほどでもないことというのも、たくさんある。


まあ確かに、ちょっと視界に入ってしまうと気になってしまう。気になってムズムズしてしまう。何だか落ち着かないということはある。

取れて後付けしたシャツのボタンの色が微妙に違ってたり、ネオンの看板が切れて一文字消えてたり、なんだかちょっと気になって落ち着かない。そんなことはあるでしょう。

でもそれ気にしたところで、自分にとって何の意味があるのかってことですよ。いや、ボタンの色くらいの話しならどうでもいい。それこそ気にしたところで失うものもありませんから。

とはいえ仕事や人間関係で、気にしたところで意味のないこと、メリットなんかまるでないこと。そんなことに意識を奪われて、前に進むことができなくなっているのなら、それはそれで大きなチャンスを失う可能性が高いというもの。

他人の顔色だの、提出書類の書式、形式や慣習など、それこそ自分の過去失敗も。いや、それとこれとどっちが重要なのかってことですよ。

もちろん時と場合によりけりで、周囲の空気や、形式なんかを重んじる必要があることもあるでしょうし、そこを避けては通れないことだってある。

それでも、実はさほど気にしなくていいことのほうが多いもの。そこ気にしてるのは自分だけ。そういうこともよくあることでしょう。

自分にとって価値あることはどちらなのか。守るべきもの、手に入れたいものはどちらなのかということでしょう。差し当たって気にしてもしょうがないことを気にして、それで行動を止めていいのか。手に入れたいものを手に入れなくてもいいのか。

本当に意識を集中すべきことに集中せず、さほど価値があるとは思えないことに、意識を集中してしまっているなら、エネルギーを浪費しているならば。使うべきエネルギーの方向性をもう一度考えたほうがいい。

<参考過去記事>
無理なことにクヨクヨしても得るものなし。できることに全力を尽くすから価値あるものが手に入る

日常で起こるさまざな出来事のほとんどは、自分の人生を左右するほどの大事ということもないでしょう。

■心配ごとのほとんどのことは問題ない。

ネガティブな要素についても同じことでしょう。何をやるにしてもリスクを含めネガティブな要素はゼロじゃない。人だって同じこと。完璧な人などいないのは当たり前。

にも関わらず、重箱の隅をつつくように、あれこれ否定的な要素を見つけてきては、できない理由や、やらない理由、あの人がダメな理由や、うまくいかない理由についてしたり顔で語りだす。

それ言ってて話しが前に進むのかってことですよ。もちろん解決すべき問題なら解決すればいい。でも解決できないことや、解決しなくても大勢に影響ないことならスルーすればいいことですよ。んなこと言ってるだけ時間の無駄。

同じ労力同じエネルギーを使っているのに、常に前進している人と、なぜか同じところから全然動いていない人の違いの多くはそこに理由がある。

いやホント。それ気にしてて何かメリットあんの?それは大勢に影響を与えるほど大きな問題なの?ということに目を向けてても非生産的すぎでしょうよ。

それ見つけてくる労力を、その時間をどうすればもっとうまくやれるか、どうすればその人との関係を深められるか、それによってどんなメリットがあるか、を考える力と時間に変換するだけで、それこそほとんどの問題は解決してしまうでしょう。

いやまあ、あれこれ否定的な要素にばかり目が行くときってのは、ホントは潜在意識レベルで単にやりたくない、実は現状維持を望んでいるということでもありますがね。

<参考過去記事>
潜在意識の習慣が結果の価値を大きく変える。良くなる方法を自然に考えられると、道が開けて行動が生まれる。

とはいえ、現実社会で直面する様々な問題に対して、どうしても弱気になってしまったり、行動が止まってしまいそうなときは、少し冷静になって考えてみればいいんです。

それ気にすることで何がメリットになるのか。それは気にするほど重要な問題なのか。と。

するとほとんどのことはメリットもなければ問題もないことわかりますよ。今までだってそうでしょ。あれこれ考えた割には、考えたほど影響なかった。そんなことは思い出してみればいくらでもある。

そんなことより、どうすればもっと良くなるか。自分にとって価値ある影響を及ぼす、肯定的な理由に目を向けたほうが気分も楽しくなるってものですしね(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。