小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼を失う不安と心配で苦しいのには、理由がある。執着を手放すと、愛と幸福は今より大きくなる。

<広告>

電子コミック配信中
小川健次
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/04/16更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第24回

「『彼は気付けばダメ男』男をダメにする女子の体質改善法」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

東京・大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

彼を失う不安と心配で苦しいのには、理由がある。執着を手放すと、愛と幸福は今より大きくなる。

執着を手放すと、愛と幸福は今より大きくなる

心から嬉しいと思うこと、幸福だと思えることは、他人に伝えるほど、分かち合うほどに、その感動が強くなるというもの。
小川健次Blog
もちろんそれが単なる自慢であれば、押し付けにしか過ぎないし、伝える状況や相手次第というのは大前提。

誰だって、自分が感じた幸福や喜びを、他人も同じように喜んでくれれば、なお嬉しい。逆の立場で考えてみたって、自分の大切な人がm喜びや感動を伝えてきてくれれば、何だかこっちも嬉しくなるじゃないですか。

お互いが嬉しくなる。その喜びの連鎖がどんどん広がる。だから幸福感はますます高まるし、さらにそれをまた別の人と分け合うと、より多くの人が幸福になり、あなたももっともっと幸福になる。

そんな思いで人と接していれば、今度は別の人があなたに幸福を伝えてくれる。あなたが人に分けてる幸福が、やがてあなたに返ってくる。日頃から幸福を実感すると、さらに幸福に敏感になる。いろいろなことに幸福を感じるようになる。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージではいつも言うように、喜びや幸福を、人とわかち合うほどに、それはより大きくなるというもの。

物質的なものはもちろんのこと、精神的なものであれ。感じた幸福や喜びは分かち合うほどに大きくなる

逆に、幸福を独占しようとする。誰にも共有しようとしない。ただ手元に囲いこんでいようとすれば、誰とも共有できないから喜び半減。そしてその独占ぶりが漏れ伝わって、嫉妬の対象になるだけですよ。幸福どころか不安が募る。

だから、幸福を失う不安と恐怖に、心が支配されるんです。人の笑顔が信用できない。失敗を恐れて行動が鈍る。ただ守ることばかり気を取られ、気付いたときには、手元からスルリと幸福が抜け落ちる。

大丈夫ですよ。誰もあなたの幸福を奪おうなんて思わないから。信じて執着を手放して、分かち合えばいいじゃないですか。それだけでその幸福感と喜びが大きくなるだけでなく、心の安寧さえ手に入るんだから。

<参考関連記事>
執着を手放すと、なぜ愛と幸福を引き寄せるのか。不安から自由になると、なぜ大切な人と結ばれるのか。

あなたが感じた幸福や喜びは、人に伝えてその感動をわかち合う。そして物資的に分け合えるものなら分け合えばいい。それで損することなんかないですよ。そこで失う不安を感じる必要もないんです。

守ることばかり考えると、彼を失う不安と心配で苦しくなる

分かちあいは、あくまでも相手の喜びのために。だから無理矢理の押し付けは、ありがた迷惑大きなお世話。

言うまでもないことですが、幸福に対する価値感は人それぞれ違うもの。あなたが幸福だからと言って、他人もそれを同じに感じるとは限らない。もちろんあなた自身の幸福感を、喜んではくれるでしょうが、それを押し付けられても困るだけ。

お酒が飲めない人に、お酒をたくさんもらって幸福だから、そのおすそわけ。と大量に酒を注がれても困るでしょう。嬉しいどころか邪魔くさい。それでも分かち合おうと思ってくれた気持ちは嬉しい。その気持ちで幸福にはなる。

だから押し付けはしない。でも喜びや幸福を感じていること、そしてそれを分かち合おうとする気持ちは、お伝えすればいいじゃないですか。

分かち合う気もなく、単に言うだけなら単なる自慢。それじゃ聞かされるほうはウザいし、それこそ妬みの対象になるだけのこと。だからせっかくの幸福が、翼をつけてどこかへ飛んで行ってしまうんです。後に残るのは不安だけ。

そりゃまあ、手に入れた幸福は守りたい。でも守ることばかりに目がいけば、結局守れなくなる。大事にするあまりに腐ってダメにしていまうんです。だったら抱え込むことに執着しない

ハタから見ると、いつで幸福感に満ち溢れている人ってのは、そういうセコさがないもんです。手にした幸福や喜びの感動を素直に人に伝える。そして分かち合えるものは押し付けではなく、純粋な思いで分かち合おうとする。

誰だって押し付けられればウザいんです。面倒くさいんです。LINEが既読スルーになる理由も、そういう押し付けの面倒くささによるものなんです。

<参考過去記事>
LINEが既読スルーになる理由は、押し付けが面倒くさいから。相手の心に寄り添い、執着を手放すと愛が深まる。

せっかく手にした幸福や愛、感じた喜び。それを独占しようとすればするほど、執着すればするほど、幸福も喜びもむしろどんどん小さくなる、愛はどんどん遠ざかる。そして逆に彼を失う不安ばかりが大きくなる。

他人に伝える。分かち合う。同じ想いを皆と共有するために、あえて手放すくらいの心の余裕が、結果的により大きく長続きする幸福と喜びを、その手に引き寄せるための近道ってことですわな(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻して、執着を手放す方法
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。