小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ピンチのときにはもう一人の自分の声に耳を傾けよう。そこに出口は必ずある。チャンスは必ず見つけられる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ピンチのときにはもう一人の自分の声に耳を傾けよう。そこに出口は必ずある。チャンスは必ず見つけられる。

■一歩引いたところから見ると違うものが見える

まるで予想していなかったような出来事に遭遇し、思いもよらないピンチに陥ることはある。

小川健次Blog

しかも予想もしていないような出来事ならば、そこで慌てふためいて自分を見失いそうになってしまうこともある。


いやまあ、ある程度予想していたとしても、ピンチに陥ればそりゃ平常心でいろというのも難しい。誰だって大なり小なり慌てることはある。

なので慌てるのはある意味ではしょうがない。が、ずっと慌てても問題が解決するわけでもないし、そればっかりじゃ疲れるだけでしょう。

かと言って諦めて投げ出してしまう。心折れてそこで思考も行動も止めてしまう。それじゃそれこそ何の解決にもならないし、何の利益にもなりはしない。

なのでそういうときこそ、もう一人の自分の声に耳を傾ける。

もう一人の自分といっても、
あれやこれやと危機を救ってくれる

百太郎

のことじゃないし、
パワー溢れる

オラオラオラ

のことでもない。

自分、そして自分と周囲の人や出来事との関係を、冷静に評価しながら、違う角度からモノを見れることができる、自分自身の違う視点のことですよ。

要するに一歩引いたところから、自分自身を客観的に見ようとすること。

それが必要なのはピンチの時に限りませんがね。ただピンチのときは視界がどうしても狭くなる。普段だったら見えるはずの解決の糸口さえ、ピンチになっていると見落としてしまう。そして余計に深みにハマって、ますます何も見えなくる悪循環。

だからこそ、あえて一歩下がって、自分と自分を取り巻く環境を客観的視点、つまりは俯瞰から見てみるんです。すると見落としている解決の糸口、そこからの出口、さらにはチャンスが見つかるから。

<参考過去記事>
乗り越えることができない試練に直面することはない。事実を冷静に直視すれば乗り越える方法は見つかる。

だって他人ごとならよく見える。他人のこと見て、ああすればいいのに。こうすればいいのに。そう思うことってあるじゃないですか。それを自分自身に向ければいい。それをするためにもう一人の自分の声に耳を傾ければいいんです。

■答えはもう一人の自分が知っている

良いか悪いかに関係なく僕たちは誰にでも多面性がある。多重人格という意味ではなく、あくまでもパーソナリティの多面性という意味で。

積極的な自分もいれば、消極的な自分もいる。明るくて社交的な自分もいれば、一人でじっとしていたい自分もいる。どの自分でいるかによって、見えるものや感じるものは違うでしょう。それこそ考え方だって違うことさえあるものです。

行き詰ってピンチになり、考えが凝り固まっている。。視界が狭まっている。そんなときだからこそ、一歩引いて考える。そしてそれを考えるときは違う自分で見てみるんです。必ず違うものが見えるから。

うまくもう一人の自分の視点で見れなきゃ、完全に他人の視点で考えればいいだけのこと。

例えば尊敬する人。その人の視点で考える。その人が今ピンチに陥ってる自分を見たら、どんなアドバイスをするだろうか。どこにヒントがあると教えてくれるだろうか。

例えば心から大切だと思う人。その人が今のあなたを見たら、あなたに何を求めるだろうか。どうして欲しいと考えるだろうか。そしてどうすれば手を差し延ばすだろうか。

どんな視点で見ようが、結局は自分の心の声。それでも心の声はちょっと思考に工夫を凝らせば、いくらでも引き出すことができるんです。

<参考過去記事>
潜在意識が答えを知っている。道に迷ったときは自分の潜在意識に任せてみよう。

ホントのホントに出口のない状態なんてそうそうないんです。どんな逆境だろうがそこに利益は必ずある。それを見つける視点を持てるかどうか。慌ててジタバタするよりも、ちょっと一息入れて、もう一人の自分の声に耳を傾ける。

まあ、なので日常的に自分を客観的に見るようにするというのは、そういう習慣を潜在意識に植え付けるという意味では重要なことなのでしょうね。

とはいえ、あまり客観的すぎるというか、いちいち斜めからばかりモノを見るようになるってのも、鬱陶しいし面倒。それこそチャンスを逸することにもなる。なのでそこはいつものごとくバランスで。

答えは常に自分の中にある。そしてそれはもう一人の自分が知っているってことが、往々にしてよくあるってことでしょうな(^。^)y-.。o○

週末は大阪。恋愛力を高める。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。