小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やりたいと思うことだから頑張れるし結果を出せる。やりたくなければやめればいい。やり続けても結果は出ないから。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

やりたいと思うことだから頑張れるし結果を出せる。やりたくなければやめればいい。やり続けても結果は出ないから。

■やりたくないことだから結果が出ない

それをやったところで先の見えないこと。たとえ乗り越えたところで何ら価値を生み出さないもの。そんなものならやめればいいじゃないですか。

小川健次Blog

わざわざ苦しい思いをして、わざわざ耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだところで、その先に何もないのが自明であればその労力がもったいない。


もちろん、それがやりたくないことでも、どんなにしんどいことでも、その先に自分にとって価値あると思えることがあるのであれば、とことんやればいい。力を尽くしてできるとこまでやればいいんです。

耐える意味ある。忍ぶ意味があると思えることならば。

そりゃまあ生きてりゃいろいろありますよ。ずべてが順風満帆ということもないでしょう。思い通りにいかないことなんかたくさんあるし、ときに不慮の事故に遭遇することだってある。

それら逆境を乗り越えることで、自分にとって価値あること、乗り越えようとするプロセスで成長できることも、たくさんある。

一方で、つらいながらも、なんだこりゃ?なんでこんなことやってんだ?これ乗り越えて何があんだ?と、感じながらやってることもあるでしょう。

何となく今までそうだったから、そういうもんだから。そんな惰性になっていたりすることはないか。皆がそうしているから、やんなきゃいけない雰囲気だから。そんな空気に流されていることはないか。

だったらそれやめればいいだけですよ。時間とエネルギーの無駄だから。

そもそもその先に価値あるものを感じられない。やっても意味ないと感じてる。そんなもんやり遂げようとなんて思えないし、やり遂げられるとも思えない。だから無駄なんです。

<参考過去記事>
できると思うから思考は現実化する。できると思うためにセルフイメージを高めよう。

その道が険しかろうが、結果が失敗になろうが、それを心からやりたいと思ってやることに無駄なことは一切ないですよ。そこに学びや気づきがある。その経験は未来の糧になる。

一方で疑問を抱きながら、ダラダラ過ごす時間に意味などないでしょう。後で振り返ったときに何やってたかも思い出せない。そんな時間の使い方ならやめたほうがマシですよ。

■選択権は自分にある

何かに取り組もうとすること。そこには勇気が必要ですよ。だったその先の未来を誰も確約してくれないんだもん。それはそれで相応の覚悟も伴うことでしょう。

同じように、何となく惰性で続けていること。空気に同調してしまっていること。それをやめることも勇気が要るもんです。

やりたくないと思いながらも、これまでやってきたこと。それはそれでこれまでの自分の世界。それを断ち切ってやりたいこと。やることで自分に価値を生み出すものをやろうとすることも、相応の覚悟を伴いますよ。

だからそれは誰も決められない。自分で決めるしかないんです。やりたくないと思いながら惰性で継続することに納得するか、自分のやりたいこと意味あること、そして価値あることのためにやることを変えるか。

それは良いか悪いかじゃありませんな。あくまでも自分にとってどっちが好ましいかの話しだから。

だってやりたいことやりゃ楽になるかといえば、そんなこともないでしょ。むしろ何かを手に入れるために、限界にチャレンジする必要があるかもしれないし、そのために困難や逆境に見舞われることだってあるかもしれない。

それでも自分がやりたいと思っていることならば、心は折れない。上でも言ったように、そのプロセスは無駄にならない。そしてそれ以上に自分自身のやってることに納得感がある。

そういう意味では、それが望んでいないことだとしても、現状維持のほうが無風状態でリスクは少ない。

ナポレオン・ヒルも言うように、何かを得るには何かを差し出す必要がある。求めるものがあれば、それと同等の代償が必要になる。その代償を差し出せるかどうか。

<参考過去記事>
図解あり/得られる成果は差し出された代償に比例する。何も差し出さなければ何も得られない。

さらに、はっきりしているのは、どちらを選ぶにしても時間は必ず過ぎるし、過ぎた時間は戻ってこない。そして人は必ず死ぬということ。

ホントにやりたくないと思ってんならやめればいいだけですよ。そこにあれこれ色んな理由をつけてもしょうがない。やりたいことをやればいいじゃないですか。そのほうが色んな意味で生産性も高まるんだし。

まあ言ってみれば、仕事にしろ人間関係にしろ、何かにつけてうまくいかないと慢性的に感じることってのは、好きじゃないってことですわな。その状態を自分で受け容れて納得できるかどうかでしょう。

好きなことやるか、好きじゃないけどまあやり続けるか、その選択権は自分にしかありませんしね(^。^)y-.。o○

本当にやりたいことをやるには

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年6月の予定が一部追加・変更になりました
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。