小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

素直に思いを伝えればお互いが幸せになれる。意地の張りどころを間違えるから、ただ苦しいだけになる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
大阪 2021/12/04(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2022/01/15(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座
福岡 2022/01/22(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

素直に思いを伝えればお互いが幸せになれる。意地の張りどころを間違えるから、ただ苦しいだけになる。

■わかってもらえないのではなく、わかってもらおうとしないだけ

あるんだかないんだかわからないような、大したことないプライド守ってみたはいいけども、気付いてみたら結局何も残らなかった。そんな経験の一度や二度はしたことある人もいるでしょう。

小川健次Blog

ここで自分から声かけたら、どうも相手に負けた気がする。相手に主導権を握られるようで、なんだかムカつく。


そのクセに、相手には自分の気持ちを汲むことを求める。自分のプライドは傷つかないように、ただ相手に求めるばかりで、自分は口を開けて待つばかり。

自分から想いを伝えれば済むだけなのに。自分から声かければスッキリすることなのに。なぜだかそこで意地張って、感じる必要のないストレス感じてイライラする。

なんで私がこんなに苦しい思いをしていることを、わかってくれないのかしら。なんで俺のこの気持ちを理解してくれないのだろうか。ってわかるワケないじゃん。バッッッカじゃないの。

自分が伝えたいこと言いたいことがあれば言えばいいだけ。伝えればいいだけ。それに言わなきゃわからないし、伝えなければ伝わらない。そこで自分のプライド守ることと、相手を失うこと。どちらが大事かなんて考えなくてもわかること。

そりゃどうでもいい相手なら別に気にすることもない。気に食わなきゃ適当にスルーしてさようなら。別にこちらが気をつかう必要なんてありませんがな。

一方で、自分が大切だと思ってる。ずっと身近にいて欲しいと思ってる。信頼できるパートナーだと思ってる。そんな相手に意地張って、何の意味があるのか。

それこそ勝負事ならときに意地の張り合いも必要なこともあるでしょう。そこは何が何でも譲れない。ここばっかりは死んでも意地張り通す。ってこともそりゃありますわ。

でもここで言ってる話しってそんな大ごとですか?それてもどっちが勝ってどっちが負けるとか、そういう勝負ごとなのか?

仮に勝負事であったとしたって、そこであれこれ余計なこと考えたり、無駄に意地を張るよりも、とっとと自分を明け渡してしまったほうが、話しが早かったりもするんですがね。

<参考過去記事>
駆け引きをやめて相手に明け渡してしまえば、身も心も軽くなり恋愛もビジネスもうまくいく。

そしてもっと大事なことは、そこで意地張ってることが、お互いにとって幸福になる道として正しいのかどうか。そこから価値あるものが生まれることがあるのかどうか。

■本当に守りたいと思うもの

もちろん何でもかんでも言えばいいかというと、そういうことでもないでしょう。余計なこと言って地雷を踏むくらいなら、口を閉ざしておいたほうがマシなこともある。

だから、それをなぜ言わないのか。なぜ言えないのか。その自分の気持ちと一度向き合ってみればいいんです。

言ったらどちらかが傷つくかもしれない。言ったら間違いなく不幸になる。もしくはそのようなリスクがかなりの割合が含まれている。ならば少しタイミングを見計らえばいいだけのこと。

冒頭で言ったように、自分から言葉にするのは、なんか負けた気がする。相手に主導権握られているようで、なんか面白くない。なんで俺が気を使わなきゃいけないの?なんで私から声かけなきゃいけないの?

そんなくだらない理由で意地張ってるなら、バカバカしいにも程がある。そこで守るプライドや自尊心なんてたかが知れているでしょう。そんなことよりもっと守らなければいけないことがあるでしょう。

言ってしまえば、ミもフタもありませんがね。ここは損得勘定で電卓叩けばいいだけのこと。意地を張らずに素直になれと言われて素直になれるんなら、とっくの昔になってますよ。だからここはピコピコと電卓叩く。

意地張ってまで守ろうとしている、そのプライドなり自尊心なりと、あなたにとって大切な誰かの存在と。捨ててしまっていいのはどちらか。価値あるものはどちらで、どちらを手に入れたいと思うのか。

それでもそこで意地張って、その場でのプライドなり自尊心なりが大事、そちらのほうが価値ある。そう思うならそれとともに生きればいいだけのこと。

そこで意地張るよりも、自分にとって大切な人と、素直な思いを交換できる関係を築きたいと思うなら、そうやって生きていけばいいだけのことでしょう。

あ、ところでこの手の話しをすると、よく「自分は素直なのに、相手の人が素直になってくれない場合は?」という質問する人がいますが、それ、あんたが素直じゃないから。そもそも素直な人は他人のことを素直じゃないなんて言わねーし。

ジョセフ・マーフィー博士も言うように、他人は自分の心の鏡。自分の心の状態が、相手のパーソナリティをあなたの目に反映しているだけのことですよ。

どんな場合でも答えは自分の中にある。人のことでイラつくんじゃないんです。その人をそう見る自分にイラついているにすぎないんです。

<参考過去記事>
心を平穏に保つのも、心に波風が立つのも、原因は他人の言葉ではなく自分の言葉。

まあいずれにしろ、張る必要のない意地張ってんのって疲れますから。肩凝るし。まあ熱いお茶でも飲んでボーっとしたら、気分切り替えて意地張んのやめてみるのもいいんじゃないですか。

と、いろいろな意味で最近意地張り続きの自分へ向けて(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。