小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

不倫相手の男から愛され続ける女の、6つの特徴。不倫相手の女を、ずっと愛する男性心理。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

不倫相手の男から愛され続ける女の、6つの特徴。不倫相手の女を、ずっと愛する男性心理。

不倫相手の女を、ずっと愛する男性心理。

男と女のことは出会ってみないとわからない。まるで予期しないところで、まるで予期しない人と恋愛関係に陥ってしまう可能性は、誰にでもある。
小川健次Blog
その相手が既婚者で、それが不倫の関係ならば、決して社会的に許されることはない。そんなことは頭で理解はしていても、予期しない出会いから生まれた恋愛感情は、自分ではどうにもできないことが多いもの。

もちろん、僕が毎日無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、早い時点で止められるなら、止めておくのが一番いいのは当たり前。

とはいえ、いざ自分がその場になってしまえば。なかなか思うようには止められなくなるのが男と女。お互い心が惹かれ合ってしまえば、ブレーキはまったく利かなくなる。




不倫相手となる彼も。あなたを騙そうとか、傷つけようとしていているわけではない。たまたま、出会ったときに、あなたもしくは彼が既婚者だったというだけのこと。あなたとの関係に、嘘偽りがあるわけではない。

だからこそ、たとえ社会的には許されない不倫の関係だとしても、そこに芽生えた愛があり、お互いの合意があるのなら、その愛は大切にすればいい。彼も大切にしたいと思ってる。わざわざ傷つけ合うようなことはしなくていい。

もちろん、中には目先の欲望のためだけに、あなたを騙すようなクズの既婚男性もいるのも現実。そういう意味では、あなたも彼を本気で好きになる前に、よくよく考えたほうがいいこともある。

<参考関連記事>
不倫関係になってもいい、既婚男性の5つの条件。彼を本気で好きになる前に、考えたほうがいいこと。

そうして、結果、それが不倫の関係であったとしても、彼があなたを真剣に愛してくれていて、あなたもそれに応じるつもりがあるのなら、その彼からの愛を、わざわざ消してしまうようなことはしないことよ。

やがてはご縁が切れて、別れを迎えるときでも、傷つけ合った悲しい別れにするのではなく、最後までお互いの愛を消すことなく、笑顔で別れられるような関係にしておくことよ。

不倫相手の男から愛され続ける女の、6つの特徴。

どれだけ綺麗事を並べてみても、それが不倫の関係であること。そして不倫は社会的には許されないという事実は揺るがない。それをわかった上、さまざまなリスクを承知の上で、その道を歩もうとするのなら、せめてできるだけ痛い思いはしないほうがいい。

どうせどこかで終わりがくる。ときには、それで大きな代償を支払う羽目になることもある。ならば、せめて好きな人と一緒に過ごしているその期間は、彼から愛され続けたほうがいい。その愛を消すことなく、リスクと同等、もしくはそれ以上の喜びはあったほうがいい。




不倫相手の男から、愛され続ける女に共通する特徴は、以下に挙げる6つ。あなたがそういう女でいる限り、不倫相手の彼の愛は消えず、最後の別れのときまで幸せでいられる可能性が高まる。


  1. 執着を手放すことができる
  2. 絶対に失いたくないと、執着をすればするほど、彼の言動に疑念を抱く。二人の関係に不安が大きくなる。やがては彼を束縛しようとしたり、長文LINEを送り付けるようになる。そうして彼にウザがられて去られてしまう。執着を手放すから愛され続ける。


  3. 自分軸を持っている
  4. 彼があっての自分ではなく、自分の人生を充実させるために、彼の存在があるという前提。彼の人生に乗っかろうとするから、結果、執着することになる。自分の生き方をしっかり持っているから、執着を手放せる。彼からも尊敬され、お互いに良好な刺激を与えらえる関係になれる。


  5. 疑問や不安は都度解決
  6. お互いの立場があり、会いたいときに会えない、連絡取り合いたいときに取り会えないのが不倫の関係。だからお互いのことが見えなくて不安になる。その不安が大きくなる前に、都度それを確認し合い、解決するから、不安が消える。安心して付き合える。


  7. お互いの生活圏を尊重
  8. 彼の家庭や職場、そしてあなたの家庭や職場は、絶対に踏み入れてはいけない領域。その不可侵の領域に足を踏み入れたり、踏み入れさせたりすると、お互いの存在をリスクとしか思えなくなる。守るべき距離を守るから、関係は長く続く。


  9. 信じて委ねる
  10. 最後の最後、彼が何をどう思っているかはわからない。彼もあなたのことはわからない。不安や疑念を抱いても、その全てを解消することはできない。だからこそ、信じて委ねる。愛した人のことだから信じればいい。すると彼も信じて愛してくれる。


  11. 正しい相手選び
  12. あなたが信じようが愛そうが、それが伝わらない相手はいる。あなたを都合よく扱おうとするクズ男はいる。そういう相手には何を求めても無理。そういう男ではなく、あなたを本気で愛してくれる相手を選べば、あなたが傷つくこともない。


以上6点。それが社会的には許されない不倫の関係だからこそ、これらの振る舞いができる女性は、不利相手の男性に愛される。もちろん、それは逆の場合も同じで、こういう振る舞いができる男性だから、女性も安心して付き合うことができるというもの。

最後の最後は、お互いをどのくらい信じることができるかが大事なこと。だからこそ、その場限りの嘘を並べるようなクズとは、間違っても不倫関係になってはいけないし、彼に不倫関係になっても、速やかに別れること

<参考関連記事>
不倫男が言う、代表的な12の嘘。2つ以上を言うのが、クズ男。

不倫相手の男から、長く愛され続ける女には共通する特徴がある。社会的に許されることのない不倫の関係だからこそ、リスクを負ってまで、愛し続けたいと男性心理を刺激する女性が、やっていることがある。

かなりの高確率で、やがては終わりがくる関係である事実は揺るがない。だからこそ、ご縁があって結ばれている間は、無駄に傷つけ合うようなことはしなくていい。出会えたことを、最後まで幸せに思い合えるような関係でいたいなら、そのために必要なことがあるってことっすな(^。^)y-.。o○

たとえ不倫の関係だとしても、大切に思える人に思いを正しく伝える方法は僕の特別セミナー/愛される話し方、伝え方へどうぞ。

小川健次特別セミナー/愛される話し方、伝え方
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2022/01/01に公開されたYouTube動画『不倫相手の男から愛され続ける女の、6つの特徴。不倫相手の女を、ずっと愛する男性心理。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。