小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心の余裕は他者への賞賛の感情によってもたらされる。心に余裕ができると、他者から賞賛される結果を生み出せる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

心の余裕は他者への賞賛の感情によってもたらされる。心に余裕ができると、他者から賞賛される結果を生み出せる。

■人は誰でも認められたい

人間は誰であれ他人から認められたいと思うもの。僕も誰かに認められたいし、あなたも誰かから認められたい。

小川健次Blog

認められたいといっても、別にエゴ丸出しの構ってちゃんというわけではない。自分という存在を自分以外の他者から認められるからこそ、誰だって自分が自分でいられるというもの。


その欲求が間違った方向に進むと、他人を公衆の面前で侮辱したり、その場にいない人の悪口を言ってみたりする。

これって自己承認欲求の発露ですよ。他人を自分より相対的に下にしようとすることで、私勝ってる、優れてる。という錯覚に陥って陶酔したいだけの自己満足。

言ってみれば、自分にこれといって、他人から認めてもらえそうなものがない。もっと言えば自信が持てない。だから身近な誰かを貶めることで、自分が上になった気になる。それで認めてもらえた気になるだけのこと。

仮にそれで承認欲求が満たされて気分良くなったとしても、しょせんはその場そのときその瞬間だけ。状況環境相手が変わればまた変わる。だから延々同じことを繰り返すしかなくなるんです。

そういう意味では人を侮辱したり、他人の悪口言ってる人ってのは、自分を認めてほしいだけ。自分を誰かと比較して上位に置いて満足したいだけ。だからそんな人の話しを聞く必要はないので華麗にスルー。

それが他人のことならスルーしておけばいいだけのこと。が、時に我が身を振りってみる。自分自身にそういう気配がないか。そうしたいという欲求が心の奥底でうごめくことはないか。

他人を貶める、他人の評価を下げる。それで自分の評価が相対的に上がることはありますがね。でも結局は絶対的な評価じゃない。バケの皮はすぐ剥がれる。

<参考過去記事>
図解あり/身近な人を認めて褒めれば評価が上がり、身近な人の悪口を言えば評価が下がる。

そして周囲からは、自分を認めてほしいだけの構ってちゃん扱いされて、スルーされるようになるだけのこと。

だったらその逆のことをすればいいんです。他人を認める。褒める。賞賛する。それによって自分が相対的に下がるように思うかもしれないが、実は全然そんなことない。

■人を認めて賞賛すると心に余裕が生まれる

他人を褒めて認めるって自分に余裕があるからできるです。余裕がないときは人を認めたり賞賛するのは難しい。

でもあえて褒めて認める。心はどうあれ態度と言葉でそれを示すんです。するとその余裕あるイメージが自分の心を穏やかにする。そしてホントに余裕が生まれてくるんです。

余裕が生まれるから、今度は本心から他人を認められる。そして余裕が生まれるから自分のことにも集中できす。結果、自分も他人から賞賛されるような結果を生み出すことができるようになる。

それに、言うまでもなく悪口言う人と、褒めて認めてくれる人と、どっちが信頼できるかってことですわ。信頼とまでいかないにしたって、どっちに好意を抱けるかと考えたってわかるでしょう。

誰だっで認められたい。あながた誰かに認められたいように、誰かもあなたに認められたいんです。自分がしてほしいと思うことはまず他人にそうしてあげることだ。ナポレオン・ヒル。

他人は自分の心の鏡。認めるから認めてもらえる。褒めるから褒めてもらえる。侮辱すれば侮辱され、貶めれば貶められるってもんでしょう。

なんか認めると自分が下になった気がする。なんか悔しい。なんかムカつく。その相手がちょっと気に入らない人だったり、ライバルだったりすれば、確かにそう感じることもあるかもしれない。

でもそこはあえて認めてみればいいんです。賞賛すればいいじゃないですか。褒めてあげればいい。

もちろん自分自身には悔しさ爆発こんちくしょーパワー炸裂。それでいい。それはそれでモティベーションに転換できれば。でも他人には心からの賞賛と承認。これ基本。

まずは他人を評価する。評価しようとすることですよ。それが心に余裕を生み、結果的に絶対的な評価が高まる。そうしてされた評価はその場だけのものじゃない。だからあえて言うなら余裕がないときほど人を褒めるべきなんです。

<参考過去記事>
苦しくて困っているときほど、苦しくて困っている人を助けると、状況が好転する

他人を貶めることで、相対的に自分の価値を高めて得られる満足感なんてその場だけ。

まあ世の中見渡してみて、心にゆとりのある人で、他人の悪口言ってる人はいませんし、他人に悪口言われてる人ってのもそうそういませんしね(^。^)y-.。o○

【心に余裕をつくるには】
◎大阪7/25(土)-7/26(日)
◎東京8/22(土)-8/23(日)
小川健次セミナー
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。