小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

決めてしまえば、迷いは自然と消えてなくなる。軌道修正はいつでもできるから、まずは進むことを優先しよう。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 福岡/東京↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次セミナー
小川健次


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/12/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第6回

悪徳商法にハマるキャリア女子、寂しさを埋めるポジティブ発言にダマされて

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

決めてしまえば、迷いは自然と消えてなくなる。軌道修正はいつでもできるから、まずは進むことを優先しよう。

■完璧な選択より、その場で最前の選択を

状況や環境による熟慮の結果、これが最適であり最善であろうと思われる選択や判断というのはある。

小川健次Blog

しかし、だからといってそれ以外にまったく他の選択肢がゼロであるかといえば、実のところそうでもない。


ということは、仮にその場そのときその状況での選択によって、好ましい結果が生まれなかったとしても、再度そのときに戻って、あらためて仕切り直した上で別の選択をすればいいだけのこと。やり直しすればいいだけのこと。

それによって時間が返ってくるかといえばそうでもないでしょう。でもそこで立ち止まってあれこれ考えてても時間は過ぎる。返ってこない。ならばその場は少なくとも最善と思われる道を進めばいい。

その結果が仮に好ましい結果でなかっとしても、その一連のプロセスが貴重な経験になる。そしてその経験とその学びが成長への糧となるのは間違いない。

だいたいね、過去そのときの選択が正しかったか誤ってたなんてことは、結果論でしか言えませんよ。今がうまくいってれば、そのときの判断で良かったと評価できるし、今うまくいってなければ過去のあの判断が原因だったと嘆くだけ。

過去も他人も変えられる。過去も他人も自分の主観によるしかないんです。今が良ければ過去は財産。今が悪けりゃ過去は負債。すべては今の自分の心の状態次第。

だから、あれこれ考えながら不確定な未来に対して完全を求め、ただ漠然と完全無欠でこれしかないと思える選択肢が見つかるまで待っているのは時間の無駄だし、非建設的ってもんです。

だって完全無欠な選択肢なんかないんだもん。これしかないなんて選択肢は出てきませんよ。だったらその場そのときそのタイミングで最善と思えるものを選択したほうがいいでしょう。

それで困難や逆境に陥ってもどうということはありませんよ。あえてその道を進むべきかどうかを試されているだけのことだから。

<参考過去記事>
しんどいことや苦しいことは、あなたのためのテストの一つ。本当にその道を進みたいか、本当に幸せになりたいかが試されている。

ただ闇雲に時間だけを経過させるのであれば、完全無欠の選択肢はなかったとしても、その場で最善だと思える選択肢を選択して前に進んだほうが、時間は無駄にならない。それで得られるもののほうが大きい。

■決めれば道は勝手に開ける

選択した道を進むことになっても、ただ闇雲に一つの選択に拘ることなんかないんです。進みながらその場その都度で、必要に応じて主体的で適切な軌道修正をすればいいんだけのこと。

自分が決めた最終的な目標がブレなければ、そこまでのルートが多少変わったところで大した影響なんかないでしょ。災害や事故でルートが遮断されているなら別の道を通ればいい。でも決めた目標は変わらない。それでいいじゃないですか。

最短で最適なルートを探そうと、ただ地図とにらめっこしてても何も起きやしないんです。だったらとりあえずアクセル踏めばいい。走り出せばいい。走りながら必要に応じてルートを変えればいいんだから。

<参考過去記事>
失敗したら反省して改善すればいいだけのこと。 自分を責めても何も生まれないしセルフイメージが下がるだけ。

どんなに完璧だと思うルート計画たてたって、事故は起こるじゃないですか。未来のことは誰にもわかりゃしないんです。とはいえ大した計画じゃないなくても、走っていたら目的地に着いちゃった。そんなこともだってありますよ。こればっかりはわからない。

それでもリスクは最少がいい。計画は完璧に近づける。だからといって表面上のルートばっかり完璧を求めてばかりであれば、目的と手段が入れ換わりかねない。ルートの選択そのものを目的しても意味ありませんわ。

決めた目標に到達することが目的ではなく、そこに到達するためのルートの選定が目的じゃ本末転倒でしょう。

ならば軌道修正が入ったとしても、とにかく選択と行動をするほうが、ただルートを探していることに熱中するあまり、結果的に前進することなくただ時間だけを過ごすことより、はるかに意味のあることじゃないですか。

どうせその時点ではいまいち納得のいかない選択をしたとしても、結果がついてくれば良い選択だった言うんあだし、納得いく選択だったとしても、結果がついてこなけりゃ失敗だったっと言うんです。同じことですよ。

ならば、これしかないという完璧な選択探してただ漠然と時間を過ごすより、その時点でできそうなこと選択をする。そして前進をする。そのほうが少なくとも得るものは大きいということでしょうな(^。^)y-.。o○

【進む道を決めるには】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年10月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。