小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

迷うなら、好きか嫌いかで選んでいい。自分の感覚を信じれば、納得の結果が手に入る。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

迷うなら、好きか嫌いかで選んでいい。自分の感覚を信じれば、納得の結果が手に入る。

■考えたってわからないことはある

時間は過ぎて戻ってこない。歳は取るし、やがて死ぬ。これ基本。だから、無駄に迷っているのは無駄ですよ。とっとと決断したほうがいいんです。
小川健次Blog
目の前にある問題から目を背けてても、何も解決しないでしょ。今決めればいいことを、ただ先に延ばすことにだって意味がない。今決めて今動けば、物事は今から変えていけるのだから。

とはいえ、何も考えず、ノリと勢いだけで決めたところで無駄にケガするだけでしょう。ちゃんと冷静になって、時間をかけて決断したほうがいいことだってあるんだもん

状況や環境をしっかりと見極めながら、論理的に推論を積み上げていけば、どの決断がもっとも有効であるかが、わかる場合もある。少し待てば、放っておいても、答えがわかることだってある。なのに、何も考えずに決断したところで手痛い想いをするだけのこと。

別に迷うことが悪いワケではない。なんでもかんでも素早く決断すればいいってことでもないですよ。例えば買い物にしたって、迷うプロセスが楽しいしこともあるでしょう。迷って真剣に考えることで、新しい発見が生まれることだってゼロじゃない。

迷ったっていいんです。迷うイコール優柔不断ってことじゃないんです。迷う理由があるなら迷えばいい。そしてよく考えればいいんです。僕だって迷うことはしょっちゅうある。小川健次メールマガジンで今日のオチはどうしようか。そんなことでいつも迷う。

とはいえ、単に決めることをビビッてるだけ。問題を棚上げして先延ばしにしたいだけ。それじゃ単なる主体性の放棄だし、それこそ時間の無駄でしょ。ってことなんです。

迷いながらでも、考えて結論出ることなら考えればいい。考えるプロセスそのものに意味があるなら、考えればいいじゃないですか。でもね、考えても結論出ないこと、考えることに意味のないことを、「考える」という言葉を言い訳にして、ずるずる先延ばしにするなら、そりゃ優柔不断ってやつでしょう。

あれこれ考えたってわからないことはある。どんなに論理的な推論を重ねようが、ほぼ確証できるほどの予測にまで至らないことはありますよ。だったら決めてしまえばいい。決断するんです。

なら、その決断の根拠はどうするか。あなたが好きか嫌いか。あなたが心地よいか悪いか。それを基準に決めればいい。決断すればいいんです。あとはイメージしたとおりの結果になるから、潜在意識に身を委ねてしまえばいい。

<参考過去記事>
潜在意識でイメージした結果が、引き寄せられる。できると思えばできるし、できないと思えばできない。

だって、あれこれ考えたんでしょ。それで結論出ないんでしょ。決めることを先延ばしにして、いたずらに時間を使うことに、意味がないこともわかってるんでしょ。だったら決めればいいんです。あなたが好きか嫌いか。心地良いか悪いか。基準と根拠はそれですよ。

まあ、どうせ未来のことはわかりませんしね。どんなに根拠も自身もある決断をしても、家を出たら車に轢かれれ死ぬこともある。だったら、あなた自身が納得するためにも、好きか嫌いかで決めればいいじゃないですか。いいんです。それで。そんなもんです。

■自分の直感を信じよう

あなたが未来に対して、明確な目標を設定していれば、話しはもっとカンタンなんです。その決断がどんなものであれ、今の時点での選択が、あなたの設定した明確な目標に、近づくのか遠ざかるのかを基準にすればいいだけだから。

この人と付き合おうかどうしようか。この人と結婚しようかどうしようか。それは、あなたの未来の目標に対して、その人とどんな関わりをすることがベストなのか。そんな基準で選択し、決断すればいいじゃないですか。

基準はあなた自身なんです。あなた自身の目標なんです。とはいえ、上でも言ったように、それを基準にしても、果たして、この人との関わりで何が生まれるかが、わからないことがある。そこで迷って足踏みしてしまうこともありますよ。

だからこそ、最後の最後は、あなたが好きか嫌いか。心地良いか悪いか。さんざん考えたし、もう結果はどうなるかは知らんがな。そのくらいの開き直りで、好きなほう心地よいほうを選べばいい。

それにね、どんな未来の結果を迎えようとも、どうせケツは自分拭くハメになる。だったら結果が悪かったとしても、自分の好き嫌いで決めたことなら納得できるでしょ。

そりゃ結果が悪ければ凹むことはあるかもしれないが、流されてそうなったというよりも、例え好き嫌いであっても、自分で決めたこと、自分で選択したことならば、その経験は次に活かせる。未来のあなたの糧になる。

自分自身で決めることを放棄して、ただ問題を先延ばし。そして流されたまま、そうなった結果であれば、心のどこかで結果を他人に責任転嫁。状況環境のせい。私が決めたわけじゃない。あいつが悪い。状況環境が悪い。運が悪い。反省ゼロで改善なし。だからいつまでたっても同じことを繰り返す。

いいじゃないですか。考えてもわからないなら、好きか嫌いでもなんでも決めることです。っつーか、さんざん考えたなら、決める根拠はもう好き嫌いしか残されてない。好きなら好き。嫌いなら嫌い。その感覚に従って決めればいい。それでダメならやり直せばいいんだし。

<参考過去記事>
付き合ってダメなら、また別の人と付き合えばいい。選択はやり直せるから、迷うよりも選べばいい。

いずれにしても、どうせ時間は過ぎるし、歳はとる。未来は必ずやってくる。それをただ流された結果として迎えるのか。自分で主体的に選択した結果として迎えるのか。そのどちらが、あなたにとって納得感があるかということでしょう。

どうせ考えたって、わからないことはある。だったら最後はあなたの好きか嫌い。心地良し悪し。それを基準に決めればいい。何より、理屈であれこれ考えたときより。ピーンときたインスピレーションのほうが、結果的に正しかったってこともよくありますしね(^。^)y-.。o○

■執着を手放して、望みの結果を引き寄せるには
↓ ↓
8月大阪 10月東京
早期申込割引実施中
引き寄せの法則を発動させる、目標設定実践講座



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。